2017年07月10日

宗次郎さんの生音

報告したいことがたくさんあります。えんじろうは土曜日、りょうこさんと共に神奈川県藤沢市に行って参りました。

IMG_20170708_074909.jpg
IMG_20170708_074459.jpg
目的はこちら。あのオカリナ奏者宗次郎さんのコンサートでございます。

先日千葉さんから教えていただき、大急ぎで購入したのです。なんと宗次郎さんの生音でのコンサートということで、かなりの期待をもって購入しました。

IMG_20170708_121124.jpg
最近ずっと2食の生活を続けているえんじろうですが、この日はちょっと贅沢にお昼なんぞを頂いちゃいました。
実は朝から鈍行乗り継ぎだったため、ちょっと疲れていたのもありました(何やってんだか?)

IMG_20170708_134029.jpg
IMG_20170708_134045.jpg
藤沢駅から歩いて15分ほど。会場の藤沢市民文化会館に到着しました。

IMG_20170708_135013.jpg
ここでFifty-Fifs集合(笑)千葉さんと合流して、いよいよコンサート会場へ。

でも僕が手に入れたチケットは、本当に後ろの後ろで横っちょでした。千葉さんはかなりの前のお席ということで、これは好機と、後で聴こえ方を意見交換することになりました。こういうのはうれしいですね。
いよいよステージの幕開け・・・。とその前に、驚いたのは今回のプログラムのようなものが一切渡されなかったことです。何を行うのか、まったくわからない中での宗次郎さんのコンサート。これはもう期待が膨らみます。

宗次郎さんをはじめ、ピアノ・バイオリン2名・ビオラ・チェロ・ハープという編成でした。リズム体がいない分、それぞれの生楽器の歯切れがどう聴こえるのかわくわくでした。
そして僕の位置は本当に見上げれば頭ぶつけそうなほどの天井の近さ。後ろは1列あって壁という場所です。なんか工事現場の足場の上のような感覚で前のいすが自分の膝よりも低く、身を乗り出したらダイブしそうな雰囲気でした。

宗次郎さんが登場したらまずソロで1曲・・・。内容はこれ以上細かく言わないようにしますね。
オカリナの音が会場に響き渡ります。

最初はちょっと音が遠いかなと感じました。でもそれは2曲目くらいから不思議なくらいに感じなくなっていったのです。
そして気が付くと生音とは思えないほど、それぞれの音を間近に感じられるようになってゆき、それが本当に不思議でなりませんでした。いつぞやの「原典譜に基ずく演奏」のコンサートを拝聴した時以来、本当に聴き方のチャンネルを切り替えたい方に向けるだけで、それぞれの楽器の鮮明な音を切り替えて聴けるというほどです。

でも本番中にどれだけ疑ったことでしょうか?
「これ本当に生音のみなの?」と・・・。
宗次郎さんのオカリナのビブラートで揺らめくオカリナの音色までが、くっきり聴こえてきます。

そして愕然としました。

僕はまだ、オカリナを知らなさ過ぎたと・・・。「オカリナは空間を味方につけられる楽器」それは自分も感じてきたことで、人にも何度となくいったことがあります。でもその底力がここまであったなんて・・・。もう本当にオカリナにごめんなさいという感じになりました。
まだまだオカリナのことを信じ切れていないんだ。もっと頼ってもよい存在なんだ・・・。それを思い知りました。

IMG_20170708_180245.jpg
そして今回の宗次郎さんのコンサート。今まで聴かせていただいた中で最高に幸せだったのは、僕が本当に中学時代から癒され続けてきた「木道」というCDアルバムからの選曲がたくさんだったこと。
それをまさか生音で、それも当時と変わらぬ・・・どころかさらに年期の入っている宗次郎さんの音色で聴ける・・・。ついそのCDにすがっていた時代を思い出し、何度も涙が垂れてきました。

IMG_20170708_180258.jpg
その時だけ「君はここにいていいんだよ」というメッセージを感じて穏やかになれたあのころ。
僕はこの音に救われ続けてきたんだ・・・。そんなことを思い出したひと時でした。宗次郎さんもお話の中で何度となく楽器への暖かな気持ちや「感謝」という言葉を口にされていました。

僕の今やっていることは、間違ったことではない・・・。僕はオカリナを作ることはできないけど、この楽器を尊敬し感謝し続けることだけは、これからもずっとささやかに続けていきたいと改めて感じました。
穏やかな気持ちで聴けるオカリナ。僕はやっぱり「それがいい」と思いました。

帰りに千葉さんとお話したりして、僕の席はビジュアル的には結構厳しい場所でしたが、音響的には以外にも良い場所だったということがわかりました。
ピアノやハープの音が、かなり鮮明に聴き取れていました。奏者の腕はもちろんのこと、音の調整やお客さんの量や会場の響き、すべてが交わっての奇跡の結果なのだろうなあと思うと、この場だけの音楽会を満喫できた気分でとても幸せになりました。

・・・音は上に上がるのだとか。本当に良い経験をさせていただきました。何よりも「勉強」ではなく「癒されたい」から聴きに来たコンサート。ちゃんと目的が果たせて本当に良かったです。

IMG_20170710_103902.jpg
更に・・・。

IMG_20170710_103912.jpg
IMG_20170710_103930.jpg
この日買った宗次郎さんの40周年のCD。大好きな曲たちが今回と似た編成で再収録されており、最高に幸せな余韻も頂けました。贅沢な時間でした。

千葉さんのブログでも、今回の記事が書かれております。ぜひご覧ください。この日の感動を持ちながら、15日の成田も頑張りたいなと思いました。
posted by えんじろう at 10:42| Comment(0) | Episode | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください