2019年12月11日

自然の美

ここのところは少し暖かい日が続いており、冬であることを忘れてしまいそうになる日中のひとときがありますね。
皆様は師走のこの時期、何となく忙しくされているのでしょうか?

えんじろうは暇そうに見えて、ちゃんと家で今後のライブの下準備や演奏予定曲の編曲、楽譜の制作、チラシなどのデザインとやることを少しずつ進めておけるように頑張っております。
早くも来年3月のFifty-Fifsに数名のチケットご購入を頂いて、すごく感謝しております。4人用の編曲は初なのでちょっと頑張ってますが、合わせをするときがとても楽しみだなあとわくわくしています。そしてそれを皆様に披露するときが一段と楽しみです。

IMG_20191210_150747.jpg

先日回覧板を置きに行った際に川で見かけたお姿です。
すましているかのような落ち着いた姿は、なんだか格好良いものを感じます。
僕は昔から「鳥」の姿にはとても神聖なものを感じてなりません。この世で一番美しい姿だと思ってます。
そう思いつつ、そのお肉もいただくし軟骨も大好きです。
自分でも獰猛だなあと思いますが、だからこそこの神聖な存在にちゃんと感謝しながらいただこうと言う気持ちだけは気をつけています。

そしてもうひとつ、自然の美しさを感じる写真が撮れました。

IMG_20191210_160617.jpg

まるでハープか何かのようではないですか?
夕日を受けて金色に輝くのはジョロウグモの巣でございます。

IMG_20191210_160918.jpg

ジョロウグモの糸って黄色みがかっているので、なんだかとても美しく輝いて見えます。
引っ掛けられると結構精神ダメージになるのですけど・・・。

IMG_20191210_160857.jpg

地面の草とつなげてある場合は外してしまうことも多いのですが、この巣はちょっと作品として見ていたいなあと思ったひとときでした。
なんだか落ち着かない師走だからこそ、皆様が穏やかでいられますように・・・。
ラベル:造形 自然 師走
posted by えんじろう at 23:19| Episode | 更新情報をチェックする