2018年08月01日

心と体と庭の草取り

今日から8月になりました。まだまだ夏真っ盛りで蝉たちも必死に歌っています。
先日庭の窓に、こんなお客さんがいらしてこっち見てました。

IMG_20180729_162728.jpg

IMG_20180729_162807.jpg

近くで写真を撮ろうと近づくと、あれいない・・・。どうやら少しずつ柱の陰に横移動していたらしく、思わず「忍者か?」とツッコミしたくなりました。

えんじろうは仕込みが続く日々を送っています。年末に迫るFifty-Fifs、また新たな楽しみがたくさんございます。
おとといの早朝、ふと思い立って庭の草を刈りました。

IMG_20180730_060713.jpg

IMG_20180730_085655.jpg

暑いし蚊はいるしで参りましたけど、刈っている間は無心に近づいていくようで心が洗われます。

IMG_20180730_060720.jpg

IMG_20180730_085704.jpg

眼の前の名のない(知らないだけ)草をひたすら刈ってゆくのは、最近は罪の意識を感じにくくなりました。
抜くのではなく刈るということなら、命を奪う行為とはちょっと違うんだから。庭という頭を散髪しているような、床屋さんの気持ちに思うようになってきました。終わった時の姿を想像して、無心に目の前の草を刈り揃える努力をする。

IMG_20180730_060657.jpg

IMG_20180730_085623.jpg

そうして終わってからこうやって見比べると、なんだか幸せになる。これだけで十分。これで幸せを感じられる今が、本当にありがたいことだって思います。
おひさまに向かって無心に伸びる植物たちも、似た気持ちなのではないかって思うことがあります。そんな気持ちでできた曲、またお届けする機会を作りますね。
posted by えんじろう at 09:06| Real Time | 更新情報をチェックする