2019年01月04日

間違いのない生き方

アメーバーは全ての方向に義速を伸ばし、進もうとしている。あらゆる方向に対する可能性を絶えず試みている。
その結果出た答えに対して進んでいるだけのことである。

そんなことを考えてみると、我々が道を歩もうとして失敗をし断念することは、非常に小さな出来事の一つでしかないということに気づく。
この道は失敗だ、この方向は間違いだった。だからといってその先の全てが閉ざされてしまった訳ではないのだ。この道がダメだったということを知ることができたのだ。

こんな簡単なことに、どうしても僕はなかなか気がつけなかった。いや、今でも頭の中で気がついた気になっているだけかもしれない。

それでも事実は一つだけ。
アメーバがひとつも間違いなく生きていたとしたら、その姿は棒の形になっているはずなのだ。
posted by えんじろう at 10:42| Real Time | 更新情報をチェックする