2007年11月15日

☆ デスクトップを広げよう

このコーナー初登場の記事では、特に僕ら視覚障害者が喜べるかも知れないソフトを紹介させていただきます。
想像してください。良さそうなソフトがあったので手に入れて起動してみた。とりあえず設定してみようと設定画面を開くと、設定画面がディスプレイからはみ出してしまい、OKボタンすら押すことができない…。皆様はこんな経験ってありませんでしょうか?僕は結構あり、視覚障害者の中でも特に弱視の方は、経験があるのではないでしょうか?

最近のパソコンの画面解像度はディスプレイの機能向上によってかなり高くなってきています。解像度が高くなると、より細かな表現ができるようになる。1つ1つの点が小さくなるのだから、高解像度の方が画面を広く使えるんですね。その代わり…解像度を高くすればするほど、文字は小さくなってしまいます。
視覚障害者にとって文字が小さくなることは命取り…。しかし最近では高解像度化が当たり前になってきており、市販ソフトも動作環境の最低基準がどんどん高くなってきています。
解像度を上げずにデスクトップを広く使えたら弱視者にとってこれほど有り難いことはないということで、今回はそんな夢に近づけてくれるソフトをご紹介させていただきます。

ソフト名:Win広場 DL Link
作者様サイト:しめ Link

このソフトはその名の通り、Windowsのデスクトップを広く渡り歩くことができるソフトです。ただし対応しているのはWindows2000,XPですのでご注意下さい。

特にインストールする必要はないので、実行ファイルをスタートアップなんかに入れておくと便利かも知れません。
使い方は簡単!まずは起動します。上で前置きした画面からはみ出てしまうソフトを立ち上げてみましょう。やっぱりはみ出ていますね(ダメジャン)いえいえこれからです。表示が画面からはみ出ている状態でCtrl + Shiftを押してみましょう。押してる間だけマウスカーソルが十字矢印になりませんか?この状態でマウスの左ボタンを押しながら移動すると、画面の領域が移動します。つまり解像度の設定が低すぎて見ることができなかった設定画面などの全貌が拝めるようになるわけです。もちろん手の届かなかったOKボタンだって押せます!

というわけで、これをどんどん活用して目に優しいデスクトップライフをお過ごしください。
posted by えんじろう at 22:53| Comment(2) | TrackBack(0) | Archive | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは はじめまして
ブログで曲を公開している方を探していたら辿り着きました
曲を聴かせていただきました オカリナって良いですよね…
僕もブログで自作の曲を公開しています
よろしければ1度遊びにきてくださいー
Posted by コンポ at 2007年11月16日 16:22
連絡が遅れてすみません。同じ作曲仲間と言うことですね。早速伺ってコメントさせていただきます。
Posted by 遠士朗 at 2007年11月17日 22:30
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック