2017年04月25日

昭和のフォークソング

久しぶりに、動画の新規アップでございます。今回作ったのは「昭和のフォークソングメドレー」懐かしいフォークソングの名曲たちを、5曲ピックアップして制作。


動機は先日床屋さんに行く直前、ずいぶん髪が伸びたなあと思いながら、ふと脳裏をよぎったあのメロディー・・・。
「僕の髪が、肩まで伸びて、君と同じに・・・」
あれです。

そして気が付いたら関連するフォークソングが次々と頭の中を駆け巡りだし、製作開始。床屋さんに予約している前日にぎりぎり収録を終えて、そこから編集作業をしていました。
練習しているときから、何度かじ~んとしそうになったりして、歌詞の力とそれを後押しできるだけのメロディーの力というものを感じさせられました。かぐや姫の曲も大好きですが、河島さんの曲も重さと自分のちっぽけさを思わされる感じがして好きです。

今回背景にはすべてお手製の写真を使いました。どれも僕の住んでいる庭の植物たちの花なのです。逃げない被写体を数打って当てた小さな妖精たちの大きな姿をたくさん取り入れました。

中には「雑草」と人の都合で片付けられる草花もたくさんある。でもそんな雑草的立場にたって生きざまをうたっているのがフォークソングなのではないかと考えています。
タンポポの綿毛なんて、本当に芸術作品に見えました。自然の芸術って素晴らしいですね。

ぜひ素朴な世界を共感していただけたら嬉しいです。えんじろうも音心も、この気持ちでいつも活動しています。ぜひ一度会場で生音を聞いていただけたら嬉しいです。

右側のライブスケジュールから、今後のコンサートもぜひお楽しみに・・・。
posted by えんじろう at 20:46| Comment(0) | Real Time | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください