2018年05月09日

15年の音色

オカリナはイタリアの楽器です。そして僕が生まれて初めて出会ったオカリナこそ、本場イタリアで作られて日本にやってきてくれた「Menaglio」というオカリナ。

IMG_20180509_200643.jpg

そして既に出会ってから約15年が経ちました。
えんじろうの指ですっかり汚されてしまったMenaglioですが、そこには歴史があります。
一緒に苦労した長い長い日々。あまりの音の合わなさと息の苦しさに挫折しそうになったけど、この息のいるオカリナで宗次郎さんの曲を吹けると信じて頑張った日々は無駄だけど無駄ではなかったと思えます。

この経験のおかげで、オカリナの個体差を存分に知ることができた。そしてそれを生かそうという気持ちで接すると、数年後にはほぼ確実にベストな吹き方を「オカリナ自身が」教えてくれる。
これがえんじろうのスタイルです。

更にイタリアの大好きなオカリナ奏者「ファビオ・ガリアーニ」氏のサインが加わり宝物に!
宝物なのに大切にしまったりせず最前線で大活躍してくれています。僕にとってはこれが宝物の接し方です。
今度のルスティコさんでは、おそらくこのMenaglioがイタリアの空気を具現化してくれることでしょう。15年かけてできた信頼関係の音色を、ぜひお聴きください。

A4 Flier_Template-001.jpg

ご予約お待ちしております。詳しくはこちらから。
posted by えんじろう at 20:21| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

DinnerConcert 迫る

いよいよ5月12日が迫って参りました。

会場のルスティコさんの料理は本当に心のこもった優しく、そして幸せになれるものばかりです。
そんなルスティコさんのイタリアンのディナーコースに、我々音心の癒しの音楽とMAAASAさんの情熱的な音楽が加わります。

A4 Flier_Template-001.jpg

8日の午後、最終打ち合わせをして準備も整いました。この日もきっと記憶に残る素敵な夜になることと思います。お口もお耳も、新たなものに出会うことと思いますよ。どうぞお楽しみに。
まだお席に若干の猶予がございます。ぜひお友達と共に、ちょっと優雅な夕食のひと時をお過ごしください。

IMG_20180501_182151.jpg
入り口はこんな風になっております。
先日はもったいぶって(というか毎回内容が少し違っているらしい)ということを知らなかったため、お食事内容の写真は控えさせていただきました。でも・・・

IMG_20180501_184624.jpg
前菜だけちょっと公開しちゃいますね。
この中の特にトマトが甘くて味も濃くてとてもおいしいんです。こだわりがあって契約している農園から直接取り寄せているのだとか。
ひとつひとつの丁寧なこだわりあってのおいしさなのですね。

実はこちらで料理をいただいてから、その翌日の間とてもお腹を中心に体の調子が良かったのです。
健康にも良い料理なのかもしれませんね。ぜひ五感をフルに使った素敵な夜へのご予約、お待ちしています。詳細はこちらです。
posted by えんじろう at 00:12| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする