2018年05月30日

報告 風の音コンサート

皆様こんにちは。音心は27日、豊田市の旭高原元気村にて開かれた「風の音コンサート 2018」に参加してまいりました。
この日も素敵なことたくさんあった日でした。

IMG_20180321_0003_1%5B3%5D.jpg
IMG_20180527_065752.jpg
この日も出発は早め。でも少しゆとりもあったので、途中で朝食をとる計画でゆきました。

IMG_20180527_072937.jpg
IMG_20180527_074223.jpg
最初はおうどんだけのつもりが、ちょっと体に良くないかなということで、前日CDが売れたこともあって追加注文。
本当に、実際こんな感じでその日暮らしなのがまだ日の目を見ない音楽の生き方・・・なのかもしれませんね(笑)って笑ってる場合じゃないんですが。

IMG_20180527_074648.jpg
「はなまるうどん」さんは食券の必要がなく、店員さんが人間としての対応をしてくださったので安心感がたっぷりありました。
というわけでしっかりいただきました。

IMG_20180527_091116.jpg
IMG_20180527_091122.jpg
広いグラウンドのサイドにたたずむテント?ドーム?兜?
ここが元気村のステージでした。

IMG_20180527_093030.jpg
フォルクローレの祭典ですから、1番手はケーナを吹かれる方でした。
本当に数年ぶりにお伺いした風の音コンサート。懐かしい気分がしました。

IMG_20180527_093754.jpg
続いては初めて拝見したリコーダーアンサンブルの「ソレイユ」さん。
プログラムを頂いてから気になっていたので、聞けてよかったです。音程が安定しているリコーダーなので、透き通った優しい音色が美しいハーモニーとともに聴こえてきました。
編曲は凝っている感じでしたが、何より数多いリコーダーの調律がバランスよくて、そのハーモニーがとても心地よかったです。

IMG_20180527_095546.jpg
続いてはオカリナアンサンブルの「おかりーなふれんず」さん。
最初に「風の音」さんに足を運ぶきっかけとなったのが、りょうこさんも所属していたこの方たちの演奏を聴かせていただくことだったのです。

さて、鍵盤やギターなどと比べて吹きながら調律するような楽器がオカリナです。楽器ごとに大きな個性があり、それぞれ苦労する点が違っている。
そして面白いのは苦労する点が少ないと楽なのかというと、そうでないこと。オカリナで単線で美しく故郷を吹くことは、実は難しい。ところが鍵盤で同じことをするのはとても簡単です。そして簡単だと何故か要求が増えてゆくんですね。苦労が少なければよりハイレベルな演奏が要求されるようになっていくんです。逆に言うと、そうでないと演奏を認めてもらえなくなってしまう。
楽な楽器は要求が厳しくなっていくので、結局は「簡単にできる楽器」というのはないということになる。これはジレンマというやつではないかって思います。

IMG_20180527_101522.jpg
こんなふうに咲き誇っている植物を、僕は下の写真みたいな見方で見ていたい。

IMG_20180527_101452.jpg
IMG_20180527_101455.jpg
IMG_20180527_101501.jpg
IMG_20180527_101514.jpg
やっぱり「ありのままにシンプルに」で行ける楽器がいい。花のように景色に溶け込めて、それでいて好きな人にはじっくり目に止めてもらえる。そんなオカリナが大好きです。

さて、そうこうしているうちに我々の出番です。
続きを読む
posted by えんじろう at 10:04| Comment(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする