2009年10月21日

風の音LIVEレポート

さて、どこまでも続くような秋空の元、皆様いかがお過ごしでしょうか?今回は先日行われた愛知県での風の音コンサートの様子をお伝えします。

この日は日曜日課の朝一番のバスに乗って、愛知県豊田市を目指しました。出発したのは6:20のバスで、9:00少し前に亮子さんと合流して会場に向かいました。山道を進むこと約1時間…車でしか向かうことができないという会場に到着しました。
昨年コンサートを見に行ったときは大変寒かったので、かなり暖かい格好をして完全防寒対策済みで挑んだのですが、この日はとても暖かく、日が差し続けると焼かれるような暑さを感じるほどでした。会場はちょうどオープニングの始まるときだったので、今回は最初から最後まですべてを見物できることになります。

ちょっとした食べ物もあったり、演奏中に子供たちが作ったシャボン玉が飛んできたりと様々な演出もあり、五感を使ってたくさんの刺激をいただけるライブです。
昨年は音心の亮子さんが出演するおかりーなフレンズの演奏を聴きに行ってきたのですが、今年もお昼頃にフレンズの演奏が行われました。オカリナアンサンブルに亮子さんの演奏するアンデス25Fという鍵盤吹奏楽器も加わって、豪華な笛の4重奏(時々5重奏)を聞けました。僕にはできないアンサンブルという演奏形態…。これまた良いものです。
更に風の音コンサート主催者の伊藤さんが作られたマデリーナという木製の吹奏楽器の紹介が続き、みんなで蛙の歌の輪唱(輪奏?)なんてのも行われました。受付をするともらえたマデリーナで、僕もしっかり参加しました。
お次は僕と同じく静岡県から見えたというマリンバ(木琴の大きいの?)を2人で演奏するグループでした。これまたすごい巨大なマリンバで、お二人の息もぴったり演奏されてかっこうよかったです。その後も迫力のバンドやギター弾き語りなど、いろいろな演奏形態の人々が登場しました。
さて、音心はといいますと最後のグループの前…。演奏曲目は…

里の秋(MC用) / 童謡
凪 / 宗次郎
夢街道 / 宗次郎
カナリヤ / オリジナル
時は続く… / オリジナル
めだかの兄弟 / わらべ


前回のやらフェス同様ノーストップ音心を取り入れましたが、今回はあのときほど台詞をがちがちに考えていなかったので、どもりました(笑)演奏自体はまたしてもオリジナルの時は続く…で幾度となくミスをして、情けない気分でした。でも総合的には楽しく音楽に入り込んだ演奏ができたので良かったと思いました。
最後のめだかの兄弟では、また聞き手の方々に手拍子をいただいて元気に演奏できました。この曲では当日初めて触ったマデリーナで1コーラスを演奏する…という無謀な思いつきを実行!思った通り音程が高くなったり指穴の位置を見失ったりで、ボロンボロンな演奏になりました。でもそれは覚悟の上だったので、これまた楽しいうちに収めることができました。

風の音で使用したオカリナ

今回のただいまーのオカリナ達です。本当は右に写っている木村先生も使う予定だったのですが、一つだけ形の違う中央にあるマデリーナを使うことにしたため舞台下でお留守番と言うことになりました。

さて、今回は実は初めての野外コンサートでした。色々新たなる課題が出てきて、室内との違いもよく感じることができました。特に重要な課題はマイクの使い方でした。音心はパフォーマンスよりもやっぱり音質重視で行きたいと考えています。来年の風の音に出たときは、もっとマイクを使いこなして聴いてて心地よい演奏ができるように努めたいと反省です。

一日かけて行われた風の音コンサートは、大迫力ですばらしい演奏を披露されたフォルクローレの方々で終了となりました。本当にすばらしい時間を過ごさせていただいて、この日も最高の日曜日でした。
演奏終了時にお声をかけてくださった方々もいらっしゃって、本当にありがたいと感じました。せっかくなので今度のCar-Den LIVEを宣伝させていただいちゃいました。そしてやっぱりすごいと思うのは愛知にはオカリナを持っていらっしゃる方が多いと言うことです。浜松ではなかなか見かけないので、実は僕も持ってますと言うのを聴くとうれしくなってしまいます。
浜松にも、もっとオカリナを広げないといけませんね(笑)というわけで、幸せだった日曜のライブ報告でございました。風の音に来てくださった皆様、ありがとうございました。そしてこんなすばらしい企画を実行しておられる主催者の皆様、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。
posted by えんじろう at 20:10| Comment(6) | TrackBack(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
精力的に活動されてますね~
愛知県に結構来られますね 豊田かぁ
もう少し西に来てもらえると会いにいけそう(笑)
Posted by コンポ at 2009年10月22日 00:33
今晩は、先日の「風の音コンサート」自然の中でのオカリナ演奏は
山の中に飛び交う天然残響音(エコー)が合間って、初めて聴いた「音心」遠士朗さん達の演奏が、私の心の中に清み通って来ました。

とても気持の良い、素晴らしい演奏を聴かせて頂きありがとうございます。

演奏終了後には、どうしても色々聞きたいと思い質問ばかりしてすみませんでした。次回の三好町のCar-Den LIVEはもちろん聴きに行きますね♪
Posted by Tomy at 2009年10月22日 02:11
コンポさんおはようございます。

静岡は遠士朗、愛知は亮子さんのいる場所なので、どうしてもその周辺が活動地域になってしまいますね。でももっと力をためることができたら、そして自由な時間を確保できるようになったら広げてゆきたいものです(笑)
Posted by 遠士朗 at 2009年10月22日 07:26
Tomyさんネット上では初めまして。先日は声をかけてくださって、どうもありがとうございました。車の近くでお話しした方でしょうか?(違っていたらごめんなさい)

山を行き交う残響は、野外初めての遠士朗にとってはとても感動的でした。吹いてる自分が夢中になってしまい、ついマイクを意識するのを忘れていました。
そしてああいった演奏の場では音楽をしておられる方とお話しできることが、とても楽しいです。声をかけてくださって、本当にありがとうございます。Car-Denでお会いできるのを、楽しみにさせていただきます。
Posted by 遠士朗 at 2009年10月22日 07:30
遠士朗さん、おはようございます。
楽器をかたずける邪魔をしながら、車の前でお話させて頂きました。
フォルクローレを主に演奏しておりますが、遠士朗さんのオカリナの音色に凄く惹きつけられました。

次回の三好町のCar-Den LIVEが待ちどうしいです。
Posted by tomy at 2009年10月23日 00:52
tomyさんこんばんは。返事が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

tomyさんのHPも拝見させていただき、ものすごくご活躍されている方だと感じ驚かされています。声をかけていただけたことが、ますますありがたいと感じます。Car-Den LIVEに備えて、しっかり練習しておこうと思いまぁす。
Posted by 遠士朗 at 2009年10月24日 19:45
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック