2019年10月08日

活動10年間近の実感

こう見えてえんじろうは、オカリナと生きることを始めてから間もなく10年が経とうとしているんです。

そんなえんじろうは、昨日静岡にあります目医者さんに行って参りました。
いつぞやの目の不調のこともあり、目薬の具合もあって診てもらってきたのです。

朝から出発し、バスと電車を乗り継いで2時間ちょっと。
そこから長く待ち時間があり検査あり診察あり・・・。

もうすぐ終わりという頃に声をかけられました。
それは中学生の頃の盲学校の先生。
学校公演の実現にも大変力を貸して下さり、
当時は学部が違ったのであまり話をすることもなかったのですが、
ここにきて〔こんな大人になって〕お世話になりっぱなしです。
見つけて声をかけていただけることが嬉しく、
何だか心が暖かくなりました。

そしてさらに、普通に眼科に来院されていた患者さんから
「えんじろうさんですよね?」と声をかけられ、
これまたびっくりしました。
訪ねてみると、演奏聴いてくださったということ。

本当にありがたいことです。
この活動だけで生きると夢を決めてもうすぐ10年。
どうにかこうにかではありますが、
夢は見続けさせてもらっています。

なかなかパッと開くわけではないですが、
でもまず続けられていることはすごいと感じています。
支えられているんだなあと。
本当にありがたいです。

本日もまたひとつ、演奏のお仕事が頂けました。
ご縁に感謝でございます。

IMG_20191007_153224.jpg

静岡駅からの帰り道、
小学生の頃からここから電車に乗り込んでいた乗り場です。

IMG_20191007_153208.jpg

少しはきれいになったけど、基本的には昔の雰囲気のまま。
同じ場所だと判断できる風景があることは、余計時間の流れを感じられますね。

いつだって「今出せる音を届ける」ために、
がんばります。
ラベル:感謝 お客様 通院
posted by えんじろう at 22:50| Episode | 更新情報をチェックする