2013年09月02日

09/01 龍津寺 報告

皆様こんにちは。今日はちょっと気が抜け、眠気とか筋肉痛とかとつきあって過ごしています(おい)
というわけで(どういうわけだか)本当に幸せだった昨晩のコンサート報告でございます。

もう長いこと仲良くしていただいている富士市でご活躍中のオカリナ奏者、古庄 由喜子さんからお誘いいただき、龍津寺さんで行われましたFOMALHAUTのコンサートにゲスト出演をさせていただきました。FOMALHAUTはオカリナ古庄 由喜子さん、シンセサイザー下山 英二さんとで作るインストユニットです。

オカリナ収納の図

7月から2度に渡り打ち合わせに伺い、昨晩の本番を迎えることとなりました。
練習に伺った際にとらせていただいた古庄さんのオカリナケースの写真です。僕のオカリナケースは古庄さんにご教授いただいて、今の状態になりました。それまではケースというものすらなかったのですよねぇ。
いろいろな面において、古庄さんは僕のオカリナのお手本にさせていただいている方です。だからそんな古庄さんと一緒に演奏させていただけることが、とても光栄でした。

出発の荷物

移動中

昨日は朝のうちに出発。まずは古庄さんのところにて最終的な打ち合わせをしました。あれっ打ち合わせからすぐにオカリナ話になっていたような気が…。
下山さんも合流して、いよいよお寺に向けて移動です。移動中に大きく海が見えたので当てずっぽ撮影。3枚中1枚が撮影成功です(笑)

リハ・セッティング中

リハ・セッティング中

リハ・セッティング中

リハ・セッティング中

リハとセッティングをしているところの様子です。撮ってないであんたもやれって話ですね(笑)ちゃんと撮る前にやりましたよ。

演奏風景

演奏風景

あっという間に本番の時間がやってきて、外はもう暗くなってきました。まずはFOMALHAUTさんのみのステージでスタートします。僕はステージ右のふすまの中にて待機中。実はそこから昨日の記事送信していたり…。
緊張はしたものの、FOMALHAUTさんの生音を真横に聴いていると心地よさの方が打ち勝ちます。すでに演奏モードで一緒に体が動く感じでした。

演奏風景

演奏風景

演奏風景

そして自分も入りまずはカナリヤを聴いていただきました。このカナリヤで使用しているオカリナが、実は古庄さんからの頂き物。このオカリナに僕のところに来たことを後悔されないようにという思いで関わってきた結果が、今に生きていると感じています。

演奏風景

演奏風景

演奏風景

演奏風景

演奏風景

ステージ後半もまた途中から登場という形で、楽しい時間があっという間に過ぎてゆきました。古庄さんの考え出された熱帯雨林のコーナー、様々な音を重ねて熱帯の空間を演出するという試みが斬新でした。次から次へといろいろな楽器を使い、音のスターマインといった感覚でした。

しかし本当に古庄さんとのハモりが心地よかった。言葉はいらないという言葉のはよく聞きますが、それをまともに感じることはそうそうないと思うんです。
ましてそれぞれがそれぞれの見方をしている同一楽器では、なおのこと難しいと感じるのです。それが古庄さんとでは何も考えない方が自然にぴたっと合うから不思議です。目で合図というのができない自分がそう思うんだから、自信もっていえます。本当に気持ちよく楽しいハーモニーだったと感じます。

それから演奏の背景を見てください。後半からは障子が開かれ、ライトアップされたお庭が堪能できます。網戸から涼しい外の風…は入ってきませんでしたが、演奏終了後はそれが入ってきてとても心地よかった。
秋の虫たちの合唱も、心地よく共演してくれていました。

帰り道

帰り道

さてこのコンサートのすてきな雰囲気は帰り道まで続いていました。帰り道にろうそくの灯籠が並べられ、ほのかな明かりで道を照らしているのです。こういう心遣いってすごいなぁって思います。ろうそくの揺らめきは1/fゆらぎを含んでいると聞いたことがあります。自然界の持つごく自然な揺らぎ。オカリナに吹き込まれる息にも同じ揺らぎがあると信じています。だから心地よいって思います。

さて演奏の後片付けをしているときに、僕が踊りながら吹いているようだったというお話しが聞こえてきました。そんな大げさなぁと思いながら、帰ってから反省ビデオをちょっと確認すると、うわっ何も言えない…。
相当楽しくやっているのが自分でも判りましたとさ。

帰りの荷物

興津駅まで送っていただき、22時台の電車で帰路につきました。家に着いたのは日付が変わった後。ずいぶん眠いなぁと思っていましたが、時計を見て納得でした。

ただいまのオカリナ

そしてただいまのオカリナ。古庄さんとのご縁こそオカリナ合ってのもの。オカリナと出会ってからそれを通じてできた深いご縁に、支えられ生かされているって感じます。だって本当にそれで食べていこうとしているのですから。

心から楽しんでいる姿を暖かく見守ってくださったお客様方、そして主催者様と龍津寺の皆様とスタッフをしてくださった方々、ゲストで参加させてくださったFOMALHAUTさんに感謝いっぱいです。
古庄さんとのハモり、たくさんの方に心が合ったときのオカリナのハモりを聴いていただきたい…。また是非やりたいです。

本当に幸せなひとときでした。オカリナと出会って良かった。心底思いました。
posted by えんじろう at 19:10| Comment(4) | LIVE Report | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは(^-^)
えんじろうさんはオカリナの話だけでもいつも楽しそうですよ(^-^)v
私も楽しいですが(笑)

だから演奏中に踊っていても不思議ではないです。
私も見たことありますから( ´艸`)
見てる方も楽しくなりますよ〜(^_-)
その素敵なハモリいつか聴いてみたいです(^-^)/~~
Posted by nyanko at 2013年09月02日 20:01
nyanko さんありがとうございます。

そうですね。いつか浜松でも古庄さんとのデュオを実現できるように、がんばりたいです。
本当によいと思いましたから、たくさんの方に聴いていただきたいです。
Posted by えんじろう at 2013年09月02日 23:27
始めまして。
先日の龍津寺でのコンサート、行ってきました。
オカリナの生演奏、始めて聴きましたが、音色の素晴らしさにたまらなく感激しました。
古庄さんと、えんじろうさんのハーモニー
息がぴったりでした。
まして夕暮れのお寺でのコンサート。
弔事だけでなく、色々な催しでお寺を解放している龍津寺さんにも、感動。
その夜は、すごく幸せな気分になり、私もオカリナを吹いてみたくなりました。
今は、YouTubeで、えんじろうさんの動画を見て、余韻に浸っています。
時代劇風のオカリナのお手入れには、ハマりすぎで、笑ってしまいましたが(失礼)
応援しています。
またいつか、生演奏を、聴きに行きたいです。
Posted by mokap307 at 2013年09月04日 14:30
mokap307さんこんにちは。お返事遅くなりました。

とても暖かなコメントいただきまして、ありがとうございます。何せ本当に楽しかったものですから、演奏とか表現ということよりも単に楽しんでいたという感じになっていました。
楽しんだ分だけ演奏もよいと思ってもらえるものになる。オカリナにはそんな心を自然でいさせてくれる良さがあると信じています。

あの日を期にオカリナに興味を持っていただけたということで、本望でございます。
たくさんの方に聞いていただけるように、これからもがんばりたいと思います。
ありがとうございました。
Posted by えんじろう at 2013年09月06日 15:07
コメントを書く
コチラをクリックしてください