2018年12月14日

明日はいよいよFifty-Fifs

11月の大阪で始まった今回の「Fifty-Fifs Ocarina Concert」も、
同月の成田公演、そして明日の浜松公演で終了となります。

IMG_20181214_114104.jpg

設置当初からギョロ子(アマガエル)が見守ってくれていたこの看板も、今日で見納め。明日は会場へ同行する予定です。
明日のチケットは本日夜まででしたら「前売料金」にてお取り置き可能です。ガイアトーンまでご連絡をお待ちしております。詳しくはこちら


次回は恐らくまた1年半ほど先になろうかと思います。
今回はえんじろうの「九十九神」や音心の「ClassicTime」と「空の調べ」のCD制作でマスタリングエンジニアをして下さったスタジオΩ様が音響で携わってくださいます。この方も千葉さんも、そしてピアノで参加のりょうこさんも、僕が尊敬している自慢の人たちです。

平成最後の「Fifty-Fifs」の音色を、ぜひ浜北文化センター小ホールで聴いて頂けたら幸いです。
posted by えんじろう at 11:52| Diary | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

新たなる客人

ここのところ一挙に夜に冷え込むようになり、本当に冬になったなあということを実感する日々です。

今朝まで冷たい雨が降ったりやんだりでしたが、出かける直前にオカリナを吹いていると、みるみる青空と太陽が広がってゆきました。
オカリナの声に空が答えてくれたかのようなに錯覚を覚える出来事。
「おめでたいことは幸せになれる秘訣」ということを最近はよく思います。

それでもだめなときにはおめでたい気持ちにもなれないものですがね。
そんな我家に、最近新たなお客様が現れました。場所はポストの裏側・・・。

IMG_20181207_180242.jpg

夜に何気なく玄関の鍵をかい、そしたら視界に緑の物体を発見!
バッタかカマキリかウマオイなのか?

IMG_20181211_122231.jpg

我が家のポストは玄関の飾りに針金で巻きつけるようにして固定しています。
上から覗いてみると。

IMG_20181211_122250.jpg

おっ見えました。
てっきり蜘蛛の巣にでも引っかかって、冷えから動くこともできないのではと思っていたのですが・・・。

IMG_20181211_122318.jpg

なんと触ってみようとしたら動きました。それもかなりめんどくさそうに・・・。
まだ動ける状態で、別に巣にも引っかかっていたわけではない。れっきとした自分の意志でこの場所にいるのだということがわかったのです。

IMG_20181211_144417.jpg

にしてもどうして逆さまに?
ポストの隙間は頑丈で、屋根の下でもあるから確かに「雨風しのげる」場所です。
更に朝日が登る頃には、多少ですが斜めに陽射しが差し込みます。

IMG_20181212_101546.jpg

そう、こんな風に。
さて例のまとめです。

間もなく迫ってきました15日の「Fifty-Fifs Ocarina Concert 浜松ラスト公演」も、こんな風に冬の空気と心に響く木漏れ陽のようなハーモニーを目指したいと思っております。
どうぞ皆様、大切な方とご一緒に師走の心にひとときの安息を加えていただけたら幸いです。
未だまだ、ご予約お待ちしております。
posted by えんじろう at 12:15| Diary | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

嘘の春が

今日の浜松は曇り。雨の後とかでないので、暖かな曇りです。
もう12月だというのに暖かい日が続いています。おかげで光熱費が助かっているわけで感謝もしているのですが、ちょっと心配になる光景も・・・。

IMG_20181127_095845.jpg

IMG_20181205_113604.jpg

ムラサキカタバミの花が、何だか満開状態です。春に咲いていたはずなのに、秋にも咲くのでしょうか?

IMG_20181205_113422.jpg

IMG_20181205_113406.jpg

こちらは確実に春の話ですけど、ホトケノザまで咲いてしまいました。なんか伸びてきているなあとは思っていたのですが、まさかこれだったなんて・・・。完全に季節を勘違いしていますよね。
それとも避けるときに咲いておくという「勇気ある試み」なのでしょうか?

IMG_20181205_113643.jpg

ローズマリーは年中咲き続けている感じなので、季節はよくわかりません。

IMG_20181205_113532.jpg

更にはヒメマツバボタンという小さな花まで、夏から秋に見ますが、12月ですよと言いたくなります。前世代の枯れた葉の中から生まれてきている感じです。

IMG_20181205_113049.jpg

普通に秋に見る植物もお仕事しています。

IMG_20181203_125744.jpg

鳥が運んできたのでしょうね。玄関の前の防草シートには、こんな実が落ちていました。

モズがけたたましく鳴いているので、鳥たちは季節を間違ってはいないのかな?
この冬は温かいのでしょうか?花まで咲かせてしまった植物たちは、本格的な冬になったらどう対処するのか?ちょっと心配ですね。
15日は浜北文化センターがオカリナの音色とそこに集まって下さった皆様の心とで温かい空間になるといいなと思っています。ぜひ皆様のお越しをお待ちしております。

ご予約方法も含めて、詳しくはこちらをご覧下さい。
ラベル:生き物 植物 季節
posted by えんじろう at 09:06| Diary | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

関東遠征① 成田へ

あっという間に時間が流れてゆき、先日の関東方面への日々がだいぶ過去のことのように感じてきています。
そんな先週末の関東での2つのコンサートを含めた報告記事、書いてまいります。

IMG_20181123_053032.jpg

23日の早朝が出発時刻。
今回の荷物は楽器から宿泊道具に物販に衣装ととにかくたくさんありますが、それがスーツケースとスーパーリュックとキャリーとカバンに収まっています。

IMG_20181123_054434.jpg

まずは浜松駅までは車で行きました。よく見るとお月さまが写っていましたね。

IMG_20181123_085157_BURST010.jpg

6時台の電車で成田を目指して移動します。

IMG_20181123_081336.jpg

富士山の上でおにぎり・・・ではないですが、富士山を見ながらおにぎりをいただきました。
具は大根葉の炒めたもの。

IMG_20181123_105750.jpg

IMG_20181123_105731.jpg

すっかりなれてしまったこのコースですが、乗り換えも少なく行けるので定番です。
戸塚駅で30分以上時間が有り、ここで腹ごしらえとトイレストップができます。

IMG_20181123_111725.jpg

空港に向かう「成田エクスプレス」は高いので乗れませんが、同じホームから再度乗車。
千葉氏と合流して工房に向かいました。

音合わせと打合せ、我らのフライヤーなどの折込をさせていただき、翌日の本番に備えました。
少し時間もあったので、僕は千葉さんの作品を色々見せていただいたり吹かせていただいたり。そんな中、面白いものを見せていただきました。

IMG_20181123_170728.jpg

IMG_20181123_170711.jpg

上の2本は千葉さんが実験的に作ってみたという極端に息のいるオカリナと極端に息のいらないオカリナです。
Menaglioよりはるかにでかいこのオカリナは、ワンフレーズ吹くたびに息継ぎが必要なくらいに空気を必要とします。音はとにかくでかい。
何かを考えるときには、その両極を知っておくとスムーズ。自分はオカリナは作れませんけど、生きている中でこの考えを抱くことって結構たくさんあります。良くないことを思うときには、最悪のパターンを想像してから「今はまだこの程度だから」と安心する材料にしてみたり。新しいオカリナと仲を深める際にも音が破綻するギリギリの弱いいきと強い息を知ることから始めています。
みんなしていることは同じなのかもしれないなって思いました。子供の頃に、歩道と車道の境のところを歩いて怒られたりしませんでしたか?ギリギリのところを覗こうとする(確認しようとする)のは、生物の性みたいなものなのかもしれませんね。

IMG_20181123_180539.jpg

この日は千葉さんと一緒に、夕飯をいただきました。バイキングでしたので、翌日に備えてとにかくびっしりいただきました。
では、本番の報告につながってゆきます。
ラベル:成田 Fifty-Fifs
posted by えんじろう at 10:02| Diary | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

悩むより慣れろ!

最近のえんじろうはコンサートに向けての準備ももちろんですが、伴奏づくりの練習を頑張っています(謎ですよね?)

僕は伴奏をDTMという方法で作っているのですが、
基本的には鍵盤で弾いたものをデータで取り込み、そのままではとても下手なのでパソコン上で修正して整えてという流れになります。
って書くとものすごくあっさりで楽そうなのですが、目も使うしカーソルが行方不明になるし、調子乗ってるといきなりフリーズするしと困難もたくさんあります。
この方法が使えるのも、僕がまだ弱視だからです。

IMG_20181120_003414.jpg

愛用していた音源が体調不良になり、新たな方法を使うしかなくなりました。こうしてしばらく前に制作環境を一挙に変えたため、未だにその環境に馴染むことができず悪戦苦闘が水面下で続いていたのです。
今までできていたことがどうしたら新たな環境でできるのだろうか?全くのゼロからならそこからワクワクするのですが、ちょっと前までできていてしかも自分の意志で切り替えたわけではなかったというのが有り、ちょっとたじろぎ気味でのスタートでした。

でも最近ようやく曲作りの流れやそれに必要なものが画面のどこにあったり現れたりするのかを把握しつつあります。
音源が変わったため、えんじろうの作る伴奏の音色もこれから変わってゆくと思います。
少し流れが見えてくると、少し楽しくなってきます。

新たなことは説明書を読んでもどこを読めばよいのか判らん。それよりも当たって(砕けちゃだめですけど)みると色々と覚えられます。
うまく付き合って、気楽に伴奏づくりができるようになったらいいなと思う今日このごろでございます。

旧音源での最後の作品?「フラスコの中のバラ / えんじろう」は、現在AmazonやApple Storeなどでダウンロード販売しております。
音心の最新曲「秋空をただよいながら / 音心」も、同じく各ダウンロードサイトで好評配信中でございます。
誰も言ってくれないから「好評」と書いているわけではありませんよ。買って下さった方からはご好評頂いているのですからね(念を押すのが怪しいとか言わないで下さい)

24日25日の関東遠征まで、あと僅か。我々の音色を聞いていただけるのが、楽しみです。
ご予約お待ちしております。
posted by えんじろう at 19:08| Diary | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

テープおこし

先日大変貴重なテーブをお預かりしました。

IMG_20181112_212631.jpg

僕にとっては本当に大切なものになる可能性があるカセットテープで、ただ事務所にはカセットを再生する装置がありません。なのでカセットがある実家に帰った際にテープおこしをすると決めていました。
お預け下さった方にお返しする際にはCDにおこしてそれも予備として一緒にお渡しするお約束をしたので、早速準備です。

IMG_20181112_212713.jpg

この姿、本当に懐かしくなります。A面B面・オートリバース・ハイポジション・メタルポジションなどなど、今や死語ばかりですね。
実家の父が持っているカセットデッキがあり、これがなかなか優秀なのです。

IMG_20181112_230347.jpg

IMG_20181112_230323.jpg

電源の下の下に「ピッチコントロール」というつまみがあります。
キーコンのようにテンポを変えずに音程のみ変わるとかそんな気がきいたものではなく、テープの再生速度を微調整できるというつまみ。
これがあると伸びたテーブなど、録音したときと違う音程になってしまっている音楽を正しいピッチにして再生できます。

なのでこれを使って正しいピッチでテープからおこす事ができるというわけです。

IMG_20181112_230245.jpg

持ち合わせがなかったので、これまた父に頼んで接続ケーブルを拝借。
これをノートパソコンのライン入力に・・・「あっ!」ここで初めて、主力のノートにライン入力端子がないことを知りました。あるのはイヤホンと兼用のマイク入力だけ。
音割れでしかもモノラルでないと録音できない事態に陥りました。

IMG_20181112_230257.jpg

ここから更にあがいて、実家にあった自分の高校時代のパソコンを起動。
このパソコンにはライン入力があります。

なんとか無事にレコーディングは完了しました。
完了したらそのデータをノートパソコンから移動。そして「あっ!」どうやって移動しようか。

実はメモリーカードもなく、携帯電話をカード代わりにしようとしたらXPパソコンでは古すぎて認識できません。
そうしている内にふっと思い出して、これまた父親に貸していたUSBメモリーをちょっと借りることができました。

これで無事に主力ノートにまで音声データを持ってくることができました。
何だか一段落という感じですが、時代が過ぎ去ってしまうと、そこから財産を引き出すことも簡単でなくなってくるものですね。
無事に目的が果たせてホッとしました。
posted by えんじろう at 00:56| Diary | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

遂に捉えたギョロ子のお出かけ

遂に捉えました「世紀の瞬間」
ただし両生類苦手な方は、この記事は見ないでくださいね。

IMG_20181018_124622.jpg

我が家には10月後半からずっとアマガエルが玄関先にいます。

IMG_20181018_124640.jpg

IMG_20181020_115840.jpg

IMG_20181021_133315.jpg

あまりに毎日いるものですから、うちの子のように感じるようになってしまい、
気がつけば「ギョ太郎」と名前を付けていました。

IMG_20181025_195156.jpg

ごめんなさい、写真にいたずら書き。

IMG_20181026_080013.jpg

IMG_20181028_150350.jpg

ずっとオスに違いないと決めつけていましたが、
この子は鳴くところを一度も聴いたことがなく、
もしやこの子は女の子なのかもしれないという考えに至りました。

IMG_20181101_095158.png

そして新たに最近は「ギョロ子」と呼ぶようになったのです。
目がギョロッとしているように思ったから。それだけ。

IMG_20181109_064309.jpg

そしてこのギョロ子、昼間はずっとこの玄関横の音心やFifty-Fifsの看板があるところで眠っているようなのですが、毎晩夜になると目を輝かせてホームポジションから旅立つんです。

このお出かけする瞬間をどうにか捉えたくて、2回に渡って撮影してみました。
1回目はなんと動きが出そうになった瞬間に、バッテリー切れ!(おーい)と思いました。
昨晩遂にその瞬間を捉えることができたのでした。
ではご覧下さい。


どこからともなく聞こえてくる仲間の声に誘われるように・・・。
野暮だからこれ以上の追跡はやめておきました。

やがてこのカエルも冬眠する場所を見つけるのでしょうね。
一体何歳なのでしょうか?(だからそれが野暮だって!)

IMG_20181110_081914.jpg

そんなギョロ子は今日も元気に眠っています。夢は見ているかな?
起こさないように、気持ちよく眠れるように、オカリナ吹きます。
posted by えんじろう at 12:13| Diary | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

関西への旅⑤ 琵琶湖からラーメン編

さて前回の続き、これが最終になります。

IMG_20181105_132535_BURST012.jpg

IMG_20181105_140831.jpg

IMG_20181105_142042.jpg

その後は琵琶湖に来ました。釣りをしている人が結構いました。
での楽しみはこちらです。千葉さんに教えてもらい我々も聴いてみたいと通ってきました。


レコード盤の上を走っている。つまりはレコードの針になった気分というわけですね。ということはダイヤモンドになったわけですね。
前半でちょっと失速したので音程が下がってしまいましたが、そこからは順調でした。
冒頭の部分は工事中で、最初から聴けなかったのが残念。次回の課題ですね。

IMG_20181105_162629.jpg

日が傾いていく中で、彦根城を横目に移動。

IMG_20181105_163905.jpg

IMG_20181105_164003.jpg

IMG_20181105_164058.jpg

IMG_20181105_164130.jpg

ここでも秋の美しい景色を堪能させていただきました。

IMG_20181105_184409.jpg

そして大イベントはこちら!
以前りょうこさんが旅行の際に見つけたというお店。なんと替え玉が無料で頼み放題なのです!

IMG_20181105_180830.jpg

豚骨ベースでスープの種類も豊富。
そして・・・

IMG_20181105_180836.jpg

麺に至っては9種類もあり、そこから替え玉ごとに色んな面を選び変えられるという親切設計です。

IMG_20181105_181341.jpg

最初は普通の麺だと思って頼んだのですが、結構太めでしかも平たい麺でした。

IMG_20181105_180937.jpg

お店の人が絶えず控えていて、声をかけやすいのが好印象。
早速の替え玉。

IMG_20181105_181940.jpg

IMG_20181105_182528.jpg

IMG_20181105_184104.jpg

だって細麺がものすごく合うんだもの!他の麺を試すゆとりはなくなっていました。
結局最初の入れて3杯と半分、本当によく食べました。
食べ残しはマナー違反です。りょうこさんと分けて半分食べたのでご安心下さい。
実はこの麺、それぞれの種類に味付けからちゃんと別工程になっているようです。
本当に感動的なお店でした。ラーメン好きな方、是非オススメいたします。

IMG_20181105_184403.jpg

IMG_20181105_193132.jpg

タイムライン - Google Chrome_6.png

この日の移動経路はこんな感じです。といっても僕は乗っているだけなのですが・・・。

IMG_20181105_212702.jpg

それでも自宅についたときにはほっとしました。

IMG_20181105_215320.jpg

このオカリナ達と出会ってから、こんな旅ができるようになったこと、本当に幸せなことだと思います。
素敵なお客様とあえて、心から信じる楽器を聴いてもらえて、心から美味しいものを食べられて。美しい景色や音に心を清めてもらって・・・。
オカリナに恩返しのつもりでやっているのに、なんだか恩恵を受けてばかり。

IMG_20181105_215344.jpg

だからせめてここでいっぱい感謝の言葉を綴らせていただきます。ありがとう。
posted by えんじろう at 07:00| Diary | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

関西への旅④ 京都満喫編

今回でラストとなります関西への旅シリーズ。最後はのんびりとした旅行記になりそうです。

IMG_20181105_052410.jpg

IMG_20181105_055551.jpg

京都を出発したのは朝5時台。実はこのまま夜の道を走って空いているうちに戻ってしまうつもりでした。

IMG_20181105_065038.jpg

しかし朝食を取りちょっと落ち着いて、空を見上げるとカラスが集団で旅行中。

IMG_20181105_071015.jpg

道路には僕が「お城」と見間違えてしまうような風貌の車は気持ちよさげに走っているし・・・。
せっかく京都まで来たのだから、のんびり帰ろうかなという気分になっていったわけです。

IMG_20181105_071521.jpg

IMG_20181105_073002.jpg

歌にも出てくる「三千院」というところを目指して進んでゆきますと、お天気も一転。これはその方針でOKだよというゴーサインだったのでしょうか?

IMG_20181105_084823.jpg

IMG_20181105_084906.jpg

IMG_20181105_084836.jpg

素敵な菊の花にいざなわれるような気持ちで、進んでゆきます。


IMG_20181105_085213.jpg

美しい音色をたたえながら回る水車。

IMG_20181105_085854.jpg

IMG_20181105_090926.jpg

IMG_20181105_091501.jpg


道の脇には水路が有り、これまた美しい水の旋律が常い聞こえています。
こういう水系の音って、微かにしているのを聴くと本当に心が透き通っていきそうな気持ちになりますね。

IMG_20181105_092033.jpg

IMG_20181105_092240.jpg

紅葉も見事に始まっている様子です。

IMG_20181105_092643.jpg

IMG_20181105_092914.jpg

花びらのひとつでさえ、長い物語を持ってここに在るように感じるのです。

IMG_20181105_093327.jpg

IMG_20181105_093336.jpg

目指していたのは「音無の滝」というところ。
ここから5分とか言うので気楽に入っていったのですが・・・。
その後に滝まで10分の案内。更に3分という感じ。
まるで目の前に人参をぶら下げられている気分でした。

IMG_20181105_093525.jpg

IMG_20181105_093541.jpg

こんな場所もありました。
この橋の後には壁スレスレの階段なども有り、何だかスリルがあります。
大きな自然のふところの中をちっちゃな人間がさまよっている感覚。この感覚はとても良い感覚。
オカリナも時々同様の感覚を教えてくれます。

IMG_20181105_094115.jpg

IMG_20181105_094320.jpg

これを見て楽器を持ってくればよかったとちょっと後悔しました。

IMG_20181105_094251.jpg

IMG_20181105_094557.jpg

IMG_20181105_094627.jpg


それではもう暫くの間、美しい京都の景色を御覧下さい。

IMG_20181105_100314.jpg

IMG_20181105_100019.jpg

IMG_20181105_100043.jpg

惚れ惚れする三原色です。

IMG_20181105_100523.jpg

IMG_20181105_101014.jpg

はじめて入った「三千院」は、静かな場所かと思いきや、結構人が多く賑やかでした。

IMG_20181105_102441.jpg

IMG_20181105_102330.jpg

IMG_20181105_103031.jpg

見るもの全てが上品に思えてしまいます。

IMG_20181105_104543.jpg

IMG_20181105_104617.jpg

IMG_20181105_104637.jpg

IMG_20181105_105214.jpg

IMG_20181105_105431.jpg

IMG_20181105_105525.jpg

秋でも花盛り。桜の花が美しかったですが、お店の人に教えてもらった「不断桜」を、僕は普段桜と思っていました(笑)

IMG_20181105_110628.jpg

IMG_20181105_112318.jpg

IMG_20181105_112403.jpg

なんでも立派に見えます。

IMG_20181105_121851.jpg

IMG_20181105_122120.jpg

IMG_20181105_122201.jpg

電線から髭が生えているのかと思いました。
実はこの時道に迷ってました。

楽しい旅はまだまだ続きます。次回「琵琶湖からラーメン編」をお楽しみに(なんだそりゃ)
ラベル:景色 音色 自然 京都
posted by えんじろう at 15:31| Diary | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

関西への旅① 大阪へ

皆様こんにちは。
えんじろうは3日4日と大阪・京都と2つのコンサートをして参りました。

IMG_20181102_080524.jpg

コンサート前日に大阪を目指すことになっていた我々は、まず千葉からはるばるお越しの千葉さんと合流。千葉さんが来た日も、カエルの「ギョ太郎」は玄関にいてくれましたので、千葉さんにも見ていただくことができました。今日は賑やかだなあと思っていたことでしょう。

まずは最終音合せを行いました。
午前中の音合わせから、一緒にお昼を食べていざ出発。

IMG_20181102_125225.jpg

IMG_20181102_134348.jpg

秋空の元、途中で売られていたみかんを買う。浜松らしい。

IMG_20181102_135120.jpg

IMG_20181102_153827.jpg

IMG_20181102_171345.jpg

景色はみるみる変わってゆき、最終的にはビル街。

IMG_20181102_173736.jpg

IMG_20181102_173816.jpg

なんだか光の本数もいつもより多い気がします。

IMG_20181102_183453.jpg

IMG_20181102_184043.jpg

そして千葉さん達と入ったのは関東に展開しているらしいラーメン屋さん(おい)
ラーメンの名前に全て「なんとか次郎」という名前が付けられており、これが塩味ならえんじろうかなと千葉さん。

Screenshot_20181102-232800.jpg

翌日のコンサート報告に続きます。
posted by えんじろう at 16:25| Diary | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

泣き言と心の弱さと喜びと

こんばんは。
「始めることは簡単。でも続けることは大変」
僕がよく口にしてしまう言葉です。

今回の記事は、
それに対する泣き言、自分の心の弱さに対するイライラ、そしてお客様と触れ合って感じる喜びの火種の話。
そんな話になります。

本当に情けなくなること書いていると思うので、そういった話は聞きたくないという方もいますよね。
なので続きは畳んでおきます。


聞いてあげる(続きを読む)
posted by えんじろう at 00:56| Diary | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

色々と改築しています

皆様何だかお久しぶりでございます。

ブログの方は静かでしたが、昨晩からfacebookとホームページの改築を進めました。
もう少し時代について行けるように、そして楽に更新ができるようにと、facebookとホームページの連携を進めました。

変わったことはこんなところです。
  1. facebookに個人でなく「オカリナの虜 えんじろう」のページを作りました
  2. facebookの個人ページの名前を芸名から本名に変更しました
  3. ホームページにfacebookにアップした写真が表示できるようになりました
  4. ホームページのデザインも変えました
こんなところです。

そして、facebookへの「いいね!」を皆様にお願いしております。
facebookの「いいね!」が増えると、よりたくさんの方からえんじろうのページを発見してもらいやすくなるんだとかなんとか・・・。
仕組みは僕にはよくわからないのですが、数の力と言うやつなのでしょうね。

ですから皆様、是非facebookされている方はこちらのページに「いいね!」をして頂けますと嬉しいです。
今はお友達でない方も、是非またつながりが広がればと思います。

これからもどうぞ、よろしくお願いします。
・・・うん、やっぱり選挙運動みたいだ。
posted by えんじろう at 21:30| Diary | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

成田への旅③ 帰り

成田の旅2日目の「さや堂ライブ」の後は、東京の新宿にライブの打合せに行ってきました。

IMG_20181016_170701.jpg

11月25日に、コンサートをさせていただく話になりました。
そちらはまた改めて告知しますね。

IMG_20181016_204453.jpg

IMG_20181016_205540.jpg

IMG_20181016_205532.jpg

打合せの後はこちら。小田急線の「特急ロマンスカー ホームウェイ13号 小田原行」に乗車して、ちょっとリッチな気分を・・・。
確かに乗り心地もよく揺れ方なんてもう新幹線のものとそっくり。新宿から小田原まで1時間20分くらいのところを1時間位で進み、4駅といういさぎよい飛ばしっぷりです。でも乗車券と同等の特急券なので、今度は在来に乗ろうと思ったのでした。指定席でしたし、快適には快適でした。

IMG_20181016_215134.jpg

車内はこんな感じです。

IMG_20181016_221113.jpg

IMG_20181016_222225.jpg

IMG_20181016_223027.jpg

IMG_20181017_004806.jpg

2日はこのようにして終了。そして3日目は・・・。

IMG_20181017_100633.jpg

IMG_20181017_100936.jpg

IMG_20181017_101030.jpg

IMG_20181017_101205.jpg

IMG_20181017_102122.jpg

りょうこさんの希望で小田原城に。
とても美しい姿です。お城の中にも入り、てっぺんへ。

IMG_20181017_104010.jpg

IMG_20181017_104044.jpg

IMG_20181017_104123.jpg

IMG_20181017_104214.jpg

IMG_20181017_104317.jpg

IMG_20181017_104328.jpg

小田原の城下を見下ろしてきました。
考えても見たらこの時代にこの景色を見られるということは、とんでもない贅沢というか、神様にでもなった気分なのではないでしょうか?城下は全て自分のもの・・・そんな気持ちになってしまいそうですね。
今では地図でも航空写真でひとっ飛びに景色が見られますが、やっぱり生で見る高いところからの風景はすごいものを感じます。

IMG_20181017_105715.jpg

IMG_20181017_110116.jpg

本当に立ち姿が美しいお城ですが、ちょっと残念なのは中に入るとすっかり博物館化されており、余りの外との雰囲気の違いに僕はちょっとがっかりでした。

IMG_20181017_110347.jpg

IMG_20181017_110343.jpg

ピントがずれてしまっていますが、お城の前には動物園の名残というか、お猿さんがいます。
まあFifty-Fifsも二人揃って申年なわけですから、なにかご縁のようなものを感じたり。

IMG_20181017_110629.jpg

IMG_20181017_110918.jpg

ハトさんも佇んだり座っていたり。

IMG_20181017_122756.jpg

小田原駅といえば「えーっさえーっさ、えさほいさっさ」の発車ベルです。
ここを通過するともう暫くの間お猿のかごやが頭から離れません。
かごに(いやいや電車に)揺られて熱海の乗り換え1本で浜松まで戻りました。

IMG_20181017_171609.jpg

浜松についた頃にはもうすっかり夕焼け空。

IMG_20181017_181116.jpg

ラストは生姜たっぷりのおうどんを頂いて終了となりました。
何だか旅が好きになってしまいそう。僕はオカリナと出会ってから本当に人生が変わりました。だから一生この楽器には感謝し続けることができるでしょう。

これからもそんな心を持って、演奏をしてゆきたいと思います。
posted by えんじろう at 20:50| Diary | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

成田への旅① 音合わせ編

成田のホテルからこんばんは。
本日はまたまた旅の記録でございます。

今日は「Fifty-Fifs Ocarina Concert」に向けて千葉県に練習に行ってきました。
今回の度は終始公共交通機関を使うのつもりで計画していたのですが、僕の手違いというか勘違いで波乱のスタートになってしまいました。
「バスの出発と到着時刻を見間違えていた」

IMG_20181015_060256.jpg

というわけで、前の日から入念にしていた勘違いのせいで、朝から慌てふためいていました。
結局はバスのところを車で、なんとか当初の予定していた移動の流れに乗ることができました。
お天気は曇り。ちょっと焦りながら車を飛ばしてもらいました。

IMG_20181015_062635.jpg

6時台の浜松駅は、やはり人気が少なかったです。

IMG_20181015_064203.jpg

浜松~熱海~戸塚で休憩とお昼。

IMG_20181015_105222.jpg

IMG_20181015_105538.jpg

IMG_20181015_105605.jpg

更に成田までという感じで電車を乗り継ぎ、約7時間かけて千葉さんとの合流地点に到着。

IMG_20181015_134614.jpg

Thousand Leaves オカリナ工房さんにてしばしFifty-Fifsの音合わせや打合せを行いました。

IMG_20181015_162009.jpg

IMG_20181015_162019.jpg

.facebook_1539605312131.jpg千葉さんと記念撮影です。

千葉さんとの音合わせはとにかく演奏の表現についてはお互い任せ。
それで十分合うというよりも、その方がここはこうしてと細かく決めるよりもうまく合うような気がします。
ジャズのようなやり取りとは全然違う規模なのでしょうが、相手のオカリナの音を互いが聴きあって、微妙にその影響を受けあっているからなのかなって感じています。
多分上の写真のオカリナたちが本番でも活躍するはずですが、千葉さんのオカリナ「Thousand Leaves」と僕の持つ色んなオカリナとの組み合わせも、それぞれお楽しみ頂けるかと思います。

皆さんに音を聞いて頂けるのが本当に楽しみです。
皆様のご予約・ご来場お待ちしております。

明日は千葉さん主催の「さや堂ライブ」にゲストで演奏します。
千葉さんとのデュオ演奏も予定しています。
どうぞ宜しくお願い致します。

道中はまだまだ続きます。
posted by えんじろう at 21:34| Diary | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

啄木舎は夢の箱

大阪でオカリナ公演の告知から始まった旅は、翌日は奈良で天河神社、そのまま京都に移動しました。

IMG_20181008_124156.jpg

IMG_20181008_124052.jpg

こちらが来月演奏させていただく「啄木舎」さんです。
到着したのは夕方(というよりも夜)でした。初めてご挨拶したオーナーさんは、人間味あふれるとても素敵な方でした。
そんなオーナーの谷口さんが自作されたチェンバロがこちらです。

IMG_20181007_205521.jpg

IMG_20181007_205549.jpg

木工の仕事で磨かれた技術を中心に、あらゆる人の協力を経て完成にこぎつけたという本当に思い入れの強いチェンバロ。

IMG_20181007_210040.jpg

IMG_20181007_205750.jpg

この弦から奏でられる音色は、繊細ですが中心に芯が通っている上品な音色でした。
弦の音色もそうですが、それが共鳴箱に響く天然のエフェクトが実に心地よいのです。箱の大きさもあるでしょうし、木の材質とか色々あるのでしょうね。僕にはそんな難しいことはわかりませんが、とにかくずっと聴いていたくなるような、優しく温かい癒やしの音色でした。

IMG_20181007_205843.jpg

そしてこの鍵盤の打鍵感も心地よく、鍵盤を押したときの「クッ」という感覚と音色とのLinkがたまりません。
いつしかずっと僕が触ってしまっていました(あんたオカリナでしょうが?)

IMG_20181007_201125.jpg

そうそう、オカリナもあったのですよ。啄木舎さんに。オーナーがちょっと興味を持たれて購入されたものだとか。
紫のきれいなPopoloさんでした。下から上まで割としっかり音も出て、こうして行く先でオカリナに出会える喜びに感謝しました。

IMG_20181007_201200.jpg

IMG_20181007_215110.jpg

IMG_20181007_215139.jpg

こちらはなんと、子供用の足踏みオルガン。
語ってしまったのですが、今の子供はこれをみてどう思うだろうかって思いました。
「これどうやって音がなるの?」「電池はないの?」
とか言うんじゃないかなって。
今どき電気がいらなくて動くおもちゃというのも少ないと思います。

子供には新鮮で、とても良いのではって思いましたが・・・。
実はこれ、結構足漕ぎの力がいります。力というか速度かな?
そりゃもうプールのバタ足の勢いでした。なんだかどんどん楽しくなってきます。

IMG_20181007_215243.jpg

IMG_20181007_215302.jpg

いよいよ出ました大御所の本物の足踏みオルガンです。
こちらは空気をちょっと優しく送ると太くて重厚感ある厳かな音がして、これまた「おーっ」と感動しました。
啄木舎さんは色んな人がくつろげる「癒やしの空間」を目指しておられるそうです。
見事にそれを感じました。音楽の癒やしという以上に、音色による癒やしというものを意識させられるような感じ。

IMG_20181008_111115.jpg

もちろんピアノもしっかり弾かせていただき、オーナーにも我々の音色を生で聴いていただきました(えっ写真が夜から昼になってるって?)きにしないきにしない・・・。

IMG_20181008_123941.jpg

IMG_20181008_111317.jpg

11月4日はこの「啄木舎」さんで音心京都初のコンサートを致します。ピアノとオカリナはもちろんですが、チェンバロも使わせていただこうと思っております。
地元の方、また京都に足を運ぶ予定のある方は、ぜひお立ち寄り下さい。

IMG_20181008_124355.jpg

IMG_20181008_124327.jpg

こんな景色とともに、お待ちしています。

IMG_20181008_125536.jpg

IMG_20181008_125853.jpg

その後は、土地の神様にご挨拶という気持ちで、啄木舎さん近くの神社にお参りしました。

IMG_20181008_130026.jpg

IMG_20181008_130527.jpg

IMG_20181008_130536.jpg

敷地内でお蕎麦屋さんとお茶屋さんがあり、そこでちょっと休憩。
よもぎ団子とよもぎのお茶、どちらも非常に美味しかった。

IMG_20181008_130430.jpg

IMG_20181008_130433.jpg

IMG_20181008_130443.jpg

こんな景色を見ながら美味しいものを食べられる。幸せなことだと思います。

IMG_20181008_132852.jpg

IMG_20181008_132914.jpg

IMG_20181008_132953.jpg

手を洗おうと思ったら・・・。
見られていました。

IMG_20181008_134013.jpg

素敵なピンクの花、下から見るとなんかすごいものが撮れました。

IMG_20181008_134025.jpg

IMG_20181008_134022.jpg

なんだかたくさんのパワーを頂いて、帰路につきました。

IMG_20181008_143713.jpg

IMG_20181008_143640.jpg

IMG_20181008_145336.jpg

途中で食べた野菜炒め定食が、非常に辛かった。
そして食券番号を読み上げる定員さんの声がものすごい迫力でどすが聞きすぎていて怖かったです。

IMG_20181008_193353.jpg

IMG_20181008_222158.jpg

そして浜松に戻ってきたときにはもう夜。
お腹もそれほど空いていなかったこともあり、締めは何故かこうなりました(笑)

いろいろな体験をしてきた今回の大阪→奈良→京都遠征。
来月に実ると良いなあと思っております。というわけで、旅の報告はここまでです。
posted by えんじろう at 20:19| Diary | 更新情報をチェックする