2018年06月01日

練習は裏切らない

今日はまた電車に乗ってレッスンに行って参りました。

「練習は裏切らない!」
これはりょうこさんの受け売りなのですが、今日のレッスンでは本当にそれをまじまじと見せつけられるものでした。

僕のレッスンは基本は甘いとは思っています。
相当なことがない限りは「怒る」ということはしません。多分僕が怒っているつもりでいても、実際はそのように伝わっていないこともあるかもしれません。
だから優しいのかと思いきや、生徒さんに言わせると「きついことを言うこともある」とのこと。

話がそれましたが、だから僕は基本的な「練習しなさい」という台詞はあまり言っていません。
生徒さんは皆大人ですし、練習したくても忙しいんだから仕方ないのだろうと思っています。

でもある生徒さんが今日ものすごく上達しておられました。音を聴いてすぐにそれはわかることでした。
自信が音にあふれている。自信といっても「できる自信」とは別で「練習してきた」ということの自信。表情も輝いておられるように思うほど、生き生きとした雰囲気で、よくある「先生練習できませんでした」のときとは別人のよう。

りょうこさんが言っていた言葉の意味を、強烈に実感した瞬間でした。
そしてそういうときには生徒さんも本当に楽しそう。受け身から積極的に変わっている。こういうときにはまた一段と先に進む感じがしました。
人間だからいつもそういうふうにはならないのだと思いますけど、こういう日があると、また改めて頑張ろうって思えますね。そしてレッスンしていてよかったってすごく思いました。

やっぱり何がって、楽しそうにオカリナを見ている姿が、皆さん最高ですね。
オカリナの集いはぜひそんな空気で満ち溢れているといいなって思っています。
posted by えんじろう at 21:51| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください