2019年11月13日

報告 手打ちそば ハナレ

音心は先日、雨あられの降り注ぐ中天竜にございますお蕎麦屋さん「手打ちそば ハナレ」に行って参りました。

荷物を積み込むのも土砂降りが軽くなった隙きを逃さずに・・・という状況での出発。
数日前から雨予報は出ていたのですが、音心は晴れユニット。
きっと本番にはすっかり晴れて良いお天気になるに違いないと信じて、かなり落ち着いて過ごしてきました。
ですが流石にこの様子を見るに「とうとうお天気の神様が見放してしまったのだろうか?」と思ってしまいました。
実はえんじろうは天候が影響するライブでほとんど雨に降られることがないので、
つい天候が味方している間はオカリナの活動を自然界が推奨してくれているという妄想を立ててしまっています(本人はかなり信じてる)
それだけにこの天気はちょっと自分とオカリナとの道が揺らいだらどうしようという不安すら感じかけました。

IMG_20191111_152115.jpg

IMG_20191111_152308.jpg

ハナレへの道中、こんな景色の中を走っていました。
山には靄がかかり、なんか出てきそうな雰囲気。雨は相変わらず・・・。

IMG_20191111_152246.jpg

ところが会場が近づいてゆくに従って、ちょっとずつ雲が薄く明るくなっていくような。

IMG_20191111_153135.jpg

到着したハナレの上空を見上げると、あっ青空が・・・。
それでも明るくなったり暗くなったりなので、なんとなくソワソワしながらのセッティングでした。

IMG_20191111_153142.jpg

そしてセッティングがだいぶ進んだ頃、いつの間にか辺りから雨の気配が消えています。
あんなにもひどかったのに・・・。

IMG_20191111_171113.jpg

なんて思っていたら、
雨で洗われた空に大きなお月さまが悠々と昇り始めました!

IMG_20191111_171205.jpg

夢中で撮影しましたがピントがボケています。

IMG_20191111_171307.jpg

これはものすごい感動ものでした。
諦めそうになりながらもどこかで信じ続けていました。
そうか、僕はまだオカリナを吹き続けて良いんだな。
そんな風に思えてとても幸せな心になりました。

IMG_20191111_180911.jpg

そしてこの日は数年ぶりに再会となりました「ニマメキャンドル」さんが、
自家配合で作られた素敵なキャンドルでステージを彩ってくださいました。
とても幻想的です。

それではここで、まずアンケートの「今日のコンサートを漢字一文字で」の集計結果からご報告です。
燈灯 和和
月灯 優しく燈す 命の和
癒やしの土音 情と涙と安らぎ満ちて
何となく、頂いた感じを組み合わせるとこんな言葉が出来上がりましたよ。
今回は殆どかぶらなかったのがまた面白かったです。
いつも暖かくなる漢字を下さり、本当にありがとうございます。

IMG_20191111_175857.jpg

IMG_20191111_175739.jpg

起こし下さったお客様は、まずこの光景に感動されることでしょう。
そう思うだけでなんだか嬉しくなってきました。

IMG_20191111_175836.jpg

IMG_20191111_172724.jpg

キャンドルも数種類あり、そのセッティングの仕方がまた素敵。
こういうのもやっぱりセンスなのですよね。
お客様もお出でになり、まずはハナレのお蕎麦をご堪能されていました。
この日は特別メニューですが、そのメニューを2種類から選べるという嬉しい計らい。

音心は空腹と演奏への思いを戦わせつつ、本番を待っています(笑)

この日のお写真は、駆けつけて下さった音心後援会のS氏ご提供。感謝致します。

まずはこの窓の後ろに待機して、
りょうこさんが窓を開けるのを合図に1曲めスタート。
最初は完全なアドリブで始めました。

このアドリブは、
実は当日午後に雨が降りしきる中「どうか晴れてくださいますように」と祈りを込めて吹いていた旋律が元。
このときには感謝の気持で吹きました。

S__36683783.jpg

ニマメさんのキャンドルに飾られたハナレの庭はまさに幻想世界。
周辺が山に囲まれているこの場所だからこそ、独特の余韻が響きました。
後から伺った話ですが、このとき鹿の子が急に鳴き始めたのだとか・・・。
僕は吹くことに集中して全然聴こえていませんでしたが、なんだか自然と対話できた気分で嬉しかったです。

S__36683781.jpg

S__36683784.jpg

前半は外に目を向けていただきたい。
「月夜のハナレに音心」がタイトルでしたので、まずは外のキャンドルとお月さまの景色を堪能していただきたかった。
そんな思いから、ニマメさんと相談してキャンドルを2段階点火する作戦を立てました。

S__36683782.jpg

後半はお客様に近い位置に設置してあったキャンドルに点火。そのバックで音心も演奏という試み。
これはなかなか良い感じだと思いました。

今回の選曲は本当にしんみりと静かな曲が多く、景色もかなり薄暗かったので眠くなられた方も多かったのではないでしょうか?
でもこれぞオカリナの癒やしの中枢と思えるような演奏会にできて、僕はオカリナとともにとても幸せでした。
その幸せが少しでもお客様に伝染できたら嬉しいです。

IMG_20191111_223730.jpg

IMG_20191111_224810.jpg

ハナレのお蕎麦は本当に美味しいんですよ。ゆったりしたひと時と一緒に、ぜひたくさんの方に味わっていただきたいです。
今回は休憩中にこんな素敵な柿を用いた創作デザートをご用意下さいました。

IMG_20191111_235345.jpg

帰る頃にはお月さまもすっかり上空。
色も昇り始めとはぜんぜん違うものになりました。
翌日は十五夜。
ただ中秋の名月が十五夜前日でしたから、
案外日本人は満ちる直前のほうが美しいと感じるものなのかも知れませんね。
だから本当に素敵な夜に恵まれて、とても幸せでした。

IMG_20191112_064456.jpg

IMG_20191112_064509.jpg

オカリナたちはこの冬初のカイロ待機で挑みました。
音色調整も良い感じに出来て、お月様の力もあってか最高の音色を出してくれたように思います。
本当に自然そのものの神秘を持っている楽器だなあと思います。

この日のために色々と相談を重ねて下さったハナレ様、
そして急遽再会にも関わらずコラボをして下さったニマメキャンドル様、
ご予約下さった後援会含むお客様、
本当にありがとうございました。

また企画をしようねと盛り上がりました。
きっとまた実現すると思いますので、どうぞこれからもチェックよろしくおねがいします。
まだの方は本当に一度食べてみてくださいね。ハナレのお蕎麦。
posted by えんじろう at 14:29| LIVE Report | 更新情報をチェックする