2018年01月14日

二胡の演奏を堪能

とても良いお天気に恵まれた本日、音心は静岡に出向いておりました。

IMG_20180114_120743.jpg
IMG_20180114_125907.jpg
こちらの駿河という会場で、昨年お知り合いになった二胡奏者の「劉 揚(リュウヤン)」さんの演奏を聴きに伺ってきました。
出会った日こそ昨年ではありますが、共通の知人とのつながりはかなりある方で、このタイミングでちゃんと面識を持てたことも何かのご縁ではないかと感じました。

20180114_132926935.jpg
20180114_133622409.jpg
この日は劉さんの二胡と「有美」さんのエレクトーンという組み合わせで、よく知られている曲から中国の曲に至るまで様々な音楽を堪能させていただきました。

様々な音色とリズムを一手に表現できるエレクトーンと、ひとつの旋律にすべてを託す二胡。素敵な組み合わせだなと感じました。それぞれソロ演奏の時間があり、これもまた魅力的でした。

20180114_145247805.jpg
20180114_133039770.jpg
20180114_132941207.jpg
劉さんの二胡はまさに歌・・・・そんな印象でした。時に激しく時に悲しげに、本当に表情が様々変化していく様子は、ソロ楽器ならではの楽器と心のつながりを感じずにはいられませんでした。
それに何よりも素敵なのは、やっぱりとても気持ちよさそうな演奏姿ではないでしょうか?楽器に惚れ込みその魅力を誰よりも知っている・・・。そんな心意気が伝わる演奏、僕もそれを目指しています。

実は僕も前半の終了後にちょっとだけ演奏させていただきました。お客様のお耳のリセットをさせていただき、また後半の劉さん方のステージも新鮮な心地で楽しんでいただけたのではないかと思っています。

やっぱり気持ちの良い音楽を聴かせていただくと、自分の演奏にも良い影響や憧れを抱くことができます。
素敵なひと時に感謝でした。

IMG_20180114_162409.jpg
IMG_20180114_172530.jpg
その後はせっかく静岡まで来たのだからと日本平ホテルへ。富士山の雄大な景色にまた気持ちがすがすがしくなりました。

IMG_20180114_103637.jpg
IMG_20180114_191320.jpg
この日はなんと、行きも帰りも食事は「道の駅 掛川」の食事処。もう無理ってくらいに食べても700円を超えにくいというありがたーい食堂があるんです。
朝から豪華なおかずでいただいて、夜は無性に食べたくなったカレーライスを大盛で・・・。でもここのご飯が余りにもおいしくて、気が付いたら追加でライスを注文してすごい量に・・・。

音楽の幸せ、食の幸せ。たくさんの幸せを感じることができた1日でした。感謝。

劉さんの出されているCDに収められている「瓢揺(ひょうよう)」という曲。本当に美しく素敵な曲です。機会がありましたら是非多くの方に知っていただきたい曲だと感じました。心の琴線に触れるというのは、こういうものだなあと感じる曲です。
posted by えんじろう at 22:49| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする