2019年12月06日

音心後援会主催の親睦会について

あっという間に季節は12月に入りました。
2019年ももうあとわずかですね。子供の頃には年末というのはイベント尽くしでワクワクしたものですね。大晦日の夜はいつまで起きていても怒られない。ただそれだけのことでも本当に嬉しかったのを覚えています。

さて、来年のお話ですが、音心後援会様が素敵な企画をしてくださっています。

新規ドキュメント 2019-12-06 .._1.jpg

音心後援会主催の「親睦会」を企画してくださいました。
浜松のホテルの一室を借り切って、美味しいお食事とともに会員同士の輪をつなげて行けたらということ。
そして今回は特別に、まだ会員でない方や来年会員になって頂ける方にもご参加いただけるそうです。

もちろん音心もゲストとして出席いたしますよ。
来年最初の楽しい行事に、ぜひご検討下さい。

お待ちしております。
posted by えんじろう at 21:35| Information | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

長かった1日

今日は目覚めたときから雨が降っており、何となく気持ちが沈みがちでした。レッスンをするために出かける予定になっており、支度を整えて出発したときには雨真っ盛りの土砂降り。途中で何度も水たまりを歩いてしまい、靴の中がじんわりと湿っている感触で気持ちが悪い。バス停まで後少しという場所で、超大型の水たまりに水没し、靴底からかと思うほど浸水状態になりました。

バスの中ではちょっとリラックス・・・。たいてい眠気が襲ってくるのは駅に着く直前です。例にもれずバスが停まってみんなが降りてゆく様子に焦って身支度をして、バスを降りました。

駅で切符を買い改札を出て時計を確認しようとした時に、事態に気が付きました。
携帯がない!
大いに慌てました。ポケットの中を何度も探り、鞄のポケットやコートのポケットを何度も何度も再確認。でもどうしても出てきません。

バスを降りる直前に、慌てて準備をしながらも携帯で時計を確認したことを覚えていました。バスを降りてから確認するまでの間は、確認しなかったくらいなので1度も触れていません。落としたような感触も音もなかった・・・。
そこから考えるに、バスの中にポケットから滑り落ちてそのまま置いてきてしまった可能性が最も高い。という結論に達しました。
まずはバスのりばまで戻ろう。駅員さんに事情を話すと、どうにかすぐ戻ってくるのなら切符はそのままで良いと言っていただき、バス停に戻りました。

バスの忘れ物コーナーに行き、乗ってきたバスの時間と携帯の特徴を伝え、調べてもらいました。運転手さんが休憩から戻るまで待つように言われ、本当にハラハラしながら待っていました。結果は僕が乗ってきたバスは、僕が乗ったバス停には留まっていないという不可解な返答。もちろん携帯もありませんでした。
係の人とほぼ同時に、前のバスが遅れてきたということかと思い当たり、その線で再度確認してもらいました。ただ既にそのバスは元来た道に引き返してしまっているため、結果はわからずじまい。まずはレッスンを終えて帰りに再び立ち寄ることとなりました。

レッスンに遅れることを伝えようにも電話がない。レッスンの記録をつけていたため、そこにある電話番号をなんとか確認して公衆電話から連絡。
ついでに実家の父にも「僕の携帯から電話がかかってきてお金払え」とか言われたときのために、電話をしました。ところが父は公衆電話からかかってきた電話を怪しいと感じたらしく、全く応答してもらえませんでした(笑)

帰りに再び立ち寄ると、やはり1つ前のバスの椅子の上に、予想通り鎮座していたそうです。

携帯電話には人様の個人情報もたくさん入っていますよね。
そしてそこに番号を預けるようになってから、本当に電話番号を覚えていない。その日のスケジュールや電車の時間など、本当に携帯に頼っていることがたくさんあるなあということに気が付きました。

続きを読む
posted by えんじろう at 22:40| Episode | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

03/01 Fifty-Fifs 浜松公演

静岡県を中心にオカリナの魅力を届ける活動を続けるオカリナ奏者「オカリナの虜 えんじろう」は、3月1日日曜日、静岡県浜松市天竜区の「天竜壬生ホール」にて、千葉県のオカリナ作家千葉稔氏と共にお送りするオカリナデュオコンサート「Fifty-Fifs(フィフティー・フィフス)オカリナコンサート」を行います。

おかげさまで今回で4回目を迎えますFifty-Fifsですが、1年半置きに繰返してきたため春夏秋冬と季節を渡り、遂に2周目の春となります。
そんなFifty-Fifsは、今年から友情出演からメンバーとしてのりょうこ氏に加え、前田 圭代氏が加わることとなりました。4人編成でパワーアップ。どんなコンサートになってゆくのか?
楽しく全力で準備を進めているところでございます。

詳細は以下の通りとなります。
「Fifty-Fifs オカリナコンサート」
日付:2020年 3月1日(日)
時間:13:00開場 14:00開演
場所:天竜壬生ホール
所在:〒431-3314 静岡県浜松市天竜区二俣町二俣20−2
電話:0539-22-3301
料金:全席自由 前売2500円 当日3000円
ご予約方法:以下何れかの方法でお求め下さい
  ①会場にて直接購入(準備中)
  ②アクトチケットセンターから購入(準備中)
  ③インターネットから情報入力
  ④090-1756-0705(GaiaTone)に電話
  ⑤info_gaiatone@yahoo.co.jpにメール
A4 Flier_Template 表.jpg
A4 Flier_Template 裏.jpg
今回は爽やかな青と春を意識した緑でフライヤーを作ってみました。
そして今回からPCやスマホでインターネットから予約情報を入力して頂けるようにしてみました。フライヤーの右下についているQRコードがこちらの入力ページにつながっています。

友情出演からメンバーとして参加してくれるりょうこさんは、今回もピアノだけではないようです。
そして今回メンバーに加わって下さる前田 圭代さんは、オカリナ界では有名なピアニストさん。しかし実はパーカッション奏者でもあるという方。そんな4人でどんなコンサートが出来上がるのでしょうか?
10月頃からいよいよ本格的に動き出したFifty-Fifs、先日一部音合せも行い様々化学反応中です。

浜松公演のお席は500席以上と大変ゆとりがございます。
ぜひたくさんの方にこのハーモニーをお届けしたいと思っています。前回聴いて「良かったよ」と思ってくださった方、ぜひお友達もお誘い頂けたら幸いです。

地元天竜杉で作られた素晴らしい響きの天竜壬生ホールにて、皆様のお越しをお待ちしております。
posted by えんじろう at 21:48| LIVE Information | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

東部へ② 成田山の紅葉

音の種から始まった東部遠征の旅。
実は大きな目的がもうひとつございます。

IMG_20191124_090228.jpg

来年春に行う「Fifty-Fifs オカリナコンサート」に向けての打合せです。
別の予定のあるりょうこさんと別れ、僕は電車で千葉県を目指します。

IMG_20191124_093258.jpg

親切な駅員さんが駅構内の移動をサポートして下さり、
特に問題なく成田駅へ・・・。
お天気は雨がポツポツ状態でしたが、
少しずつ回復に向かっているような雰囲気はありました。

千葉さん方と合流してそういえばこの辺をゆっくり観光することってなかったのではということになり、
せっかくなのでと成田山を散策することになりました。

IMG_20191124_130908.jpg

IMG_20191124_132105.jpg

ちょうど今「もみじまつり」というのをやっているということで、
見に行ってまいりました。
本当に素敵な赤と黄色の世界です。

IMG_20191124_132154.jpg

立派な気だったので一緒に撮影。

IMG_20191124_132435.jpg

水と一緒に写すとなんか素敵な感じです。

IMG_20191124_132609.jpg

IMG_20191124_132644.jpg

そんな池の中には立派な鯉がたくさんおられました。

しばらく散策していると館内放送が
「間もなく二胡の演奏会が開かれます」だって。
ラッキーなことだなあと早速聴きに行ってきました。

なんと無伴奏で30分以上ゆったりとした演奏をしてくださいました。
眠くなる人もたくさんおられたようで、
心地よい音の証拠だなあと思いました。

それにしても、無伴奏で最後までやるということ。
しかもとても堂々たるテンポで心の乱れがないところ。
素晴らしいなと思うとともに、見習うべき部分があるなあと感じました。
きっとこの演奏も今の僕には聴くべくしてということなのでしょうね。

ろうそくに火が灯り、それが消えるまでの様子。
人のいない山の中の鳥たちの会話を表現した様子。
伝統の曲なのでしょうか?
人の心を歌ったものでない曲は僕も作ってきたので、
なんだかとても嬉しいような身が引き締まるような心地で堪能しました。

IMG_20191124_142128.jpg

IMG_20191124_142145.jpg

IMG_20191124_142210.jpg

トンネルを抜けて出入りする成田山は、
それだけで特別な場所に来たという気分になりました。

人の感覚は素晴らしいものがある。
けどその力を発揮するスイッチは結構適当なもの。
全てはきっかけ次第なのかなって思いました。
よく「聖域」という場所は、スイッチを入れるための糸口になってくれる場所のことなのかもしれませんね。

IMG_20191124_142514.jpg

IMG_20191124_142912.jpg

これはなんだろう?

その後は千葉さんの工房にお邪魔して、
Fifty-Fifsに向けての音合わせや打合せを始めました。

IMG_20191124_153310.jpg

そしてこちらです!
またオカリナ仲間が増えました。
五感も心も耳も、たくさん良いことがあったひとときでした。

今度のFifty-Fifsもぜひ、ご期待下さい。
詳細はまたお知らせいたしますね。
posted by えんじろう at 07:52| Episode | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

東部へ① 音の種

なんか久しぶりな気がします。
こんなに「音を聴く」ということをしたのは・・・。

川崎市からこんばんは。
今日は横浜市におりました音心でございます。

IMG_20191123_083342.jpg

朝のうちに家を出発し、横浜へ。

IMG_20191123_092758.jpg

しばらくお天気も良かったのですが、途中からちょっと雲が・・・。

IMG_20191123_093509.jpg

IMG_20191123_093800.jpg

りょうこさんはそんな雲の中でもしっかりと富士山の姿を見つけていて、教えてもらった場所を狙って撮影。
なるほど左に富士山らしき存在が。

IMG_20191123_093942.jpg

こちらもなるほどよく見ると・・・わからん!

IMG_20191123_094727.jpg

こういう景色は結構好きで、何度も試みてようやく成功した1枚でした。

さてお邪魔したのはとあるお宅。
そこには音心のCDが数枚ございます。
そして素晴らしいピュアオーディオの再生環境がありました・・・。

IMG_20191123_164909.jpg

小さい頃にはよく「ステレオ」といっていた覚えがあるのですが、
大きなスピーカと中央にはラックに整然と並べられた機材の数々という光景は、
父の姿を見て結構憧れたりしていたものでした。

続きを読む
ラベル: 横浜
posted by えんじろう at 23:18| Episode | 更新情報をチェックする