2018年10月02日

心強い電池式ライト

はい。皆様大変ご無沙汰になっておりますが、快適なライトライフをお過ごしでしょうか?
今回は台風から起こった停電の際に大活躍してくれた灯りをご紹介いたします。いざというときばかりか、普段から頼りになって遊び心も刺激してくれるすぐれものです。でも嫌味もないところがまた良い。

IMG_20181002_193508.jpg

こちらはだいぶ前に購入した商品でしたが、今でも販売されているようです。
商品は「アイリスオーヤマ 屋内 LED センサーライト 昼白色 乾電池式 ウォールタイプ BSL40WN-W」というもの。
僕はAmazonからこちらを購入しました。2個セットですが楽天ではこちらがありますよ。

IMG_20181002_193604.jpg

短めの蛍光灯のような形で、その灯りも昼白色なんて言いながら割と優しい色合いです。
特徴は多彩な点灯モード。左から「OFF」「常時最大点灯」「オート節約点灯」「オート最大点灯」と並んでいます。
スイッチ切り替えなので突然の暗闇でも問題なく選択できますね。モード名は勝手に僕が命名しています。

IMG_20181002_193517.jpg

裏面の左右にある銀色のはマグネット(しかも結構強力)
これで100グラムある自身をしっかり保持できる磁力を持っています。

IMG_20181002_193524.jpg

中央に電池ボックスがあり、単3形電池を3本入れます。僕はエネループで充電できるようにしてあります。

IMG_20181002_193627.jpg

そしてすごいのが両面テープ付きのホルダーが付属すること。これをこんな感じに階段にセットして、そのホルダーは磁石になっているのでしっかり支えられます。

IMG_20181002_193427.jpg

ちょっとカメラの明るさ感度上げて盛ってます(おいっ)が、暗い中ではこんな感じに頼もしく見えますよ。

IMG_20181001_210554.jpg

磁力は本当に設置の範囲を広げてくれます。
こんな風に余ったマイクスタンドが電気スタンドに早変わり。
冷蔵庫や洗濯機の壁、電子レンジの壁など平面があって磁気で着くところならバッチリくっつけられます。

IMG_20181001_210510.jpg

実際の明るさはこんな感じかな?停電でこの明るさは意味があります。
でもそれ以上に、結構広い範囲に灯りを届けてくれるところが素晴らしいのです。

IMG_20181001_210641.jpg

洗面所もひとつつけるだけでこの様子。まあ壁が白いこともかなり影響しています。

IMG_20181001_174021.jpg

外は真っ暗ですが僕の目でも、この明るさで十分調理できました。

IMG_20181001_172625.jpg

なんと調理台の銀色のところも磁力でぺったんできたので、本機を総動員してみました。

IMG_20181001_210834.jpg

テーブルの4つの柱にセットしてみると、これまた幻想的(上は暗いけど)

とにかくちょっと遊びも入っていますが、このセンサーライトとエネループのコンボがあれば、停電が来ても心のゆとりがかなりあると確信しています。「オート節約点灯」では、暗めの発光ですがかなり長持ちしますよ。最後に

IMG_20181001_210451.jpg

こちらはズボンのベルトで本機を縛り付けて、装備状態で移動しているときの写真です。
これならライト1本で自分が見ているところだけを効率よく照らしてくれて、手も空く最高装備です。
何気に普段はいつも使う階段の保安に努めてくれているので、電池交換を忘れることもありません。いざとなったらありかを忘れることもないですし、目につくところにあっても存在感が強烈ではないのでとても自然に見えます。本当に頼もしいライトです。ぜひお勧めします。

というわけで、皆様快適なライトライフをお過ごしくださいね。
posted by えんじろう at 20:13| Archive | 更新情報をチェックする

台風と停電

台風24号の影響、皆様は大事なかったでしょうか?
ガイアトーン事務所は、庭のハーブが一部なぎ倒されたのと人工芝がめくれていた程度で大事に至らずに住みました。
しかし30日夜は雨戸も閉めて徹底していたにも関わらず、ものすごい轟音で雨戸ごとバタバタと鳴り響く状態。この場所に来てまだ2年半程度ですが、その小さな歴史の中では最強の台風の音でした。

そして、その夜電気が止まりました。
未だに静岡県西部の広い地域に停電の場所が残っているようです。復旧作業は懸命に行われていることと思いますが、県内全域がいつものように通電するよう祈っております。現在の状況はこちらで確認できます。

僕がいる浜松市北区も、30日夜23時から2日2時まで続いておりました。こういうときだからこそわかること、たくさんあるなって思い知らされました。

まず電気がつかないことなどは、大事のように見えて大したことではない気がしました。
後ほどご紹介しようと思いますが、普段は階段で仕事をしてもらっていたセンサーライトが大変重宝しました。

IMG_20181001_210510.jpg

IMG_20181001_172625.jpg

でもお風呂に入ろうと思ったら、温水器が入りません。考えたらガス温水器であっても火種を作っているのは電気だった。

洗濯は手洗いでもできるけど、面倒だからやってない。

そして一番困るのは冷蔵庫と冷凍庫。6時間を超えるともう冷蔵庫は涼しさの余韻もない。
冷凍庫に入れてあった保冷剤のおかげで、冷凍庫が弱った冷蔵庫くらいの働きはしている・・・と信じている。結局冷蔵庫のものは1日夜に全部火を通して、スープに入れました。

インターネット環境も当然ボツ。我が家はネット環境の切り替え途中で、それが整うまではモバイルルータを借りています。「WiMAX2+」というやつですが、これなら充電式だし大丈夫と思いきや、電波がないといわれました。そうか、電波の発信装置は電気で動いているんだろうから、そっちが停電なら当然だった。

頼みの携帯電波は、通じている。
しかしかかってきた電話に出ると「わ・れわ・・れ・・わ」のような宇宙人言葉で、何言っているのかわからない。こっちの声が伝わっているかすら確かめられない。
メッセンジャーもメールも、いつもならすぐ送れるのが「送信中」からなかなか先に進まない。

IMG_20181001_081701.jpg

しかたがないから、庭の草取りしましたよ。
しばらく夢中になっていると、いかんくらくらしてくる前に家に戻ってシャワー(あっお湯でない)

何はともあれ、水とガスが別経路であることがどれだけ大切なことなのかがわかりました。そしてエネルギー源が電気でなくても、電気がないと使い物にならない品物もたくさんあることを知りました。
我々は知らないうちに電気依存生活になっていたのです。

IMG_20181001_174030.jpg

実はガスコンロも、電池が切れたら火がつかなくなる。昔のひねるやつなら、そんなの必要なかったことなのに、なぜそうなった?
この記事は電気が復旧するか携帯の通信がまともにできるようにならないとアップできませんね。

そんなわけで、停電10月ですが、虫の声はまだまだ力強く停電でもびくともしません。なんか改めて、彼らの個体の強さを思い知ったりもしたのでした。
まだ停電で大変なところにいらっしゃる皆様、早く復旧しますように祈っております。
ラベル:停電 台風
posted by えんじろう at 19:27| Diary | 更新情報をチェックする