2020年01月16日

フライヤーを持って施設廻り

お天気に恵まれた昨日、
えんじろうは浜松の施設を回っていました。

IMG_20200113_121059.jpg

FFのフライヤーを各施設毎に振り分けて、役所に持ってゆきます。
浜松市の後援を得てきたので、市内の文化施設全てに配布してもらえます。
浜松市文化振興財団にも後援を得ているため、その施設にも配布。
その中には会場の壬生ホールも入っています。
その際にアクトシティのチケットセンターにチケットを置いてきました。

IMG_20200115_115014.jpg

こちらは市や財団の施設ではないですが、
話したら置いていただけました。

IMG_20200115_125058.jpg

数日後には色んな所でこのフライヤーを目にして頂けることと思います。
また明日以降からは「アクトシティ地下のチケット売り場」と「HCFオンラインショップ」でもチケットをご購入頂けるようになります。
初の試みの直接の「チケット予約フォーム」からも、多数ご予約いただけています。
チケットはこの他「壬生ホール」で直接お求めいただくことも可能です。

A4 Flier_Template 表.jpg

既にご購入くださっている方も多く、今年は今までよりにぎやかになるような気がしてとても嬉しいです。
当日は千葉氏制作のThousand Leavesの試奏・販売も可能です。開場時間を早めにしてありますから、ぜひ見て触って吹いて、えんじろうのオリジナル楽譜とともにご覧頂けると嬉しいです。

詳しくはこちらから、ご来場お待ちしております。
posted by えんじろう at 08:30| Episode | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

哲学みたいなあ

三が日が過ぎました。2020年も残すところ・・・後361日(っておい!)
さて皆様は、これを見てどんな想像をされますか?

IMG_20200104_083725.jpg

この蝋燭の大きさや太さを、
どんな風に想像されましたか?

続きを読む
posted by えんじろう at 10:19| Episode | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

新年のご挨拶

2020年(令和2年)が始まりましたね。
あけましておめでとうございます。

まずは新年のご挨拶などを・・・。

enjiro_NengaUra_2020.png

昨年は23回の単独演奏、46回の音心での演奏をしました。
3年間で自分一人生きる分の仕事に持って行けなければ「諦める」という決意で始まった「オカリナと生きたい」という夢。
親の存在はもちろん、支えてくださる方があるおかげでこうして立ち回らせてもらえています。

それではそんなえんじろうの心の支えにして本命の実力部隊の皆様を紹介します。

IMG_20191229_130548.jpg

この写真は実家に戻る前に事務所の一室でセッティングして撮影しました。
きれいに片付けた(本当は手前にどけただけ)の部屋に運び込むのは・・・。

IMG_20191229_130658.jpg

えんじろうの相棒たち。
本当はもうちょっとゆとりある状態にしておいてあげたいのですが、何分力不足。

続きを読む
posted by えんじろう at 08:00| Episode | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

いよいよ本年も後数時間

2019年が終わろうとしています。
今日は実家の大掃除をがんばっておりました。

窓掃除に始まり家の中のガラス拭き。その後に雑巾がけやら全体の掃除機がけ。
スプレー式の洗剤とワイパーの組み合わせはなかなか便利なものだなあと感じています。

そんな大掃除の中でちょっと寄り道してしまいました。
動画を撮ってみましたので、笑ってやって下さい。


どうしてこんなことに夢中になってしまうのでしょうね。
僕が音楽をやるのは、まさにこの「夢中」になるためなのだろうと思っています。
・・・それにしたってこれ、まったく意味がない行いですね(笑)

本年も応援していただき、本当にありがとうございました。
皆様良いお年をお迎え下さい。
posted by えんじろう at 18:37| Episode | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

自然の美

ここのところは少し暖かい日が続いており、冬であることを忘れてしまいそうになる日中のひとときがありますね。
皆様は師走のこの時期、何となく忙しくされているのでしょうか?

えんじろうは暇そうに見えて、ちゃんと家で今後のライブの下準備や演奏予定曲の編曲、楽譜の制作、チラシなどのデザインとやることを少しずつ進めておけるように頑張っております。
早くも来年3月のFifty-Fifsに数名のチケットご購入を頂いて、すごく感謝しております。4人用の編曲は初なのでちょっと頑張ってますが、合わせをするときがとても楽しみだなあとわくわくしています。そしてそれを皆様に披露するときが一段と楽しみです。

IMG_20191210_150747.jpg

先日回覧板を置きに行った際に川で見かけたお姿です。
すましているかのような落ち着いた姿は、なんだか格好良いものを感じます。
僕は昔から「鳥」の姿にはとても神聖なものを感じてなりません。この世で一番美しい姿だと思ってます。
そう思いつつ、そのお肉もいただくし軟骨も大好きです。
自分でも獰猛だなあと思いますが、だからこそこの神聖な存在にちゃんと感謝しながらいただこうと言う気持ちだけは気をつけています。

そしてもうひとつ、自然の美しさを感じる写真が撮れました。

IMG_20191210_160617.jpg

まるでハープか何かのようではないですか?
夕日を受けて金色に輝くのはジョロウグモの巣でございます。

IMG_20191210_160918.jpg

ジョロウグモの糸って黄色みがかっているので、なんだかとても美しく輝いて見えます。
引っ掛けられると結構精神ダメージになるのですけど・・・。

IMG_20191210_160857.jpg

地面の草とつなげてある場合は外してしまうことも多いのですが、この巣はちょっと作品として見ていたいなあと思ったひとときでした。
なんだか落ち着かない師走だからこそ、皆様が穏やかでいられますように・・・。
ラベル:造形 自然 師走
posted by えんじろう at 23:19| Episode | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

長かった1日

今日は目覚めたときから雨が降っており、何となく気持ちが沈みがちでした。レッスンをするために出かける予定になっており、支度を整えて出発したときには雨真っ盛りの土砂降り。途中で何度も水たまりを歩いてしまい、靴の中がじんわりと湿っている感触で気持ちが悪い。バス停まで後少しという場所で、超大型の水たまりに水没し、靴底からかと思うほど浸水状態になりました。

バスの中ではちょっとリラックス・・・。たいてい眠気が襲ってくるのは駅に着く直前です。例にもれずバスが停まってみんなが降りてゆく様子に焦って身支度をして、バスを降りました。

駅で切符を買い改札を出て時計を確認しようとした時に、事態に気が付きました。
携帯がない!
大いに慌てました。ポケットの中を何度も探り、鞄のポケットやコートのポケットを何度も何度も再確認。でもどうしても出てきません。

バスを降りる直前に、慌てて準備をしながらも携帯で時計を確認したことを覚えていました。バスを降りてから確認するまでの間は、確認しなかったくらいなので1度も触れていません。落としたような感触も音もなかった・・・。
そこから考えるに、バスの中にポケットから滑り落ちてそのまま置いてきてしまった可能性が最も高い。という結論に達しました。
まずはバスのりばまで戻ろう。駅員さんに事情を話すと、どうにかすぐ戻ってくるのなら切符はそのままで良いと言っていただき、バス停に戻りました。

バスの忘れ物コーナーに行き、乗ってきたバスの時間と携帯の特徴を伝え、調べてもらいました。運転手さんが休憩から戻るまで待つように言われ、本当にハラハラしながら待っていました。結果は僕が乗ってきたバスは、僕が乗ったバス停には留まっていないという不可解な返答。もちろん携帯もありませんでした。
係の人とほぼ同時に、前のバスが遅れてきたということかと思い当たり、その線で再度確認してもらいました。ただ既にそのバスは元来た道に引き返してしまっているため、結果はわからずじまい。まずはレッスンを終えて帰りに再び立ち寄ることとなりました。

レッスンに遅れることを伝えようにも電話がない。レッスンの記録をつけていたため、そこにある電話番号をなんとか確認して公衆電話から連絡。
ついでに実家の父にも「僕の携帯から電話がかかってきてお金払え」とか言われたときのために、電話をしました。ところが父は公衆電話からかかってきた電話を怪しいと感じたらしく、全く応答してもらえませんでした(笑)

帰りに再び立ち寄ると、やはり1つ前のバスの椅子の上に、予想通り鎮座していたそうです。

携帯電話には人様の個人情報もたくさん入っていますよね。
そしてそこに番号を預けるようになってから、本当に電話番号を覚えていない。その日のスケジュールや電車の時間など、本当に携帯に頼っていることがたくさんあるなあということに気が付きました。

続きを読む
posted by えんじろう at 22:40| Episode | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

東部へ② 成田山の紅葉

音の種から始まった東部遠征の旅。
実は大きな目的がもうひとつございます。

IMG_20191124_090228.jpg

来年春に行う「Fifty-Fifs オカリナコンサート」に向けての打合せです。
別の予定のあるりょうこさんと別れ、僕は電車で千葉県を目指します。

IMG_20191124_093258.jpg

親切な駅員さんが駅構内の移動をサポートして下さり、
特に問題なく成田駅へ・・・。
お天気は雨がポツポツ状態でしたが、
少しずつ回復に向かっているような雰囲気はありました。

千葉さん方と合流してそういえばこの辺をゆっくり観光することってなかったのではということになり、
せっかくなのでと成田山を散策することになりました。

IMG_20191124_130908.jpg

IMG_20191124_132105.jpg

ちょうど今「もみじまつり」というのをやっているということで、
見に行ってまいりました。
本当に素敵な赤と黄色の世界です。

IMG_20191124_132154.jpg

立派な気だったので一緒に撮影。

IMG_20191124_132435.jpg

水と一緒に写すとなんか素敵な感じです。

IMG_20191124_132609.jpg

IMG_20191124_132644.jpg

そんな池の中には立派な鯉がたくさんおられました。

しばらく散策していると館内放送が
「間もなく二胡の演奏会が開かれます」だって。
ラッキーなことだなあと早速聴きに行ってきました。

なんと無伴奏で30分以上ゆったりとした演奏をしてくださいました。
眠くなる人もたくさんおられたようで、
心地よい音の証拠だなあと思いました。

それにしても、無伴奏で最後までやるということ。
しかもとても堂々たるテンポで心の乱れがないところ。
素晴らしいなと思うとともに、見習うべき部分があるなあと感じました。
きっとこの演奏も今の僕には聴くべくしてということなのでしょうね。

ろうそくに火が灯り、それが消えるまでの様子。
人のいない山の中の鳥たちの会話を表現した様子。
伝統の曲なのでしょうか?
人の心を歌ったものでない曲は僕も作ってきたので、
なんだかとても嬉しいような身が引き締まるような心地で堪能しました。

IMG_20191124_142128.jpg

IMG_20191124_142145.jpg

IMG_20191124_142210.jpg

トンネルを抜けて出入りする成田山は、
それだけで特別な場所に来たという気分になりました。

人の感覚は素晴らしいものがある。
けどその力を発揮するスイッチは結構適当なもの。
全てはきっかけ次第なのかなって思いました。
よく「聖域」という場所は、スイッチを入れるための糸口になってくれる場所のことなのかもしれませんね。

IMG_20191124_142514.jpg

IMG_20191124_142912.jpg

これはなんだろう?

その後は千葉さんの工房にお邪魔して、
Fifty-Fifsに向けての音合わせや打合せを始めました。

IMG_20191124_153310.jpg

そしてこちらです!
またオカリナ仲間が増えました。
五感も心も耳も、たくさん良いことがあったひとときでした。

今度のFifty-Fifsもぜひ、ご期待下さい。
詳細はまたお知らせいたしますね。
posted by えんじろう at 07:52| Episode | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

東部へ① 音の種

なんか久しぶりな気がします。
こんなに「音を聴く」ということをしたのは・・・。

川崎市からこんばんは。
今日は横浜市におりました音心でございます。

IMG_20191123_083342.jpg

朝のうちに家を出発し、横浜へ。

IMG_20191123_092758.jpg

しばらくお天気も良かったのですが、途中からちょっと雲が・・・。

IMG_20191123_093509.jpg

IMG_20191123_093800.jpg

りょうこさんはそんな雲の中でもしっかりと富士山の姿を見つけていて、教えてもらった場所を狙って撮影。
なるほど左に富士山らしき存在が。

IMG_20191123_093942.jpg

こちらもなるほどよく見ると・・・わからん!

IMG_20191123_094727.jpg

こういう景色は結構好きで、何度も試みてようやく成功した1枚でした。

さてお邪魔したのはとあるお宅。
そこには音心のCDが数枚ございます。
そして素晴らしいピュアオーディオの再生環境がありました・・・。

IMG_20191123_164909.jpg

小さい頃にはよく「ステレオ」といっていた覚えがあるのですが、
大きなスピーカと中央にはラックに整然と並べられた機材の数々という光景は、
父の姿を見て結構憧れたりしていたものでした。

続きを読む
ラベル: 横浜
posted by えんじろう at 23:18| Episode | 更新情報をチェックする

2019年11月19日

冬の空気

冬の空気が広がっています。
こころなしか外のヒヨドリたちの声も、
のんびりリラックスの雰囲気から厳しさを感じる鋭い声になっている気がします。
浜松は風も強まってきました。

IMG_20191113_145737.jpg

庭にある山茶花には、蕾がたくさんつき始めています。

IMG_20191113_145717.jpg

これから始まる・・・この姿を見るとなんだかワクワクします。

IMG_20191113_145759.jpg

IMG_20191117_141942.jpg

数日の間にこの状態に・・・。
僕も少しずつでも成長できているのかな?
別に立派でありたいわけではないんです。
ただヒヨたちのように「当たり前のように歌っていたい」のみ。

ただ「あるようにある」って言う言い方を聴くことがありますが、
意外とそれは人間にとってはやりにくいことなのかも知れません。
でも目指したいなあ。
ラベル:自然
posted by えんじろう at 08:33| Episode | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

社長や会長と呼ばれる人達

僕には「社長」だとか「会長」だとか言う人達って縁のない人たちだと思っていました。
とても高い位置に座している人達で、僕ら一般人なんてちっちゃくて見えないような人達のように感じていました。
そうですこれは僕の勝手で卑屈な偏見です。

IMG_20191112_180522.jpg

先日とある会の余興演奏のために、社長さん方がたくさん集まる席で演奏して参りました。
こう言っては失礼かも知れませんが、アトラクション演奏の場というのは演奏そのものに対して余り皆様の期待は濃くはないものに感じます。
その場の雰囲気を盛り上げるため。楽しい時間もあったねという記録を作る目的もあるかと思います。
過去何度かそのような場面で演奏してきて、実際需要はそういうことのように思う場面も多かったです。

今回の演奏も僕も依頼してくださった方もそういう意識があったのではないかと思っています。
それは仕事として需要と供給がつり合っているのだから、当然正しいこと。

IMG_20191112_181736.jpg

でもなぜでしょうか?
先日の演奏の場では、何か力強いものが体の中を駆け巡っていました。
何の根拠もないのに「期待以上のものを届けられる気がする」と思っていました。
フィーリングっていうものなのでしょうか?本当にさっぱりわかりません。

ではその結果はどうだったのでしょうか?

続きを読む
posted by えんじろう at 18:44| Episode | 更新情報をチェックする

2019年11月05日

めぐる季節

今日も電車に乗ってレッスンに行ってきましたえんじろうです。
いよいよ11月らしい雰囲気になって参りましたね。

今は特に「お日様がありがたい」と感じるようになりました。

IMG_20191031_164541.jpg

こちらは家の前の草に留まったまま全然動かないでいた蛾です。
撮影したのが夕方で、数センチまで近づいているのに動かない・・・。
と思ったのですが、どうもこれは動けないみたいです。

翌朝もこのままで、日中になったらいなくなっていました。
ありのままに生きているのですね。

IMG_20191101_171211.jpg

先日はこのくらいだったお月様も、今夜は・・・。

IMG_20191105_211343.jpg

こんな感じになっておりました。
このお月様が満ちるとき、音心は皆さんと天竜の「ハナレ」にいるのですね。
とても楽しみです。

「月夜のハナレに音心」ご予約お待ちしております。

A4 Flier_Template.jpg
posted by えんじろう at 23:35| Episode | 更新情報をチェックする

2019年10月31日

ご縁のある一日

今日で10月もおしまい。
つい先日新元号へと変わったような気がするほど、日々がどんどんと過ぎているように感じています。
月が変わればもうすぐに天竜のお蕎麦屋さんでの音心コンサート「月夜のハナレに音心」がやってきます。

IMG_20191031_114153.jpg

今日は自分の目のことでちょっと北区役所へ。
続いて来年のFifty-Fifsの下準備で天竜の区役所へも行ってまいりました。
そしてせっかく天竜まで来ているのだからと、来月11日に演奏するハナレさんに行ってお蕎麦を食べてきました。

それではここで、ハナレさんまでの「図解道案内」でございます。

IMG_20191031_125245.jpg

道をずっと進むと(どのみちだよ!)そこに「フジ精工」という看板が見えてきます。
その先を左に曲がります。

IMG_20191031_125306.jpg

IMG_20191031_125311.jpg

ちょうどその曲がるところに看板があります。
更に進むとまた看板がありますから、ここも左です。

IMG_20191031_125326.jpg

IMG_20191031_125339.jpg

IMG_20191031_125412.jpg

その先のこうなってるところを右に入ると到着します。
自分で言っていて自分でわからない・・・。
車に乗っていると本当に道覚えないんですよね。いつか歩けば覚えるのでしょうが・・・ちょっと勇気が。

IMG_20191031_125633.jpg

お店に行くだけで顔を覚えていて頂いて、それってとてもありがたいことだなあって思うんです。
そしてそれが他のお客様に対しても結構そういう感じで、ちゃんとどんな人だったか印象に残してお客様のことを覚えていることって、顔を見分けられない僕にはすごいことだなあと感じます。

IMG_20191031_132145.jpg

お店の中は雰囲気とお食事と両方を提供していただいているようです。

IMG_20191031_132109.jpg

IMG_20191031_134221.jpg

ちょうどそろそろ打合せのお話も・・・と思ってくださっていた矢先の来店だったそうで、本番に向けての打合せなどもさせてもらいました。
ご縁のある場所と人々と時期がつながると、牽引されるような勢いでものが進んでゆくときがありますね。嬉しいことだなあって思います。
この日は予定していない演出のサプライズが加わることになりました。

ご予約はまだ承っておりますので、ぜひゆとりと味と灯りと音楽で素敵なお時間をどうぞ。詳しくはこちらから。

A4 Flier_Template.jpg

今夜は三日月です。

IMG_20191031_180649.jpg

IMG_20191031_180524.jpg

いかにもかぼちゃのお化けが似合いそうな感じですが、ハロウィンのことって、正直良くわかりません(笑)

来月11日にはこのお月様は満月前夜です。
中秋の名月というのも満月の前夜でしたから、お月様は満月前夜に楽しむのが吉かも知れませんね。
もしかして日本人は頂点の寸前を好むのでは・・・自分はそうかも知れません。
posted by えんじろう at 18:39| Episode | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

選手交代

音心のもとで散々活躍してくれていたミキサー(本当はMTR)が、
最近調子悪くなっていました。

実は電源の差込口が接触不良を起こしているらしく、
コンセントを刺しても電気が通らなかったりということが頻発していました。

でも素晴らしいことにこの機械は電池駆動なのです。
なので途中で電源がカットされても生き続けられるというすぐれもの。
小型の機材で住むときには大活躍してくれています。

IMG_20191022_093954.jpg

そして本日、Amazonから後継機となる新たな電源アダプターが到着しました。
下のがちょっとサイズダウンしている新たな電源アダプターです。
動作も快適。

ただコンパクトになったのはアダプターのみでなく線の長さもでした(笑)
これからはこのケーブルがミキサーのエネルギー供給源。
初仕事は富士市のBLITZさんになるかなと思います。

20191026 Flier完成版.jpg

富士市での音心としてのコンサートは本当に珍しいです。
ぜひBLITZさんの響きと音心の音色の共演をお楽しみ下さい。
そしてこの日のお料理もぜひ、楽しんでいって下さい。

詳しくはこちらです。
皆様のご予約お待ちしております。
posted by えんじろう at 11:33| Episode | 更新情報をチェックする

2019年10月18日

忘れ物の日

雨の金曜日でした。
えんじろうは朝から電車ででかけて、レッスンと演奏ひとつをして帰ってきました。

IMG_20191018_193434.jpg

今日一緒にでかけたのはこちらの5本でした。
雨でしたがみんなかすれることなく頑張ってくれていました。

さて、僕は昨日と一昨日の2日間で合計3回もの忘れものをしてしまいました。
  1. 家から車に乗せてもらう際に白杖を忘れた
  2. 連絡を入れると約束したばかりなのに直後から連絡し忘れた
  3. バスに乗る際に電子マネーのチェックインをし忘れていた
どれも普段なら起こることがないミスばかり。中でも白杖を忘れるなんてショックでした。1度は白杖を掴んだものの、その後傘のことを考えて手を離したらそれっきり・・・。
バスに至っては乗車する時にカードをかざすだけでいつも当たり前にやっていたことなのに、やったつもりで降りるときまで全く気が付きませんれした。

今日のコンサートではそんな話題も笑い話として飛ばしてきたのですが、その演奏した場所に上着を忘れそうになる始末・・・。未遂で終わって本当に良かったです。
こういうのって、ある程度続くものなのかもしれませんね。
多分もう打ち止め・・・のつもりです(笑)
ラベル:物忘れ
posted by えんじろう at 21:56| Episode | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

最も美しい生き物

どうしてなのかはわかりませんが、えんじろうは「鳥」の姿こそが「生命の究極の美」だと感じています。
もうどう言葉にすればよいのかわからないくらいに、なんかこう心に染み入るんですよね。
昨日は住んでいるところから見える駐車場で、たくさん鳥達の行動を撮影することができました。

IMG_20191013_150946.jpg

IMG_20191013_151221.jpg

水辺に(雨の後の水たまりなのですが)佇むキジバトが美しい。
水面と姿と影と、良い感じです。

IMG_20191013_161403.jpg

そしてハクセキレイがいつもウチの近所の道をウロウロしているようなのですが、この日は駐車場でウロウロ。
こないだ「そんな危ないところにいるならうちに来ればいいじゃん」と言ったのを聞いていたのかな?

ハクセキレイって、いつも尾っぽをフリフリしているのですね。しかも縦。
今回ズーム可能なスマホのおかげで、次のような動画も作ることができました。


こんな風に前までは「僕の目では無理だ」という常識が、技術によってひっくり返る。
これはこの時代にいるから感じられた幸せだと思います。
だからって他の時代が不幸かといえば、それは別問題でしょうね。時代時代の幸せ不幸せはあると思います。

だから感謝しています。美しいと思っている鳥の姿を、本人に警戒させずに見ることができる今に・・・。
posted by えんじろう at 12:26| Episode | 更新情報をチェックする