2018年10月02日

心強い電池式ライト

はい。皆様大変ご無沙汰になっておりますが、快適なライトライフをお過ごしでしょうか?
今回は台風から起こった停電の際に大活躍してくれた灯りをご紹介いたします。いざというときばかりか、普段から頼りになって遊び心も刺激してくれるすぐれものです。でも嫌味もないところがまた良い。

IMG_20181002_193508.jpg

こちらはだいぶ前に購入した商品でしたが、今でも販売されているようです。
商品は「アイリスオーヤマ 屋内 LED センサーライト 昼白色 乾電池式 ウォールタイプ BSL40WN-W」というもの。
僕はAmazonからこちらを購入しました。2個セットですが楽天ではこちらがありますよ。

IMG_20181002_193604.jpg

短めの蛍光灯のような形で、その灯りも昼白色なんて言いながら割と優しい色合いです。
特徴は多彩な点灯モード。左から「OFF」「常時最大点灯」「オート節約点灯」「オート最大点灯」と並んでいます。
スイッチ切り替えなので突然の暗闇でも問題なく選択できますね。モード名は勝手に僕が命名しています。

IMG_20181002_193517.jpg

裏面の左右にある銀色のはマグネット(しかも結構強力)
これで100グラムある自身をしっかり保持できる磁力を持っています。

IMG_20181002_193524.jpg

中央に電池ボックスがあり、単3形電池を3本入れます。僕はエネループで充電できるようにしてあります。

IMG_20181002_193627.jpg

そしてすごいのが両面テープ付きのホルダーが付属すること。これをこんな感じに階段にセットして、そのホルダーは磁石になっているのでしっかり支えられます。

IMG_20181002_193427.jpg

ちょっとカメラの明るさ感度上げて盛ってます(おいっ)が、暗い中ではこんな感じに頼もしく見えますよ。

IMG_20181001_210554.jpg

磁力は本当に設置の範囲を広げてくれます。
こんな風に余ったマイクスタンドが電気スタンドに早変わり。
冷蔵庫や洗濯機の壁、電子レンジの壁など平面があって磁気で着くところならバッチリくっつけられます。

IMG_20181001_210510.jpg

実際の明るさはこんな感じかな?停電でこの明るさは意味があります。
でもそれ以上に、結構広い範囲に灯りを届けてくれるところが素晴らしいのです。

IMG_20181001_210641.jpg

洗面所もひとつつけるだけでこの様子。まあ壁が白いこともかなり影響しています。

IMG_20181001_174021.jpg

外は真っ暗ですが僕の目でも、この明るさで十分調理できました。

IMG_20181001_172625.jpg

なんと調理台の銀色のところも磁力でぺったんできたので、本機を総動員してみました。

IMG_20181001_210834.jpg

テーブルの4つの柱にセットしてみると、これまた幻想的(上は暗いけど)

とにかくちょっと遊びも入っていますが、このセンサーライトとエネループのコンボがあれば、停電が来ても心のゆとりがかなりあると確信しています。「オート節約点灯」では、暗めの発光ですがかなり長持ちしますよ。最後に

IMG_20181001_210451.jpg

こちらはズボンのベルトで本機を縛り付けて、装備状態で移動しているときの写真です。
これならライト1本で自分が見ているところだけを効率よく照らしてくれて、手も空く最高装備です。
何気に普段はいつも使う階段の保安に努めてくれているので、電池交換を忘れることもありません。いざとなったらありかを忘れることもないですし、目につくところにあっても存在感が強烈ではないのでとても自然に見えます。本当に頼もしいライトです。ぜひお勧めします。

というわけで、皆様快適なライトライフをお過ごしくださいね。
posted by えんじろう at 20:13| Archive | 更新情報をチェックする