2017年06月07日

音心の演奏から俳句が

先月音心で演奏させていただいた場所で、聴いて下さっていたお客様が素敵な俳句を作ってくださいました。

短夜や オカリナの音 透き通る

「短夜や」は夜が短い季節ということで季語になるのだとか・・・。音心の演奏を題材にして下さるなんて、とても幸せなことです。

IMG_20170501_205247.jpg
こちらは当時頂いた花束の写真。

音心の音を聴いて下さった方が、様々な角度で楽しんで下さる。歌詞のない音楽を扱うからこその出来事のように思い、とてもうれしい気持ちでした。

IMG_20170501_195721.jpg
改めて、楽器への感謝を感じます。
ラベル:俳句 演奏 感想
posted by えんじろう at 21:13| Comment(0) | Real Time | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください