2017年09月24日

マッサージクッション

皆様快適な健康ライフをお過ごしでしょうか?今回ご紹介するのは皆様の健康をサポートする・・・かも知れないマッサージクッションでございます。

首や肩に背中、腰など・・・。皆様は身軽に自由に動かせておりますでしょうか?
数か月前に愛用していたマッサージ器が壊れ、そこからずっとマッサージ器なしの状態が続いていました。それまで使っていたものはAmazonで購入したルルドマッサージクッションブラウン AX-HL148brというものでした。楽天では【送料無料!】ルルド マッサージクッション ブラウンになります。

IMG_20170924_073520.jpg
IMG_20170924_073544.jpg
こちらがマッサージの揉み玉がある上面です。

IMG_20170924_073607.jpg
強さを弱らげることに寄与しているカバーの下は、こんな感じです。

なかなか大型のものですが、効率的に揉んでほしいところに力が集中して快適な揉み心地だったのです。背面は中央が出っ張っていてそれの意味が今ひとつわかりませんでしたが、どうもそれのおかげで布団の上などに突き刺さる形になり、思ってもない方向に勝手に移動してしまわないようになっている感じがします。
そんな機械がある日突然に電源を入れても動かないようになり、単なるクッションになってしまっていたのでした。

そして今回手に入れたのはそれより一回り小さくて平たい形のもの。Amazonではオムロン マッサージクッション ブラウン HM-341-BW、楽天ではオムロン 公式 クッションマッサージャ ブラウン HM-341-BW ふわふわ生地カバー 送料無料がございます。

IMG_20170924_073818.jpg
今までのとそっくりです。ただカラーバリエーションには限りがあり、在庫の関係でこちらのピンク色のになっちゃいました。まあ人に見せるものでもないし(見せてるじゃん!)これでいっか・・・という感じです。

IMG_20170924_073837.jpg
上部は揉み玉を和らげるカバーはあるものの、固定するものがなくて使うとすぐにめくれてしまいます。

IMG_20170924_073853.jpg
仲はこんな感じ(って会社が違うのにもうそっくりじゃないか?)部品が同じなのかな?モーターの音までそっくり・・・というか同じでした。

IMG_20170924_073933.jpg
側面の電源コードが通っている付近からぐるっとチャックで、それを開けるとカバーは丸ごと洗濯機にかけることができます。この辺も前のと全く同じ仕様です。

これまでのものと比べると、本体がちょっと小さくなったこと。そして底部が平たくなったことが特徴化と思います。
僕はどちらにしても自分が寝た状態で下に機械を置いてマッサージという使い方をしています。が、どちらの機械も体の真下に置くと体重をもろに受けてしまうため、かなり痛いマッサージになります。揉み玉への負担もかなりのものになります。

元マッサージ師てして言わせていただきますと、強いマッサージは揉まれることにマヒするだけでなく筋肉を硬く質の悪いものへと変貌させてしまうと考えています。必要最小限の刺激で本人の治す力を誘導し、ほぐすというのが本当にマッサージ(実演はできていませんでしたが)だと思っています。
なので体の下から来る直接の力をどの程度抑えるかが大切かなって思います。

僕の場合は枕を上手に使ってクッションの上のところ辺りに置いて高さを調整し、下から来る圧力が必要最小限になるようにしています。
15分で自動停止するので、付けたまま眠ってしまっても大丈夫。操作は電源ボタンを1回押してスタート。更に押すとヒーターが作動します。僕はヒーターはほとんど使いません。

前のものは底面の中央が出っ張っていたのですが、今度のものは底面が平らなので安定感があります。でも畳の上だと滑って行ってしまうこともあります・・・。

実は前のものが壊れてから数か月間マッサージ器なしでいましたが、ちょっと肩こりで悩んでいたりしたのです。自分で自分をマッサージすることはなかなかできないもの。ようやく新たなものに出会えて本当にほっとしました。当て方と力の方向を色々試して上手に利用すると、本当にこの機械でも割と体をほぐす効果があります。
なお振動でマッサージするタイプのものはお勧めしません。あれは質の悪い筋肉を作る方の手助けになると(僕は)感じます。

ではそんなわけで、皆様どうぞ快適な健康ライフをお過ごしください。快適な健康状態で演奏を続けられるように・・・。

そして本当に辛い時には、ぜひ「按摩・マッサージ・指圧師」の元に足をお運びくださいね。お大事に・・・。
posted by えんじろう at 08:39| Comment(0) | Archive | 更新情報をチェックする