2018年10月02日

台風と停電

台風24号の影響、皆様は大事なかったでしょうか?
ガイアトーン事務所は、庭のハーブが一部なぎ倒されたのと人工芝がめくれていた程度で大事に至らずに住みました。
しかし30日夜は雨戸も閉めて徹底していたにも関わらず、ものすごい轟音で雨戸ごとバタバタと鳴り響く状態。この場所に来てまだ2年半程度ですが、その小さな歴史の中では最強の台風の音でした。

そして、その夜電気が止まりました。
未だに静岡県西部の広い地域に停電の場所が残っているようです。復旧作業は懸命に行われていることと思いますが、県内全域がいつものように通電するよう祈っております。現在の状況はこちらで確認できます。

僕がいる浜松市北区も、30日夜23時から2日2時まで続いておりました。こういうときだからこそわかること、たくさんあるなって思い知らされました。

まず電気がつかないことなどは、大事のように見えて大したことではない気がしました。
後ほどご紹介しようと思いますが、普段は階段で仕事をしてもらっていたセンサーライトが大変重宝しました。

IMG_20181001_210510.jpg

IMG_20181001_172625.jpg

でもお風呂に入ろうと思ったら、温水器が入りません。考えたらガス温水器であっても火種を作っているのは電気だった。

洗濯は手洗いでもできるけど、面倒だからやってない。

そして一番困るのは冷蔵庫と冷凍庫。6時間を超えるともう冷蔵庫は涼しさの余韻もない。
冷凍庫に入れてあった保冷剤のおかげで、冷凍庫が弱った冷蔵庫くらいの働きはしている・・・と信じている。結局冷蔵庫のものは1日夜に全部火を通して、スープに入れました。

インターネット環境も当然ボツ。我が家はネット環境の切り替え途中で、それが整うまではモバイルルータを借りています。「WiMAX2+」というやつですが、これなら充電式だし大丈夫と思いきや、電波がないといわれました。そうか、電波の発信装置は電気で動いているんだろうから、そっちが停電なら当然だった。

頼みの携帯電波は、通じている。
しかしかかってきた電話に出ると「わ・れわ・・れ・・わ」のような宇宙人言葉で、何言っているのかわからない。こっちの声が伝わっているかすら確かめられない。
メッセンジャーもメールも、いつもならすぐ送れるのが「送信中」からなかなか先に進まない。

IMG_20181001_081701.jpg

しかたがないから、庭の草取りしましたよ。
しばらく夢中になっていると、いかんくらくらしてくる前に家に戻ってシャワー(あっお湯でない)

何はともあれ、水とガスが別経路であることがどれだけ大切なことなのかがわかりました。そしてエネルギー源が電気でなくても、電気がないと使い物にならない品物もたくさんあることを知りました。
我々は知らないうちに電気依存生活になっていたのです。

IMG_20181001_174030.jpg

実はガスコンロも、電池が切れたら火がつかなくなる。昔のひねるやつなら、そんなの必要なかったことなのに、なぜそうなった?
この記事は電気が復旧するか携帯の通信がまともにできるようにならないとアップできませんね。

そんなわけで、停電10月ですが、虫の声はまだまだ力強く停電でもびくともしません。なんか改めて、彼らの個体の強さを思い知ったりもしたのでした。
まだ停電で大変なところにいらっしゃる皆様、早く復旧しますように祈っております。
ラベル:停電 台風
posted by えんじろう at 19:27| Diary | 更新情報をチェックする

心強い電池式ライト

はい。皆様大変ご無沙汰になっておりますが、快適なライトライフをお過ごしでしょうか?
今回は台風から起こった停電の際に大活躍してくれた灯りをご紹介いたします。いざというときばかりか、普段から頼りになって遊び心も刺激してくれるすぐれものです。でも嫌味もないところがまた良い。

IMG_20181002_193508.jpg

こちらはだいぶ前に購入した商品でしたが、今でも販売されているようです。
商品は「アイリスオーヤマ 屋内 LED センサーライト 昼白色 乾電池式 ウォールタイプ BSL40WN-W」というもの。
僕はAmazonからこちらを購入しました。2個セットですが楽天ではこちらがありますよ。

IMG_20181002_193604.jpg

短めの蛍光灯のような形で、その灯りも昼白色なんて言いながら割と優しい色合いです。
特徴は多彩な点灯モード。左から「OFF」「常時最大点灯」「オート節約点灯」「オート最大点灯」と並んでいます。
スイッチ切り替えなので突然の暗闇でも問題なく選択できますね。モード名は勝手に僕が命名しています。

IMG_20181002_193517.jpg

裏面の左右にある銀色のはマグネット(しかも結構強力)
これで100グラムある自身をしっかり保持できる磁力を持っています。

IMG_20181002_193524.jpg

中央に電池ボックスがあり、単3形電池を3本入れます。僕はエネループで充電できるようにしてあります。

IMG_20181002_193627.jpg

そしてすごいのが両面テープ付きのホルダーが付属すること。これをこんな感じに階段にセットして、そのホルダーは磁石になっているのでしっかり支えられます。

IMG_20181002_193427.jpg

ちょっとカメラの明るさ感度上げて盛ってます(おいっ)が、暗い中ではこんな感じに頼もしく見えますよ。

IMG_20181001_210554.jpg

磁力は本当に設置の範囲を広げてくれます。
こんな風に余ったマイクスタンドが電気スタンドに早変わり。
冷蔵庫や洗濯機の壁、電子レンジの壁など平面があって磁気で着くところならバッチリくっつけられます。

IMG_20181001_210510.jpg

実際の明るさはこんな感じかな?停電でこの明るさは意味があります。
でもそれ以上に、結構広い範囲に灯りを届けてくれるところが素晴らしいのです。

IMG_20181001_210641.jpg

洗面所もひとつつけるだけでこの様子。まあ壁が白いこともかなり影響しています。

IMG_20181001_174021.jpg

外は真っ暗ですが僕の目でも、この明るさで十分調理できました。

IMG_20181001_172625.jpg

なんと調理台の銀色のところも磁力でぺったんできたので、本機を総動員してみました。

IMG_20181001_210834.jpg

テーブルの4つの柱にセットしてみると、これまた幻想的(上は暗いけど)

とにかくちょっと遊びも入っていますが、このセンサーライトとエネループのコンボがあれば、停電が来ても心のゆとりがかなりあると確信しています。「オート節約点灯」では、暗めの発光ですがかなり長持ちしますよ。最後に

IMG_20181001_210451.jpg

こちらはズボンのベルトで本機を縛り付けて、装備状態で移動しているときの写真です。
これならライト1本で自分が見ているところだけを効率よく照らしてくれて、手も空く最高装備です。
何気に普段はいつも使う階段の保安に努めてくれているので、電池交換を忘れることもありません。いざとなったらありかを忘れることもないですし、目につくところにあっても存在感が強烈ではないのでとても自然に見えます。本当に頼もしいライトです。ぜひお勧めします。

というわけで、皆様快適なライトライフをお過ごしくださいね。
posted by えんじろう at 20:13| Archive | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

報告 Jazz in B-flat

さて、今回は台風が最接近という時に決行させていただきました「Jazz in B-flat」での音心コンサート「音語り」の報告を致します。

IMG_20180929_081456.jpg

今回の構想はだいぶ前から決めており、フライヤーも早いうちに作っていました。
しかしそれだけでは力が及ばなかったのか、広報がまだまだなのか、本番数日前にもかかわらずブログでお伝えしたように予約が2人という状況。大いに焦っていました。

IMG_3687.JPG

ついついブログで騒いで皆様にご心配をおかけしてしまいました。
台風の接近が心配される中でしたが、お越し下さったお客様のおかげで無事にコンサートが実現できたこと、本当に感謝しました。
ここからは、H氏のお写真にてお届けしてまいります。

IMG_4581.JPG

IMG_5830.JPG

IMG_4585.JPG

IMG_5834.JPG

この日のセットはこんな感じです。
続きを読む
posted by えんじろう at 22:15| LIVE Report | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

百円に悩まされ

いよいよ明日は大阪という今日金曜日。
えんじろうは愛知県豊橋市の方にレッスンに出かけておりました。
9時前の出発で、いつも通りにバス・電車と乗り継いでいたのです。

そんな電車内で、ちょっと財布の整理をしようとしたときです。
百円玉がツルッとゾーンから抜け出して、落ちる音も立てずにどこかに消え去ってしまったのです。

IMG_20181005_200001.jpg

足元を一生懸命探し指したが、全く見つかりません。
ちょっと騒いで周りの人に見てもらおうかと思ってみたり・・・。
でも僕にははずかしさの方が先立ち、結局誰の手も借りずもう少し探してみることに。
それでもやっぱり見つかりません。そして僕がとった行動は・・・。

自分でも驚きましたが「諦める」でした。
騒いで人に尋ねることを恥ずかしく思い、自分の尊厳を守った気になる方向を選んだのでした。
ずっとそこから後悔したり開き直ったりの時間を送りましたが、降りる駅。

僕は百円玉を見捨てて逃げてしまった・・・。
そんな罪悪感じみた感覚でホームに降り立つと、右の足がなにか変。
靴底が剥がれてしまったときのような違和感があります。

気になるのでたまらず、靴を脱いで確かめてみると。
な~んと、消えたと思っていた百円玉が靴の中からあ~ら不思議!

電車の椅子に座って、その上で財布から落とした百円玉。
それが音もなく自分のズボンをたどって履いたままの靴の中にスポって。
考えられない奇跡のマジックでも見たような気分でした。

明日はいいことあるかも。

フライヤー表.jpg

大阪の皆様、こんなやつですがどうぞ宜しくお願いします。おやすみなさい。
ラベル:百円
posted by えんじろう at 22:27| Diary | 更新情報をチェックする

2018年10月06日

報告 オカリナなかまのつどい

本日音心は、早朝からの出発で大阪を目指していました。
来月のFifty-Fifsの会場でもあります「ココプラザ」で行われる「オカリナなかまのつどい」に参加するためです。

IMG_20181006_050719.jpg

IMG_20181006_052931.jpg

朝5時に出発し、徐々に明るくなっていく車窓の外。

IMG_20181006_065009.jpg

IMG_20181006_065142.jpg

IMG_20181006_065333.jpg

途中何度も虹の姿を目にしました。
虹を見るたびに晴れ→虹→雨→虹→晴れ→虹→雨と切り替わり、なかなか面白い。最終的には4つの虹をくぐり抜け、晴れで針が止まって、喜んでおりました。

IMG_20181006_072018.jpg

IMG_20181006_073319.jpg

朝食は途中で立ち寄ったサービスエリアで「オリエンタルカレー」というものをいただきました。
オリエンタルってなんだろう・・・などと思いつつ食べてみると、見かけによらず辛口。そうか、辛いことなのか?

IMG_20181006_081622.jpg

IMG_20181006_084735.jpg

会場にたどり着いた頃には、気持ちの良いお天気になっていました。

IMG_20181006_101541.jpg

会場に到着すると、既にオカリナの試奏の音でブースが賑わっています。
受付を済ませ、ブースに向かうとThousand Leavesの千葉さんや、ひぐらしオカリナ研究所の鈴木さんもお店を広げております。
音心も開店(写真撮り忘れていました)ここからは演奏までずっと待機と物販です。

僕と千葉さんと鈴木さんの中では、僕が最初の演奏でした。
この日の演奏は「タタンタンのタン」一曲入魂!レベルの高い演奏が本当にたくさん続いていましたので、そんな中で僕の役立てることはと言えば、オカリナの癒やしの力を最大限アピールして、お客様にも出演者さん方にも「気楽な演奏する人もいるんだなあ」と力を抜いてもらえたらいいなあという選曲でした。

最初にしゃべってFifty-Fifsの告知を念入りに。それから自分の曲紹介もしてゆったり演奏。
とにかく「幸せだなあ」という加山さん的気持ちを持って吹くことに勤めました。

受け取ってくださった方もいらっしゃったようで、演奏から戻ってからブースに声をかけてくださる方も。
こちらもますます嬉しくなる。そんな暖かな瞬間もありました。

そして夜は懇親会。
大阪の皆様のパワー圧倒されつつも、千葉さんとFifty-Fifsで1曲披露させていただきました。
それからはまた、大阪の皆様のパワーに圧倒され続けていました(笑)

IMG_20181006_225745.jpg

この日のオカリナはこの2本。どちらもばっちり活躍してくれました。
このオカリナたちがいてくれるから、僕にも意味が生まれて大阪にもご縁がつながることができる。
本当にすごい楽器だなあと思うのです。

明日は11月4日の啄木舎さんに、打合せにゆく予定です。
今日聞いてくださった方に感謝。11月のFifty-Fifsにご予約くださった方にも大いに感謝致します。ありがとうございます。
posted by えんじろう at 23:10| Diary | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

天河大辨財天社にて恥じる

大阪での「オカリナなかまのつどい」の後も、えんじろうはまだ大阪にとどまっておりました。
実はりょうこさんの目的となっていた神社のお参りと、啄木舎さんへの打合せ訪問が翌日の日程でした。
まずは最初の目的のお話から、ご報告までに。

IMG_20181007_095325.jpg

この日もお天気は好調、快適な出発でした。

IMG_20181007_095448.jpg

IMG_20181007_095456.jpg

IMG_20181007_095816.jpg

個性的な建物がたくさん並ぶ大阪の街中を進んでゆきます。

IMG_20181007_111011.jpg

途中でこんなものを買って飲んでゆきました。ちょっとコーヒーの感じが強めな、でも割と普通なコーヒー牛乳でした。

IMG_20181007_111810.jpg

途中に不思議な建物が。これは慰霊塔だと友だちが教えてくれました。
こういうのは、SNSの便利なところですね。僕のようなものにも教えてくださって、ありがとうございます。

IMG_20181007_113845.jpg

IMG_20181007_114004.jpg

風景がどんどんと変化してゆきます。

IMG_20181007_124627.jpg

IMG_20181007_122647.jpg

途中でこんにゃくのお店に立ち寄り、湯がりたてこんにゃくときつねうどんをいただきました。

IMG_20181007_130537.jpg

長いトンネルをいくつも抜けて・・・。

IMG_20181007_132607.jpg

IMG_20181007_132559.jpg

やってまいりました。こちらが天河神社(天河大辨財天社)です。
りょうこさんはしっかりとお参り。でも僕は着いてゆく感じでした。お辞儀をしたり手を合わせたりと、ちゃんとやることはやっているのですが、心が「着いてゆく」という感覚・・・。
だからまともに前を見られない感じがしていました。ここは芸能の神様で、芸能人の間ではかなり有名なところなのだそうです。そんな話を事前にりょうこさんから聞いていました。

どうしてこんなに「後ろめたさ」を感じてしまうんだろうか?
この感覚の理由は、自分にもわかりませんでした。音楽に関して手を抜いているとでも言うのだろうか?それともちょっとでも不信心な気持ちがあることが罪悪感になっているのだろうか?

IMG_20181007_140143.jpg

そんな僕にも、救いがありました。

IMG_20181007_140135.jpg

神社の裏面にいらっしゃる行者様のお社。
ここにはなぜか[居場所]を感じられたのです。この聖域の中で唯一自分がいても許されているような気分になっていました。
本当にどうしれなんだかわかりませんが、すがるような気持ちで「居場所を作って下さりありがとうございます」と祈りました。

IMG_20181007_142446.jpg

神社に来る途中で本当に美しい水を見ました。だから帰りには良さそうな場所を見つけて、車を降りました。
川辺まで歩くと・・・。

IMG_20181007_142443.jpg

IMG_20181007_142620.jpg

IMG_20181007_142637.jpg

そこには心からため息が出るような景色。
本当に癒やされました。何かファンタジーな世界を冒険したくらいに感じました。
青い水、そこが透けて見える美しい水。
水しぶきの音が、耳のすべてを埋めてくれる。
風が心地よくなでてゆく。

IMG_20181007_143112.jpg

IMG_20181007_143151.jpg

この野の花も、いつもこの景色を見ているのですね。それは癒やされていることだろうな。

IMG_20181007_143256.jpg

IMG_20181007_143503.jpg

この景色と水しぶきの音に紛れるようにして、オカリナをしばらく吹きました。
曲を作るわけでもなくただ、自然の中にフレーズを流す。僕もそこにいていい?景色のひとつに入れて下さい。
自然はそれを黙って、見えないほどの大きな器で受け入れてくれる。
オカリナを吹くと、自然と人との境界を薄くしてくれるように思うんです。

IMG_20181007_171315.jpg

いつの間にやら
「むっつとせえ、ひもおちて」えんじろうのかぞえうたより!

IMG_20181007_174440.jpg

IMG_20181007_175838.jpg

道は次の目的地、来月4日の音心コンサート会場である「啄木舎」さんへとつながってゆきます。
posted by えんじろう at 16:23| Diary | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

啄木舎は夢の箱

大阪でオカリナ公演の告知から始まった旅は、翌日は奈良で天河神社、そのまま京都に移動しました。

IMG_20181008_124156.jpg

IMG_20181008_124052.jpg

こちらが来月演奏させていただく「啄木舎」さんです。
到着したのは夕方(というよりも夜)でした。初めてご挨拶したオーナーさんは、人間味あふれるとても素敵な方でした。
そんなオーナーの谷口さんが自作されたチェンバロがこちらです。

IMG_20181007_205521.jpg

IMG_20181007_205549.jpg

木工の仕事で磨かれた技術を中心に、あらゆる人の協力を経て完成にこぎつけたという本当に思い入れの強いチェンバロ。

IMG_20181007_210040.jpg

IMG_20181007_205750.jpg

この弦から奏でられる音色は、繊細ですが中心に芯が通っている上品な音色でした。
弦の音色もそうですが、それが共鳴箱に響く天然のエフェクトが実に心地よいのです。箱の大きさもあるでしょうし、木の材質とか色々あるのでしょうね。僕にはそんな難しいことはわかりませんが、とにかくずっと聴いていたくなるような、優しく温かい癒やしの音色でした。

IMG_20181007_205843.jpg

そしてこの鍵盤の打鍵感も心地よく、鍵盤を押したときの「クッ」という感覚と音色とのLinkがたまりません。
いつしかずっと僕が触ってしまっていました(あんたオカリナでしょうが?)

IMG_20181007_201125.jpg

そうそう、オカリナもあったのですよ。啄木舎さんに。オーナーがちょっと興味を持たれて購入されたものだとか。
紫のきれいなPopoloさんでした。下から上まで割としっかり音も出て、こうして行く先でオカリナに出会える喜びに感謝しました。

IMG_20181007_201200.jpg

IMG_20181007_215110.jpg

IMG_20181007_215139.jpg

こちらはなんと、子供用の足踏みオルガン。
語ってしまったのですが、今の子供はこれをみてどう思うだろうかって思いました。
「これどうやって音がなるの?」「電池はないの?」
とか言うんじゃないかなって。
今どき電気がいらなくて動くおもちゃというのも少ないと思います。

子供には新鮮で、とても良いのではって思いましたが・・・。
実はこれ、結構足漕ぎの力がいります。力というか速度かな?
そりゃもうプールのバタ足の勢いでした。なんだかどんどん楽しくなってきます。

IMG_20181007_215243.jpg

IMG_20181007_215302.jpg

いよいよ出ました大御所の本物の足踏みオルガンです。
こちらは空気をちょっと優しく送ると太くて重厚感ある厳かな音がして、これまた「おーっ」と感動しました。
啄木舎さんは色んな人がくつろげる「癒やしの空間」を目指しておられるそうです。
見事にそれを感じました。音楽の癒やしという以上に、音色による癒やしというものを意識させられるような感じ。

IMG_20181008_111115.jpg

もちろんピアノもしっかり弾かせていただき、オーナーにも我々の音色を生で聴いていただきました(えっ写真が夜から昼になってるって?)きにしないきにしない・・・。

IMG_20181008_123941.jpg

IMG_20181008_111317.jpg

11月4日はこの「啄木舎」さんで音心京都初のコンサートを致します。ピアノとオカリナはもちろんですが、チェンバロも使わせていただこうと思っております。
地元の方、また京都に足を運ぶ予定のある方は、ぜひお立ち寄り下さい。

IMG_20181008_124355.jpg

IMG_20181008_124327.jpg

こんな景色とともに、お待ちしています。

IMG_20181008_125536.jpg

IMG_20181008_125853.jpg

その後は、土地の神様にご挨拶という気持ちで、啄木舎さん近くの神社にお参りしました。

IMG_20181008_130026.jpg

IMG_20181008_130527.jpg

IMG_20181008_130536.jpg

敷地内でお蕎麦屋さんとお茶屋さんがあり、そこでちょっと休憩。
よもぎ団子とよもぎのお茶、どちらも非常に美味しかった。

IMG_20181008_130430.jpg

IMG_20181008_130433.jpg

IMG_20181008_130443.jpg

こんな景色を見ながら美味しいものを食べられる。幸せなことだと思います。

IMG_20181008_132852.jpg

IMG_20181008_132914.jpg

IMG_20181008_132953.jpg

手を洗おうと思ったら・・・。
見られていました。

IMG_20181008_134013.jpg

素敵なピンクの花、下から見るとなんかすごいものが撮れました。

IMG_20181008_134025.jpg

IMG_20181008_134022.jpg

なんだかたくさんのパワーを頂いて、帰路につきました。

IMG_20181008_143713.jpg

IMG_20181008_143640.jpg

IMG_20181008_145336.jpg

途中で食べた野菜炒め定食が、非常に辛かった。
そして食券番号を読み上げる定員さんの声がものすごい迫力でどすが聞きすぎていて怖かったです。

IMG_20181008_193353.jpg

IMG_20181008_222158.jpg

そして浜松に戻ってきたときにはもう夜。
お腹もそれほど空いていなかったこともあり、締めは何故かこうなりました(笑)

いろいろな体験をしてきた今回の大阪→奈良→京都遠征。
来月に実ると良いなあと思っております。というわけで、旅の報告はここまでです。
posted by えんじろう at 20:19| Diary | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

今度は東京方向に行ってきます

明日は早朝からバスと電車に乗って旅に行ってきます。

まずは東京を通り過ぎて千葉まで行き、3公演控えている千葉さんとの「Fifty-Fifs Ocarina Concert」の最終打ち合わせ。
そして翌日は千葉市美術館「さや堂ホール」にて千葉さんが主催される会に参加してゲスト演奏させて頂きます。
千葉さんとのデュオ演奏も、予定しています。
その後は東京でちょっと打合せがあり、そのまま小田原まで戻るというなかなかハードな計画です。

なるべく荷物を減らして、身軽に(無理)行ってこれたらいいのですが・・・。

それから「Fifty-Fifs」のフェイスブックページを立ち上げました。
ご興味ある方はぜひ、御覧ください。そしてそこからのメッセージでも結構ですので、是非お声掛け下さい。
また浜松公演については有志スタッフも募集させて頂きます。やってあげるよという方は、ぜひご連絡下さい。
posted by えんじろう at 19:04| Real Time | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

成田への旅① 音合わせ編

成田のホテルからこんばんは。
本日はまたまた旅の記録でございます。

今日は「Fifty-Fifs Ocarina Concert」に向けて千葉県に練習に行ってきました。
今回の度は終始公共交通機関を使うのつもりで計画していたのですが、僕の手違いというか勘違いで波乱のスタートになってしまいました。
「バスの出発と到着時刻を見間違えていた」

IMG_20181015_060256.jpg

というわけで、前の日から入念にしていた勘違いのせいで、朝から慌てふためいていました。
結局はバスのところを車で、なんとか当初の予定していた移動の流れに乗ることができました。
お天気は曇り。ちょっと焦りながら車を飛ばしてもらいました。

IMG_20181015_062635.jpg

6時台の浜松駅は、やはり人気が少なかったです。

IMG_20181015_064203.jpg

浜松~熱海~戸塚で休憩とお昼。

IMG_20181015_105222.jpg

IMG_20181015_105538.jpg

IMG_20181015_105605.jpg

更に成田までという感じで電車を乗り継ぎ、約7時間かけて千葉さんとの合流地点に到着。

IMG_20181015_134614.jpg

Thousand Leaves オカリナ工房さんにてしばしFifty-Fifsの音合わせや打合せを行いました。

IMG_20181015_162009.jpg

IMG_20181015_162019.jpg

.facebook_1539605312131.jpg千葉さんと記念撮影です。

千葉さんとの音合わせはとにかく演奏の表現についてはお互い任せ。
それで十分合うというよりも、その方がここはこうしてと細かく決めるよりもうまく合うような気がします。
ジャズのようなやり取りとは全然違う規模なのでしょうが、相手のオカリナの音を互いが聴きあって、微妙にその影響を受けあっているからなのかなって感じています。
多分上の写真のオカリナたちが本番でも活躍するはずですが、千葉さんのオカリナ「Thousand Leaves」と僕の持つ色んなオカリナとの組み合わせも、それぞれお楽しみ頂けるかと思います。

皆さんに音を聞いて頂けるのが本当に楽しみです。
皆様のご予約・ご来場お待ちしております。

明日は千葉さん主催の「さや堂ライブ」にゲストで演奏します。
千葉さんとのデュオ演奏も予定しています。
どうぞ宜しくお願い致します。

道中はまだまだ続きます。
posted by えんじろう at 21:34| Diary | 更新情報をチェックする

僕にとって嬉しい言葉

今日は千葉さんとの音合わせの後、ひぐらしオカリナ作家さんである「鈴木 のぼる」さんも合流してみんなで夕飯になりました。

のぼるさんが音合わせで使うために僕が並べておいたひぐらしオカリナを見て「使ってもらっているねえ」というような言葉をオカリナにかけてくれました。
親の元を離れ旅立ったオカリナに、その生みの親から温かい言葉をかけてもらえる。
僕はそんな光景を見るのがすごく幸せになります。なんかすごく嬉しいことだったので、改めて記事を書いてしまいました。

僕が使わせていただいているすべてのオカリナの作家さんに、本当に感謝しています!

IMG_20181015_162019.jpg
posted by えんじろう at 22:30| Real Time | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

報告 成田への旅② さや堂ライブ

なんだか滑るように時間が過ぎてゆく気がします。今日の夕方に事務所に戻って参りました。
さて、そんなわけで今回の「成田への旅」のメインである千葉さん主催の「さや堂ライブ」のご報告です。

IMG_20181016_083913.jpg

朝食はこんな感じ。
前の日に買っておいた食料を冷蔵庫からだし、味噌汁で温めるという図です。

IMG_20181016_131100.jpg

IMG_20181016_131108.jpg

こちらが「さや堂ホール」でございます。
さすがは「千葉市美術館」の施設だけあって、厳かで重厚な雰囲気です。

IMG_20181016_131118.jpg

千葉さんがこんなに素敵な看板を作ってくださっておりました。
実は写真撮ったときにはちゃんと見れていなかったのですが、帰ってから確認するとこの日のためにご用意下さっていたのですね。
お心遣いがありがたく頼もしくもありという感じです。

IMG_20181016_131138.jpg

この扉の向こう側に「さや堂ホール」が広がっております。
僕は数年ぶりのお邪魔でした。

IMG_20181016_135358.jpg

IMG_20181016_135413.jpg

高い天井にこんな感じで外の明かりが入ってきています。

IMG_20181016_140621.jpg

この日は第1部として千葉さんの演奏に始まり、中間を有志の皆様による演奏。
その後第2部としてえんじろうのソロと、千葉さんとのデュオ「Fifty-Fifs」での告知演奏という内容でした。
残念ながら、えんじろうの演奏写真はございませんので、千葉さんの姿を見てご想像していただければ幸いです。

IMG_20181016_140605.jpg

千葉さんのここでもう数年間定期演奏を続けておられます。
この場所の響きも特徴も熟知されており、本当に心地よい音が響いておりました。
調和の取れた音は背景にある響きと同化し溶け込んで透明になっていく・・・。なんかそんな印象を受けました。

有志で演奏される皆様も様々な個性ある演奏をしておられ、オカリナの多様性を感じました。
そんな中、とても良く知っている曲が聞こえてきました。あっ僕の曲!
先日の大阪といい、離れた地で自分の曲を演奏してくださっている人がいることの幸せはもちろんですが、その雄姿を生で拝見させて頂ける喜びは本当に泣きそうな感覚になりました。しかも楽譜に書いたメッセージまで感じ取ってくださっていることを知り、本当に感動をいただきました。そしてとても励まされる気持ちになりました。

自分が癒しの力で救われた楽器に恩返しという気持ちで始めた演奏活動で、自分が感動を頂いている。
いいのかなあなんて思いながら、今はそういうことを素直に喜べるようになったことも嬉しいことです。

さて、自分の演奏の際にちょっとハプニングがありました。
楽器周辺にあるものの確認不足で、Menaglioを5cmくらいの高さでテーブルの上に落としてしまったのです。
テーブルと言ってもフェルトを敷いてあったので何事もなく、でも心の中は反省と謝罪の気持ちで大暴走!
改めて割れ物の扱いを大切にしないとと感じました。

IMG_20181017_185540.jpg

前日から千葉さんとの練習のために持ち込んだオカリナのうち、この日活躍したのは上記の6本。どれも欠けてはならないえんじろうの音楽を支えてくれている柱です。

今回「さや堂ホール」に入ってから、色んな方に「今日楽しみにしていたよ」と声をかけて頂けました。
千葉さんが告知して下さっていることもあって、遠くから来たのに何だか知っているところに帰ってきたような感覚にして頂けたことが本当に嬉しかったです。
こんな風に僕も、人に「嬉しい」と思って頂けているといいな。よく考えます。

主催の千葉さんを始め、たくさんの自主的に協力されている方々の力で、この「さや堂ライブ」が続いていること、本当に素晴らしいです。そしてそこに携わっている方々が自身持って「ここ素敵でしょ?」と言えることが、なおいいなあと感じました。お仲間の皆様、本当にお疲れ様です。
これからもこんな素敵な会が長く続いてゆきますように。僕も浜松で、そんな会をやってゆきたいなー。

千葉さんとのFifty-Fifsで、この続きを演奏します。ご予約お待ちしております。詳しくはこちらを御覧下さい。
posted by えんじろう at 22:04| LIVE Report | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

次のコンサートは何かな?

家の玄関の横には、次回の近場のコンサート案内の看板を立ててあります。
そこには時々、お客さんが現れます。

IMG_20181018_124622.jpg

右の下の方をご注目下さい。見えてきましたか?緑の子。

IMG_20181018_124711.jpg

いろいろと楽しい家です。以前見たのに比べると妙に口がとんがっている気がします。
この方は夕方まではこの場所でじっとしていました。20日の計画でも練っているのかな?

20日は皆様ぜひ「天竜楽市」さんに遊びに来て下さい。
難しいことはありません。のびのびしたオカリナの音色で、ぜひ心をリフレッシュして頂けたら幸いです。

Fliere.png

当日直接会場にお越し下さい。天竜楽市でお茶やお菓子と共にお待ちしております。詳しくはこちらをご確認下さい。
posted by えんじろう at 20:07| Real Time | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

成田への旅③ 帰り

成田の旅2日目の「さや堂ライブ」の後は、東京の新宿にライブの打合せに行ってきました。

IMG_20181016_170701.jpg

11月25日に、コンサートをさせていただく話になりました。
そちらはまた改めて告知しますね。

IMG_20181016_204453.jpg

IMG_20181016_205540.jpg

IMG_20181016_205532.jpg

打合せの後はこちら。小田急線の「特急ロマンスカー ホームウェイ13号 小田原行」に乗車して、ちょっとリッチな気分を・・・。
確かに乗り心地もよく揺れ方なんてもう新幹線のものとそっくり。新宿から小田原まで1時間20分くらいのところを1時間位で進み、4駅といういさぎよい飛ばしっぷりです。でも乗車券と同等の特急券なので、今度は在来に乗ろうと思ったのでした。指定席でしたし、快適には快適でした。

IMG_20181016_215134.jpg

車内はこんな感じです。

IMG_20181016_221113.jpg

IMG_20181016_222225.jpg

IMG_20181016_223027.jpg

IMG_20181017_004806.jpg

2日はこのようにして終了。そして3日目は・・・。

IMG_20181017_100633.jpg

IMG_20181017_100936.jpg

IMG_20181017_101030.jpg

IMG_20181017_101205.jpg

IMG_20181017_102122.jpg

りょうこさんの希望で小田原城に。
とても美しい姿です。お城の中にも入り、てっぺんへ。

IMG_20181017_104010.jpg

IMG_20181017_104044.jpg

IMG_20181017_104123.jpg

IMG_20181017_104214.jpg

IMG_20181017_104317.jpg

IMG_20181017_104328.jpg

小田原の城下を見下ろしてきました。
考えても見たらこの時代にこの景色を見られるということは、とんでもない贅沢というか、神様にでもなった気分なのではないでしょうか?城下は全て自分のもの・・・そんな気持ちになってしまいそうですね。
今では地図でも航空写真でひとっ飛びに景色が見られますが、やっぱり生で見る高いところからの風景はすごいものを感じます。

IMG_20181017_105715.jpg

IMG_20181017_110116.jpg

本当に立ち姿が美しいお城ですが、ちょっと残念なのは中に入るとすっかり博物館化されており、余りの外との雰囲気の違いに僕はちょっとがっかりでした。

IMG_20181017_110347.jpg

IMG_20181017_110343.jpg

ピントがずれてしまっていますが、お城の前には動物園の名残というか、お猿さんがいます。
まあFifty-Fifsも二人揃って申年なわけですから、なにかご縁のようなものを感じたり。

IMG_20181017_110629.jpg

IMG_20181017_110918.jpg

ハトさんも佇んだり座っていたり。

IMG_20181017_122756.jpg

小田原駅といえば「えーっさえーっさ、えさほいさっさ」の発車ベルです。
ここを通過するともう暫くの間お猿のかごやが頭から離れません。
かごに(いやいや電車に)揺られて熱海の乗り換え1本で浜松まで戻りました。

IMG_20181017_171609.jpg

浜松についた頃にはもうすっかり夕焼け空。

IMG_20181017_181116.jpg

ラストは生姜たっぷりのおうどんを頂いて終了となりました。
何だか旅が好きになってしまいそう。僕はオカリナと出会ってから本当に人生が変わりました。だから一生この楽器には感謝し続けることができるでしょう。

これからもそんな心を持って、演奏をしてゆきたいと思います。
posted by えんじろう at 20:50| Diary | 更新情報をチェックする

11/25 新宿 ONLY YESTERDAY

静岡・愛知を中心にオカリナとピアノで演奏活動を続ける「アンサンブルユニット 音心(静岡県浜松市在住)」は、11月25日日曜日、東京都新宿区の「ONLY YESTERDAY」にて、穏やかな癒しの音色を届けるコンサート「オカリナ・ピアノのひととき」を行います。

今回は東京でのコンサートです。フォークの知り合いからつなげて頂いたご縁により、東京のライブハウスでのコンサートが実現します。はじめての場所ですが、自分たちの音色を届けられるようがんばりたいと思います。
詳細は以下の通りとなります。
「オカリナ・ピアノのひととき」
日付:2018年11月25日(日)
時間:Open15:00 Start16:00
料金:チャージ 2000円(ワンドリンク付き)
定員:20名程度
場所:ONLY YESTERDAY
所在:〒160-0022 東京都新宿区新宿1丁目31−3
電話:03-5357-7825(会場)
ご予約方法:会場に直接お越し下さい
A4 Flier_01.jpg

東京で音心を知って下さっている方、もしもいらっしゃいましたらぜひお目にかかりたいです。
この日は成田公演の翌日となります。Fifty-Fifsから音心のコンサートをはしごなんてのも、大歓迎ですよ。

皆様のお越しをお待ちしております。
posted by えんじろう at 22:11| LIVE Information | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

報告 天竜楽市(音心)

曇から晴れたかと思えば雨が降り、さすが秋だと思えるような本日はお祭り日。
あちこちでイベント盛り沢山なこの日に、音心は天竜楽市さんでのコンサートでございました。

IMG_20181020_084433.jpg

当日蓋を開けるまでお客様がお見えになるかすらわからないこの会。
家の前の看板には、小さなお客様が来ていました。

IMG_20181020_115840.jpg

ここ数日ずっとこの場所に居着いているカエルさん。お気に入りなのかここが職場なのか?
夜にはいないことが多く、昼間見ると同じ場所を陣取っています。

IMG_20181020_123417.jpg

IMG_20181020_131912.jpg

楽市さんに向かう途中の空は、こんな感じで割と良いお天気でした。
雲が動物の体のように、僕にはユニコーンに見えました。なんか良いことあるかな?

IMG_20181020_134924.jpg

IMG_20181020_140247.jpg

お店の「天竜楽市」さんに到着し支度を終えましたが、人の気配がなくちょっと気持ちが不安に・・・。

IMG_20181020_143502.jpg

お一人目のお客様が見えたときには、本当に感謝でした。

IMG_20181020_163733.jpg

IMG_20181020_163100.jpg

約5名程の今回のライブでしたが、皆様ご意思を持ってここに駆けつけて下さった方々ばかり・・・。
市外からお越しの方もおられ、考えたらそれってすごいことだって思いました。

そんなふうに来て下さった方々にできることは、目的である音楽をとにかく集中して心地よいひとときにして記憶に持ち帰っていただくことだけ。
楽市さんの空間の響きにもだいぶ慣れてきたこともあり、最初よりは良い位置取りや良い響きを狙えるようになってきた気がしています。
気持ちの方も穏やかに、新曲も堂々と聴いていただくことができました。

個性豊かな天竜茶の味は、実際入れていただいて飲んで見るまではわかりません。でも飲めば納得、そして購入すればその時の試飲の味を思い出してそれを目標に自分で入れることにも挑戦できる。
オリジナルブレンドなんてできたら、夢のようですよね。

IMG_20181020_170058.jpg

IMG_20181020_162704.jpg

驚くこともたくさんです。こんな風にお茶を入れても、いいんですね。実際飲んだからこうやってだしても美味しいことは確認済み。

IMG_20181020_171458.jpg

演奏終了後、外に出たら皆さんの驚きの声。
カラスの大群が電線にズラーッと。なんか中継ポイントらしいです。

IMG_20181020_195135.jpg

そして家に帰ってきたら
「おかえり~」と言わんばかりに。何だかちょっとハンターモードかも知れません。

IMG_20181020_191431.jpg

IMG_20181020_193258.jpg

本日使用したオカリナは上記の9本。どれも個性的です。ひとつずつに出会いの歴史と仲良くなるのに費やす日々が存在しています。
時には僕が育ててもらったり・・・。

新曲も含めて、音心の音楽を聴いてくださり、今日も感謝でした。
更に精進して、美しい音色をその場所にマッチさせてお届けできる演奏家になれるように、これからもがんばります。

次回の天竜楽市さんでのコンサートはまた2ヶ月後、12月22日に行います。お知らせは改めて。
暮も迫っていることですし、今年の疲れと暮れの押し迫る感覚をちょっとリフレッシュして頂けたらと思います。
posted by えんじろう at 20:43| LIVE Report | 更新情報をチェックする