2018年02月11日

報告 もとカフェ

皆様こんにちは。

間に1日挟んでしまいましたが、満員御礼で無事終了できましたもとカフェさんでの音心初のコンサート「Valentine Live 恋と愛 どちらがお望み?」のご報告させていただきます。

IMG_20180209_171716.jpg
もとカフェさんに向かったのは日が傾き始めた17時ころ・・・。

IMG_20180209_173156.jpg
IMG_20180209_173200.jpg
道が混んでいて多少はらはらしましたが、無事到着。お店の前にはフライヤーを大きく立てていてくださいました。ありがとうございます。

IMG_20180209_182138.jpg
いつも聴きに来てくださる方々は早々に駆けつけてくださり、我々も準備を急ぎました。

IMG_20180209_182201.jpg
IMG_20180209_183148.jpg
この日は生音での演奏だったので、準備自体はそれほど時間かけずに済みました。オカリナのダイレクトの音を、大変間近な位置から見ていただける機会です。

お店の響きを確かめて、改めてここで演奏できることを喜ばしく感じました。最初は少々心配をしていたお客様がいらっしゃるかという不安も、事前のご予約をしっかりしていただけたおかげでほっとして、演奏のことに集中できました。
いよいよスタート。僕は見えないところから吹きながらの登場でしたが、お客様の間を一直線での移動なので割と安心していました。

27939205_2120894151466760_659562142_n.jpg
27907235_2120893844800124_1603612879_o.jpg
この日の演奏写真は足をお運びくださったSさんからご提供いただきました。感謝です。
この写真で手にしているオカリナが、箱に入れる瞬間ちょっと箱の淵に当たってしまいました。一瞬ドキッとしましたが、傷ひとつなく安心・・・。本当に用心しなくてはと反省しました。

この日は「愛・恋」に因んだカバー曲を中心に演奏。よく知られている曲も、音心アレンジにしつつお楽しみいただきました。
もとカフェさんの空間はシンプルな縦長空間。そして天井が高いという特徴があります。おかげでお客様が入ってもその上空を適度に音が飛び回れて、均等に届けられる。とてもオカリナにはうれしい空間でした。でもお客様が少ないとちょっと響きすぎると感じるので、本当にお客様とともに実現した今回の音響だったのだろうと嬉しく思いました。

IMG_20180209_205138.jpg
演奏後にりょうこさんが食べていたものは、この日のためにマスターがグランジュテのいう入野のケーキ屋さんに頼んで作っていただいたオリジナルなのだそうです。

IMG_20180209_205202.jpg
演奏後にいただいたマスターのコーヒーは、少し酸味が効いている感じがして、それが演奏後の自分には甘さを連れてくる感じでなんかとてもほっとする味でした。
本当にコーヒーの味って、つい先日まではちんぷんかんぷんだったのですよ。何かを感じられるようになることは、幸せなこと。コーヒーの味って(オリジナルのブレンドだからかな?)その時々で違っている気がして、人の感情と同じなのかなって。だからその日の味はその日しかないもの。お茶もそうか・・・。

IMG_20180209_205154.jpg
こちらがそのケーキです。

IMG_20180209_234410.jpg
そしてこの日のただいまのオカリナは意外と少数。でも自分ではもっと減らしたつもりでしたが、それでも10本いたのですね。ホールコンサートは別として、小ぢんまりしたコンサートではこれからはオカリナを少数精鋭にして、なぜ選んだかというのと絞ることでその個体の個性を自分もお客様にもくっきりお伝えしたいなという思いからです。
あまりしゃべりませんでしたが、これからのおしゃべりはそこも更にじっくりと突っ込んでいこうかなって思います。

IMG_20180209_224956.jpg
IMG_20180209_225008.jpg
演奏後はジョリーバスタで下記のスープパスタと贅沢三昧!滅多にないことですから、滅多にない感動を味わえるわけです。幸せでした。
ほそぼそではありますが、夢に描いたことを「愛する楽器と生き続ける」ということをやっています。そんな甘っちょろい生き方が許されるわけないと、悔しさと嫉妬を込めてバカにすらしていた時期もある僕が、それをしているんですから・・・。

IMG_20180209_173156-COLLAGE.jpg
本当に感謝ばかりです。準備にお力をお貸しくださったもとカフェさん、カフェをいっぱいにしてくださったお客様方(お友達をお誘いくださった方もたくさん)、良いライブに仕立ててくださって本当にありがとうございました。
posted by えんじろう at 11:47| Comment(2) | LIVE Report | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もとカフェでの演奏、聴かせていただきました
真面目で、正直で、誠実な音色でした
こんな生き方がしたいなあと思いました
そう思いながらも現実は建前やら虚栄やら
いろいろの世界で
生きていかなければなりませんが。
オリジナル曲のセリフの声が楽器に
ぴったりあっていて、楽器みたいでした
壮大さを感じました
行ってよかったです
ありがとうございました
Posted by 木村 at 2018年02月12日 21:19
木村様 コメントありがとうございます。

今の生き方ができていることには、本当に奇跡の感謝を感じています。僕は元々自分のことを認めることが悪だと思っていた時期があり、今の真逆のような心境で生きていましたから、余計にそれを感じています。

「声が楽器みたい」というお言葉、なんだかうれしいです。
また是非足をお運びください。ひとときでも現実と離れ特別な時間になるよう、我々も務めますね。

ありがとうございました。
Posted by えんじろう at 2018年02月12日 22:58
コメントを書く
コチラをクリックしてください