2018年05月20日

蒲原にオカリナを聴きに

今日はちょっと肌寒いような陽気でスタートしました。

IMG_20180520_100929.jpg
IMG_20180520_112022.jpg
えんじろうは午前中に家を出て、バスと電車を乗り継いで蒲原に行って参りました。

IMG_20180520_132233.jpg
富士市を基点に演奏とレッスン活動をしておられる「古庄 由喜子」さんの演奏が聴けるということで、行って参りました。
今日はエレクトーンの有美さんと一緒に演奏されるということで、とても楽しみにしながら会場に向かいました。
有美さんとはつい先日「百花百草」でご一緒したばかり。お客様として聴かせていただくのは初。

IMG_20180520_135132.jpg
ゆったりとした野外での演奏会。
基本は皆さまがご存知な曲を中心に、テーマに沿った曲をペアで演奏していくという流れでした。
多種多様な音色が出るエレクトーンに対し、オカリナは1本の線で描かれる。今日は演奏をしっかり聞きたかったので演奏前の写真しかありませんでした。ごめんなさい。

実は到着した途端に「オカリナ持ってるよね?」と言われ、ちょっと演奏させていただくこととなりました。リハもなくの本番。しかもあるのは僕が古庄さんに見てもらいたくて持ってきた、古庄さんから頂いたヒーリングオカリナのソプラノただ1本。
それでも何とか古庄さんのオリジナル曲「野を渡る風は優しく」ともう1曲を演奏させていただきました。

手拍子、そしてアンコールもあり盛り上がって終了。約1時間の演奏の後は、ティータイム。

IMG_20180520_151921.jpg
古庄さんが使われたオカリナたち、写真撮らせていただきました。右上のデュエットオカリナさんは退役のままでした。
お客様にもオカリナをされている方々が大変多く、僕もそんな仲間の一人として会話に混ぜていただきました。
・・・うん、やっぱりこれだ。こういうひと時って大切だって思いました。最近は演奏があって終わったら片付けとかお客様が帰っちゃう前に物販しなきゃとか、そういうのが多かった。

メジャーな楽器になっても、その吹き心地や不器用さを共感できるのは、やっぱり触れたことのある方々だけなんですよね。そして最後に行き着くのは「やっぱりこの楽器って吹き手の心がすごく出るよね」という話。こういう話が出ると心底ほっとできます。オカリナはまだまだちゃんと生きている。音を出す単なる道具には成り下がっていない。そう思えてほっとします。
古庄さんと話をすると、そのあたりの話で時間があっという間に吹き飛んでしまいます。

僕はお世話になりっぱなしな古庄さんなのですが、うれしいのは頂いた4本のオカリナがすべて健在で第1線で活躍してくれていること。だから胸を張ってお会いできます。

IMG_20180520_170453.jpg

そして今日は素敵なお話も聞かせていただきました。
本当はとても大切なことなのに、当たり前の海におぼれてつい忘れてしまう感謝。その伝え方は、またライブの際に僕も皆様にお伝えしたいって思いました。お楽しみに。

自分の音楽を育ててくれるのは、やっぱり自分が尊敬する(聴きたいなと思う)方の演奏を真剣に聴く(真剣に楽しむ)こと。それに限るのではないかって思います。
良い1日でした。
posted by えんじろう at 22:04| Comment(0) | Real Time | 更新情報をチェックする