2019年05月10日

山梨遠征報告⑥ 一休みの日

5月4日はここまて続いていた演奏がひとまず中断。
1日休憩の日としていました。

IMG_20190504_110219.jpg

移動中に道端で見たのが「ヤグルマギク」という植物。

IMG_20190504_110208.jpg

IMG_20190504_110255.jpg

IMG_20190504_110129.jpg

とても美しく見えたので、夢中で撮りました。この日は携帯の進化によって僕の目では見られないと思っていたものがたくさん見られる感動を味わった日でした。

IMG_20190504_121220.jpg

IMG_20190504_121251.jpg

こどもの日が近いので、鯉のぼりの谷渡し(勝手に命名)も見られました。
なんと5列あるそうです。

IMG_20190504_130101.jpg

IMG_20190504_133729.jpg

そして向かった先は、3分の1湧水というところ。なんでも昔々、3つの部落に水源を均等に行き渡らせるために石を置いてどうのこうの・・・。という場所だそうで、とにかく人気が少なく水の音が聞ける場所という僕の希望で向かいました。
人前で演奏する生業なのに、未だに人気の多いのは苦手・・・。続くと疲れてしまうのです。

IMG_20190504_133720.jpg

IMG_20190504_133830.jpg

ここでも桜に出会いました。おそらくこれで今年は最後のさくらでしょうね。本当に今年は桜に恵まれていた年でした。

IMG_20190504_134141.jpg

とても立派な木が2本寄り添って立っていました。
良きライバルと言うよりも共に生きているかのようで微笑ましい。興奮して指が入っていますね(笑)

IMG_20190504_134045.jpg

足元にはこんな花も。

IMG_20190504_134530.jpg

IMG_20190504_135206.jpg

かなりの水量の湧き水が、数本に別れた後の1本です。それても結構な水量で水もきれい。

IMG_20190504_143459.jpg

IMG_20190504_150744.jpg

その後はりょうこさんが狙っていた喫茶店に入りました。
塩麹のたまごサンドというのが僕には大ヒット。すごく美味しかったです。お店の人のお客さんへの配慮も素敵でした。

このあとはどうしようかと言っているときに、りょうこさんが面白いところを見つけてくれました。
リードオルガンミュージアムというところ。早速移動です。
すると不思議な事に、目的地が近づくに連れてお天気がすごいことに。
オルガン美術館は見事に真っ黒な雨雲と雷鳴の轟く中に佇んでいます。

IMG_20190504_153337.jpg

古い例えですが、これ世にも奇妙な物語なら絶対奇妙な世界の入口!金田一少年の事件簿なら絶対事件現場となるのでは・・・。
でもそこはまるで夢の空間でした。

ものすごくたくさんあるリードオルガンを、自由に見て触れて奏でて良いよという場所。
僕にとって楽器を見ることには大した価値がありません。でもそれが触れるとなると100倍以上価値があること!音が出せればその楽器が出せる音量や本当の響きと部屋で追加されているひびきの違い、条件による音色の違いまで全部を感じることができるから。
それでようやく「楽器を見た」ことになると思うのです。

そしてオーナーのご夫婦のとても穏やかなお人柄とご主人の愛情の伝わる演奏から、ちゃんと「このオルガンたちはここに来て本当に幸せなんだな」と思いました。
演奏を聞かせて下さった後におっしゃっていた「もっともっとこのオルガンたちを研究して弾いてくれる人がいたら・・・」という言葉が、とても心に残りました。オカリナもそうですが、やっぱり使う楽器の(その個体の)ために吹くというのは、とても大切ではないかと思うんです。
オカリナのことをまず知ろうとして、そしたら今度は出会ったオカリナ個人個人の長短含めて感じようとして、その個体の一番気持ちよく歌えるところを探そうとする努力!僕は今でもそれをやり続けられているだろうか?つい調子に乗って他の管と同じ扱いをしてしまったりしていないだろうか?

そんな風に振り返ることができただけでも、ここに来ることは必然だったような気がしました。りょうこさんが見つけてくれたのも、お天気がこうなって帰る頃には虹が出るほど回復したことも、全部全部・・・。

IMG_20190504_194323.jpg

ここは道の駅こぶちざわというところ。ここでまたすごい光景に出会いました。

IMG_20190504_210552.jpg

IMG_20190504_210741.jpg

IMG_20190505_003753.jpg

僕は生まれてからこの光景を肉眼で見たことはありません。元々その力はありません。
だから実際にこういう光景が広がっていると言われても正直信用していませんでした(笑)

それがスマホのカメラを車の上に置き、1分くらいシャッター開きっぱなしにする撮影をしたらあ~ら不思議。
本当にこういう光景があるんだ!と驚き感動しました。多分ちょっと前までの機種ではこれは撮れませんでした。実は何度も挑戦しているのです。だから余計に嬉しかった。

山梨遠征の旅も次回がラスト。
posted by えんじろう at 13:38| Diary | 更新情報をチェックする