2018年05月01日

報告 B-flat

皆様こんにちは。月まで変わってしまいましたが、先月末に行いました半田山の「Jazz in B-flat」さんでのコンサート報告をさせていただきます。

IMG_20180428_160104.jpg
実は直前まで予約状況が今ひとつで、あれこれ悩みながらの会場入りでした。
でももう当日に我々ができることは、来てくださった人に「来てよかった」と言っていただけるようにすること以外ありません。
午前中のうちに会場入りして、マスターと意見を交換しつつ、今回の「音響をふんだんに使った」に見合う音作りにいそしみました。

調整が整うと、何となくほっとできて、気分もコンサートモードに切り替えられるようになっていきました。
今回は残念ながら演奏関連のお写真はありません。来てくださったお客様の脳裏に写していただきました。

演奏はゆったりとした曲を中心に秘儀機で伸びた音で和音ができる瞬間というのを大切に進めてゆきました。
ピアノソロではりょうこさんが尊敬するピアニストの曲をお届けしたり、僕もオリジナルのオカリナソロをやったりしました。

このオリジナルのオカリナソロは、実はずっと昔に初めて演奏して以来、長らく封印していたものでした。場面と場所を考えれば、これからまた挑戦していってもいいかなと思える感じでした。

IMG_20180501_162214.jpg
IMG_20180501_162240.jpg
ただいまのオカリナの中でも、下の写真で近くにあるオカリナが、この日の活躍オカリナ。
久しぶりのイタリア製Menaglioが活躍しました。どうもB-flatの音響との相性がよさそうです。更に左隣の白馬のオカリナも、響きとの共存でのソロ演奏で大活躍してくれました。

音心は2人だけのユニットだけど、素晴らしい楽器たちのおかげでいろんなことができています。本当に自分たちを生かしてくれる楽器に感謝しています。

初めてお越しくださったお客様もおられ、我々のことを知っていただけて感謝でした。
お越しくださった方々、聞いてくださった皆様に感謝いたします。
posted by えんじろう at 16:45| Comment(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください