2017年05月18日

何のために吹く?

昨日演奏案内のメールを一斉送信しました。演奏予定がつらつらと並んでいること、感謝するべきことだと思います。

IMG_20170518_013109.jpg

「この月はなぜ光っているのだろう?」
「それはね、太陽が輝いているからなんだよ。」
自問自答してみる。

「この月は、どうして光る必要があるの?」
「それはね、太陽が道を誤ってもすぐに気が付けるようにだよ。」

なぜかそんなメッセージが流れ込んできました。
僕は何のためにオカリナを吹く生き方をしているのだろうか?

色んなことから逃げてきた結果なのだろうか?
昔のブログ記事をご存知の方なら、そう感じる僕がいることも納得とおっしゃるかも知れません。確かに歩みの流れを見れば、その気持ちも少しはあったと思う。

たとえそういう気持ちもあったにせよ、そのおかげで今があるのは事実。
オカリナの素晴らしさを全身で感じ、それに対する感謝をする生き方は本当に本当に尊く素晴らしい生き方になっている。自分の人生がこんなにも明るいものになることなど、中学生の自分には考えたこともなかった・・・。

ところがどうかすると、闇の時代から今が生まれたことを忘れそうになることもあるのです。
今が明るすぎて、それが奇跡の上でようやく立っている状況であることをうっかり見失いそうになることが・・・。
今を「当たり前」と感じた時、僕は終わる。僕の演奏の価値はなくなるから・・・。

IMG_20170517_115136.jpg

IMG_20170517_115011.jpg

昨日講師活動の帰りに道端でみつけた紫陽花のつぼみたち。君たちはどんな色で咲こうと思っているの?
今までは紫陽花の場所を意識しなかったので、こういう光景を見ることができませんでした。今この光景を見せてもらえたことも、意味はあるはず。僕は咲いているとき以上にこの時の姿が惹かれるようにも思いました。
何にでもなれる時期。無限の可能性を信じて希望に満ちている時期。すてきだなあ。

僕は太陽ではなく月がいいです。オカリナという太陽の光を受け、オカリナの素晴らしさをそっと(でも着実に)伝える存在でいたい。
そのために、しっかりオカリナの放つ1音1音を聴いて感動しながら吹くようにしますね。これからもオカリナ第一主義は変わりません。

明後日からのコンサートも、ぜひお楽しみに。
posted by えんじろう at 15:33| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください