2010年11月22日

新曲に向かうとき

皆様こんばんは。皆さんはCDアルバムを買う時ってどんな心境で買われるのでしょうか?
・そのアーティストが好き
・お気に入りの曲がアルバムにしか入っていない
・シングルより単価が安い

僕の場合は大抵こんなところが理由です。1番目と3番目はある意味同種かも知れませんね(笑)気に入ったアーティストの曲をとにかくたくさん聴きたいですから…。

お目当ての曲が入っているアルバムでも、最初はお目当て以外の曲って余り目に(耳に)とまらないことはないですか?僕の場合は最初は目的の曲を狙って再生というパターンが続きます。そしてしばらくすると全体通して聴くようになり、その中に思わぬ名曲が隠れていたりして…。もちろん名曲ってのは聴き手の都合でつける言葉ですから、それまで脇役に見えていたものが急に輝かしく見えたりするから不思議です。

本題ですが僕はオカリナの新曲にいざ取り組むぞと言うとき、まずその曲をひたすらリスナーとして聴いて、気に入るよう努力します。だんだん曲の流れをつかめるようになると、自分がその曲を好きになって行くのが判ります。それが発生しない曲はやるのをあきらめます。
さんざん繰り返し聴いて本当に好きになってくると、オカリナでどんな風に吹いてみたいかというボアッとしたイメージも浮かんできます。それを練り上げて吹いて行くという感じです。
曲を好きになるという課程から始めた場合、曲の全体像をしっかり体が覚えてくれます。自然に乗れるようになり、曲のメロディーにコード進行に心地よいなぁと想いながら入り込めるようになります。

だから間違っても、好きになれない曲はやりません。いやいややればいやいやしている音が出るのがオカリナですから(笑)
入り込める音楽に巡り会える事って、本当に幸せなことだなぁって思います。結局何が言いたいかっていうと、オカリナさん僕は貴方が大好きですって事ですね(笑)

そこなのか…。ほじゃまかさっさぁ

すみませんがお知らせというか修正です。週末27日の香妹さんでの風太さんLIVEは、ドリンク付きで1500円でした。急いで告知記事を修正しましたが、書き損じておりすみませんでした。
posted by えんじろう at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Episode | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック