2019年07月16日

ブラウザ難民その2

僕のブログをご覧下さっている方なら、もう知っているよと言われてしまうかも知れないのですが・・・。
皆さんは普段無意識に使っている「ブラウザー」というプログラムをご存知でしょうか?

IMG_20190716_164044.jpg

要するにインターネットを見るためのソフトということになります。
このブラウザーというソフトは色んな会社が作っているのですが、少しずつ機能や能力が違ってそれぞれ特徴を出して使ってくれる人を増やそうと努力しているわけです。
そしてえんじろうは、最近いろんな会社のブラウザーソフトを渡り歩く羽目になっています。

つい先日まではGoogle大先生の「Chrome」というソフトを使っていたのですが、
しばらく前から上の写真の右側にある「Opera」というソフトに乗換えました。
そして今日、左にあります「Firefox」というソフトへ・・・。

IMG_20190716_164058.jpg

なんでこんな事をしているかといいますと、実はChromeからOperaへの乗換え記事で触れているのですが、
ブラウザ上での文字入力の際に僕が利用している点字入力が正常に機能しなくなってしまったのです。
具体的にはひらがなで点字入力をして普通の人と同様に変換をしようとすると、それまでは普通にできていたのが最初から確定したひらがなの状態で文字が打たれていて変換ができないのです。

元々Windowsに付いてくる「Edge」というブラウザでは最初からその状態。
数ヶ月前に「Chrome」が最新版にアップデートされたと同時に同様の挙動になりました。
そして今回逃げた先だった「Opera」が昨日のアップデートの瞬間から同じ状況に・・・。
まるで広がる戦火から逃げ回っているような気持ちで先程「Firefox」にしがみついたところです。

僕が全盲なら致命的。新たなソフトの構造を把握し設定したりするのに数日くらいかかるのではないかと・・・。
このブラウザーで漢字入力が不能という状況は、
・漢字を使っての検索ができない
・コメントや意見などを書くのもひらがなしか書けない
・このブログもホームページもひらがなしか書けない
そんな弱視の僕としては悔しい状況になってしまうのです。

今回の「Firefox」に期待できているのは、勝手に最新ソフトにアップデートされてしまう機能をストップできます。ストップと言うかこちらの許可を待ってからアップデートするようにできるのですね。
それから今回のように勝手に不都合なバージョンにすり替わっていたということはなくなるような・・・。

でも本当に気になるのは、バージョンアップで何が変わったら今回のような入力不能に陥るのかというところなのですがね。
今回「Opera」で不都合が起こりだしたのは「バージョンの 62.0.3331.72」へのアップデートからです。
そういうのに詳しい方がいらっしゃいましたら、ぜひ僕でも分かる程度に噛み砕いて説明いただきたいです。

久しぶりに長々書いてしまいました。
失礼しました。
posted by えんじろう at 17:33| Episode | 更新情報をチェックする