2019年03月26日

報告 B-flat

音心は土曜日の夜、浜松市の半田山にある「Jazz in B-flat」にてコンサートを行いました。
今回のコンサートはB-flatでは初となります3人でのもの。それでは早速、報告してまいります。

1553247468773~2.jpg

IMG_20190322_183348.jpg

今回の本番に向け、合計3回に渡る音合わせの機会を設けて挑みました。
パーカッションの太田さんは普段は保育士さんをしている方。そんな太田さんに音合わせの機会を作って頂き、愛知で2回浜松で1回という感じで煮詰めて参りました。
上の写真は前日、事務所にて合せたときのものです。

IMG_20190323_095545.jpg

IMG_20190323_154050.jpg

当日もお昼まで確認をして、いよいよ出発。お昼はえんじろうが大好きなおにぎりをたべて頂きました。
ムスカリたちに見送られながら、出発!

IMG_20190323_155131.jpg

IMG_20190323_160004.jpg

お天気はとても良い感じでした。

IMG_20190323_174325.jpg

IMG_20190323_174431.jpg

IMG_20190323_175707.jpg

セット後のステージはこんな感じです。本番スタートまでは地下のレッスン室にて待機。

太田さんは千葉さんや僕と同じく昭和55年生まれ。
話題も共通するものがあり、この日はゲームの話題でも盛り上がりました。
昔のゲーム音楽(ファミコン)にはビープ音というピーピーなる音が3つと、ノイズというリズムに使えるような音が1つ。それを組み合わせて作られていました。そしてその厳しい成約の中でどこまでワクワクする音楽を作り出せるかというのを、音楽家が本気で取り組んでいたようです。僕はその心意気に最高に格好良さを感じます。
そんな話を太田さんとしているうちに、僕がオカリナという不器用な楽器と組みたいと思うのは、この制限の中で何ができるかというところに憧れているからなのではないかというところに思いつきました。

さて、いよいよ本番です。
続きを読む
posted by えんじろう at 16:16| LIVE Report | 更新情報をチェックする