2016年07月31日

ソーラーライト第二弾

皆さま快適なエネルギーライフをお過ごしでしょうか?
今回は設置してしまえば後は放置の野外用ソーラー充電常夜灯の記事でございます。そうです以前にも別の類似品をご紹介しましたが、こちらもとてもお勧めです。
とにかくライトのパワーがすごい。

IMG_3051.jpg

僕はAmazonからMpow 20 LED ソーラーライト センサー搭載 屋外照明/軒先/壁掛け/庭先/玄関周りなどのライト 夜間自動点灯を購入しました。
楽天では・・・なんと銅製品はみつかりませんでした。

IMG_3052.jpg

箱の中から出てきたのは以前ご紹介したものと同様に本体と説明書と固定ネジ。と言っても説明書に日本語がないため、そちらはスルー。

IMG_3074.jpg

何はともあれ付け方は簡単なので、早速玄関前にくっつけてみました。
こうなると、夜が来るのが楽しみだったりするから、子供だなあと思いつつも・・・楽しいものは楽しいのです。それが僕がオカリナに誓った生き方だから。・・・そうですこのブログはオカリナ奏者のブログなんですよ(普段は・・・)
以前のものは別の方向を照らすようにして、これで家に近づく際と玄関に向かう際の両方で照らしてくれます。防犯にも良いと思いますが、僕の場合キャリーや白杖(雨の日は傘)を持って夜帰ってきたときに本当に助かるんです。

このライトにはモードが3つありました。
ひとつは常時点灯モード。ソーラー充電が尽きるまで、最大の明かりで点灯し続けます。やったことないのでどの時間持つかは不明。
次は常夜灯モード。依然ご紹介したライト同様に普段は常夜灯として薄暗く点灯し、センサーが反応すると最大で一定時間輝くというモードです。僕はやっぱりこれにしました。
最後はセンサー反応時のみ輝くセンサーモードです。防犯モードとでもいうべきでしょうかね。あっモードの名前は僕が勝手につけてます。

IMG_3076.jpg

早速常夜灯モードで以前のライトと仲良く照らしています。そこに近づくと・・・。

IMG_3077.jpg

おやっ?以前のライトだけセンサー反応。もうちょっと近づいてみます。

IMG_3078.jpg

あっようやく反応。というかまぶしい!それと驚いたのは下の草たちが結構鮮やかな緑色に見えますね。
以前のライトより明るさに加えて自然な色合いにも魅せてくれるようです。

それから驚いたのは、中の充電池がネジを開けると取り出せるようになっており、電池交換ができるという魅力があるそうです。
課題としては今のままでは、玄関の前に立っても反応してくれないようなので、少し設置方向を工夫する必要がありそうです。前のものよりもセンサーがシビアに設定されているようですね。その分虫やちょっとしたことではやたらついたりしないので、落ち着いた性格ともとれます。

以前のものより500円割高な製品ですが、それに見合うものは持っていると感じた製品でした。
エコですし、こちらもおすすめです。というわけで、例によって愉快なソーラーライフをお過ごしください。あっ冒頭の言い方はエネルギーライフだった。

本当に、太陽は偉大です。先ほどから何度も触れている以前書いた記事はこちらです。
posted by えんじろう at 09:10| Comment(0) | Archive | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください