2018年10月21日

いよいよ2週間を切ったFifty-Fifs

千葉稔さんとえんじろうの2人のオカリナデュオ「Fifty-Fifs Ocarina Concert」まで、
いよいよ2週間を切りました。

まず最初は「大阪公演」からの始まりです。
千葉さんもえんじろうも、オカリナに出会ったきっかけとなった音は「オカリナ奏者 宗次郎」さんの奏でる音色から。
その音色に救われたところから、気がついてみたらオカリナと歩む生き方になっていました。

そしてYouTubeなどで互いの音が気になる時期を経て、出会ったことでFifty-Fifsが誕生しました。
この「Fifty-Fifs」という言葉には、
互いの生まれ年である昭和55年という意味。
それからお互いの持っているものを半分ずつ持ち寄ってより良いものを目指しましょうという意味。
2つを込めてえんじろうが付けさせていただきました。


この音色を聴いて興味を持って頂けた方は、是非大阪・成田・浜松に足をお運び頂けたら嬉しいです。
オカリナの「癒やしのハーモニー」を存分にお届け致します。

A4 Flier_Template-001.jpg

A4 Flier_Template-002.jpg

コンサートの詳しい情報は下記をご覧ください。
posted by えんじろう at 20:31| Real Time | 更新情報をチェックする

12/22 天龍カフェ(音心)

静岡・愛知を中心にオカリナとピアノで演奏活動を続ける「アンサンブルユニット 音心(静岡県浜松市在住)」は、12月22日日曜日、静岡県浜松市の「天龍カフェ」にて、地元の材料を使った落ち着いた建物にてお茶をたしなみながら癒やしの音色を楽しむ「和みのコンサート」を行います。

これまで2月に1度のペースで行ってまいりました当公演は、今回から毎回テーマに沿った音楽とオーナーによる「お茶が美味しくなる話」を加えてリニューアル致します。
会場が急きょ変更となりました。再度ご確認いただければ幸いです。元の場所「天竜楽市」から車で10分ほどの場所ということで、楽市さんにも変更のご案内が置かれるようです。詳細は以下の通りとなります。
「和みのコンサート」
日付:2018年12月22日(土)
時間:15:00~16:00
料金:チャージ 2000円(天竜茶・お菓子付き)
定員:20名まで
場所:天龍カフェ
所在:〒431-3306 浜松市天竜区船明1322
電話:0539-25-0707(会場)
ご予約方法:予約不要 当日会場に直接お越し下さい
Fliere.png

上記画像の住所と会場は古いままですので、ご注意下さい。

こんな感じになりました。最初のお題は「加熱」初っ端からすごいインパクトですが、これからの和みのコンサートは心癒される音楽に加えてお茶が美味しくなる素敵な知識も得られる内容になることでしょう。
どんな曲にしようか、今から楽しみです。

暮も迫る時期だからこそ、ぜひゆっくり過ごせるひとときを大切にシたいものです。
皆様のお越しをお待ちしております。
posted by えんじろう at 21:51| LIVE Information | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

色々と改築しています

皆様何だかお久しぶりでございます。

ブログの方は静かでしたが、昨晩からfacebookとホームページの改築を進めました。
もう少し時代について行けるように、そして楽に更新ができるようにと、facebookとホームページの連携を進めました。

変わったことはこんなところです。
  1. facebookに個人でなく「オカリナの虜 えんじろう」のページを作りました
  2. facebookの個人ページの名前を芸名から本名に変更しました
  3. ホームページにfacebookにアップした写真が表示できるようになりました
  4. ホームページのデザインも変えました
こんなところです。

そして、facebookへの「いいね!」を皆様にお願いしております。
facebookの「いいね!」が増えると、よりたくさんの方からえんじろうのページを発見してもらいやすくなるんだとかなんとか・・・。
仕組みは僕にはよくわからないのですが、数の力と言うやつなのでしょうね。

ですから皆様、是非facebookされている方はこちらのページに「いいね!」をして頂けますと嬉しいです。
今はお友達でない方も、是非またつながりが広がればと思います。

これからもどうぞ、よろしくお願いします。
・・・うん、やっぱり選挙運動みたいだ。
posted by えんじろう at 21:30| Diary | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

泣き言と心の弱さと喜びと

こんばんは。
「始めることは簡単。でも続けることは大変」
僕がよく口にしてしまう言葉です。

今回の記事は、
それに対する泣き言、自分の心の弱さに対するイライラ、そしてお客様と触れ合って感じる喜びの火種の話。
そんな話になります。

本当に情けなくなること書いていると思うので、そういった話は聞きたくないという方もいますよね。
なので続きは畳んでおきます。


聞いてあげる(続きを読む)
posted by えんじろう at 00:56| Diary | 更新情報をチェックする