2018年11月08日

関西への旅④ 京都満喫編

今回でラストとなります関西への旅シリーズ。最後はのんびりとした旅行記になりそうです。

IMG_20181105_052410.jpg

IMG_20181105_055551.jpg

京都を出発したのは朝5時台。実はこのまま夜の道を走って空いているうちに戻ってしまうつもりでした。

IMG_20181105_065038.jpg

しかし朝食を取りちょっと落ち着いて、空を見上げるとカラスが集団で旅行中。

IMG_20181105_071015.jpg

道路には僕が「お城」と見間違えてしまうような風貌の車は気持ちよさげに走っているし・・・。
せっかく京都まで来たのだから、のんびり帰ろうかなという気分になっていったわけです。

IMG_20181105_071521.jpg

IMG_20181105_073002.jpg

歌にも出てくる「三千院」というところを目指して進んでゆきますと、お天気も一転。これはその方針でOKだよというゴーサインだったのでしょうか?

IMG_20181105_084823.jpg

IMG_20181105_084906.jpg

IMG_20181105_084836.jpg

素敵な菊の花にいざなわれるような気持ちで、進んでゆきます。


IMG_20181105_085213.jpg

美しい音色をたたえながら回る水車。

IMG_20181105_085854.jpg

IMG_20181105_090926.jpg

IMG_20181105_091501.jpg


道の脇には水路が有り、これまた美しい水の旋律が常い聞こえています。
こういう水系の音って、微かにしているのを聴くと本当に心が透き通っていきそうな気持ちになりますね。

IMG_20181105_092033.jpg

IMG_20181105_092240.jpg

紅葉も見事に始まっている様子です。

IMG_20181105_092643.jpg

IMG_20181105_092914.jpg

花びらのひとつでさえ、長い物語を持ってここに在るように感じるのです。

IMG_20181105_093327.jpg

IMG_20181105_093336.jpg

目指していたのは「音無の滝」というところ。
ここから5分とか言うので気楽に入っていったのですが・・・。
その後に滝まで10分の案内。更に3分という感じ。
まるで目の前に人参をぶら下げられている気分でした。

IMG_20181105_093525.jpg

IMG_20181105_093541.jpg

こんな場所もありました。
この橋の後には壁スレスレの階段なども有り、何だかスリルがあります。
大きな自然のふところの中をちっちゃな人間がさまよっている感覚。この感覚はとても良い感覚。
オカリナも時々同様の感覚を教えてくれます。

IMG_20181105_094115.jpg

IMG_20181105_094320.jpg

これを見て楽器を持ってくればよかったとちょっと後悔しました。

IMG_20181105_094251.jpg

IMG_20181105_094557.jpg

IMG_20181105_094627.jpg


それではもう暫くの間、美しい京都の景色を御覧下さい。

IMG_20181105_100314.jpg

IMG_20181105_100019.jpg

IMG_20181105_100043.jpg

惚れ惚れする三原色です。

IMG_20181105_100523.jpg

IMG_20181105_101014.jpg

はじめて入った「三千院」は、静かな場所かと思いきや、結構人が多く賑やかでした。

IMG_20181105_102441.jpg

IMG_20181105_102330.jpg

IMG_20181105_103031.jpg

見るもの全てが上品に思えてしまいます。

IMG_20181105_104543.jpg

IMG_20181105_104617.jpg

IMG_20181105_104637.jpg

IMG_20181105_105214.jpg

IMG_20181105_105431.jpg

IMG_20181105_105525.jpg

秋でも花盛り。桜の花が美しかったですが、お店の人に教えてもらった「不断桜」を、僕は普段桜と思っていました(笑)

IMG_20181105_110628.jpg

IMG_20181105_112318.jpg

IMG_20181105_112403.jpg

なんでも立派に見えます。

IMG_20181105_121851.jpg

IMG_20181105_122120.jpg

IMG_20181105_122201.jpg

電線から髭が生えているのかと思いました。
実はこの時道に迷ってました。

楽しい旅はまだまだ続きます。次回「琵琶湖からラーメン編」をお楽しみに(なんだそりゃ)
ラベル:景色 音色 自然 京都
posted by えんじろう at 15:31| Diary | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

関西への旅① 大阪へ

皆様こんにちは。
えんじろうは3日4日と大阪・京都と2つのコンサートをして参りました。

IMG_20181102_080524.jpg

コンサート前日に大阪を目指すことになっていた我々は、まず千葉からはるばるお越しの千葉さんと合流。千葉さんが来た日も、カエルの「ギョ太郎」は玄関にいてくれましたので、千葉さんにも見ていただくことができました。今日は賑やかだなあと思っていたことでしょう。

まずは最終音合せを行いました。
午前中の音合わせから、一緒にお昼を食べていざ出発。

IMG_20181102_125225.jpg

IMG_20181102_134348.jpg

秋空の元、途中で売られていたみかんを買う。浜松らしい。

IMG_20181102_135120.jpg

IMG_20181102_153827.jpg

IMG_20181102_171345.jpg

景色はみるみる変わってゆき、最終的にはビル街。

IMG_20181102_173736.jpg

IMG_20181102_173816.jpg

なんだか光の本数もいつもより多い気がします。

IMG_20181102_183453.jpg

IMG_20181102_184043.jpg

そして千葉さん達と入ったのは関東に展開しているらしいラーメン屋さん(おい)
ラーメンの名前に全て「なんとか次郎」という名前が付けられており、これが塩味ならえんじろうかなと千葉さん。

Screenshot_20181102-232800.jpg

翌日のコンサート報告に続きます。
posted by えんじろう at 16:25| Diary | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

泣き言と心の弱さと喜びと

こんばんは。
「始めることは簡単。でも続けることは大変」
僕がよく口にしてしまう言葉です。

今回の記事は、
それに対する泣き言、自分の心の弱さに対するイライラ、そしてお客様と触れ合って感じる喜びの火種の話。
そんな話になります。

本当に情けなくなること書いていると思うので、そういった話は聞きたくないという方もいますよね。
なので続きは畳んでおきます。


聞いてあげる(続きを読む)
posted by えんじろう at 00:56| Diary | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

色々と改築しています

皆様何だかお久しぶりでございます。

ブログの方は静かでしたが、昨晩からfacebookとホームページの改築を進めました。
もう少し時代について行けるように、そして楽に更新ができるようにと、facebookとホームページの連携を進めました。

変わったことはこんなところです。
  1. facebookに個人でなく「オカリナの虜 えんじろう」のページを作りました
  2. facebookの個人ページの名前を芸名から本名に変更しました
  3. ホームページにfacebookにアップした写真が表示できるようになりました
  4. ホームページのデザインも変えました
こんなところです。

そして、facebookへの「いいね!」を皆様にお願いしております。
facebookの「いいね!」が増えると、よりたくさんの方からえんじろうのページを発見してもらいやすくなるんだとかなんとか・・・。
仕組みは僕にはよくわからないのですが、数の力と言うやつなのでしょうね。

ですから皆様、是非facebookされている方はこちらのページに「いいね!」をして頂けますと嬉しいです。
今はお友達でない方も、是非またつながりが広がればと思います。

これからもどうぞ、よろしくお願いします。
・・・うん、やっぱり選挙運動みたいだ。
posted by えんじろう at 21:30| Diary | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

成田への旅③ 帰り

成田の旅2日目の「さや堂ライブ」の後は、東京の新宿にライブの打合せに行ってきました。

IMG_20181016_170701.jpg

11月25日に、コンサートをさせていただく話になりました。
そちらはまた改めて告知しますね。

IMG_20181016_204453.jpg

IMG_20181016_205540.jpg

IMG_20181016_205532.jpg

打合せの後はこちら。小田急線の「特急ロマンスカー ホームウェイ13号 小田原行」に乗車して、ちょっとリッチな気分を・・・。
確かに乗り心地もよく揺れ方なんてもう新幹線のものとそっくり。新宿から小田原まで1時間20分くらいのところを1時間位で進み、4駅といういさぎよい飛ばしっぷりです。でも乗車券と同等の特急券なので、今度は在来に乗ろうと思ったのでした。指定席でしたし、快適には快適でした。

IMG_20181016_215134.jpg

車内はこんな感じです。

IMG_20181016_221113.jpg

IMG_20181016_222225.jpg

IMG_20181016_223027.jpg

IMG_20181017_004806.jpg

2日はこのようにして終了。そして3日目は・・・。

IMG_20181017_100633.jpg

IMG_20181017_100936.jpg

IMG_20181017_101030.jpg

IMG_20181017_101205.jpg

IMG_20181017_102122.jpg

りょうこさんの希望で小田原城に。
とても美しい姿です。お城の中にも入り、てっぺんへ。

IMG_20181017_104010.jpg

IMG_20181017_104044.jpg

IMG_20181017_104123.jpg

IMG_20181017_104214.jpg

IMG_20181017_104317.jpg

IMG_20181017_104328.jpg

小田原の城下を見下ろしてきました。
考えても見たらこの時代にこの景色を見られるということは、とんでもない贅沢というか、神様にでもなった気分なのではないでしょうか?城下は全て自分のもの・・・そんな気持ちになってしまいそうですね。
今では地図でも航空写真でひとっ飛びに景色が見られますが、やっぱり生で見る高いところからの風景はすごいものを感じます。

IMG_20181017_105715.jpg

IMG_20181017_110116.jpg

本当に立ち姿が美しいお城ですが、ちょっと残念なのは中に入るとすっかり博物館化されており、余りの外との雰囲気の違いに僕はちょっとがっかりでした。

IMG_20181017_110347.jpg

IMG_20181017_110343.jpg

ピントがずれてしまっていますが、お城の前には動物園の名残というか、お猿さんがいます。
まあFifty-Fifsも二人揃って申年なわけですから、なにかご縁のようなものを感じたり。

IMG_20181017_110629.jpg

IMG_20181017_110918.jpg

ハトさんも佇んだり座っていたり。

IMG_20181017_122756.jpg

小田原駅といえば「えーっさえーっさ、えさほいさっさ」の発車ベルです。
ここを通過するともう暫くの間お猿のかごやが頭から離れません。
かごに(いやいや電車に)揺られて熱海の乗り換え1本で浜松まで戻りました。

IMG_20181017_171609.jpg

浜松についた頃にはもうすっかり夕焼け空。

IMG_20181017_181116.jpg

ラストは生姜たっぷりのおうどんを頂いて終了となりました。
何だか旅が好きになってしまいそう。僕はオカリナと出会ってから本当に人生が変わりました。だから一生この楽器には感謝し続けることができるでしょう。

これからもそんな心を持って、演奏をしてゆきたいと思います。
posted by えんじろう at 20:50| Diary | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

成田への旅① 音合わせ編

成田のホテルからこんばんは。
本日はまたまた旅の記録でございます。

今日は「Fifty-Fifs Ocarina Concert」に向けて千葉県に練習に行ってきました。
今回の度は終始公共交通機関を使うのつもりで計画していたのですが、僕の手違いというか勘違いで波乱のスタートになってしまいました。
「バスの出発と到着時刻を見間違えていた」

IMG_20181015_060256.jpg

というわけで、前の日から入念にしていた勘違いのせいで、朝から慌てふためいていました。
結局はバスのところを車で、なんとか当初の予定していた移動の流れに乗ることができました。
お天気は曇り。ちょっと焦りながら車を飛ばしてもらいました。

IMG_20181015_062635.jpg

6時台の浜松駅は、やはり人気が少なかったです。

IMG_20181015_064203.jpg

浜松~熱海~戸塚で休憩とお昼。

IMG_20181015_105222.jpg

IMG_20181015_105538.jpg

IMG_20181015_105605.jpg

更に成田までという感じで電車を乗り継ぎ、約7時間かけて千葉さんとの合流地点に到着。

IMG_20181015_134614.jpg

Thousand Leaves オカリナ工房さんにてしばしFifty-Fifsの音合わせや打合せを行いました。

IMG_20181015_162009.jpg

IMG_20181015_162019.jpg

.facebook_1539605312131.jpg千葉さんと記念撮影です。

千葉さんとの音合わせはとにかく演奏の表現についてはお互い任せ。
それで十分合うというよりも、その方がここはこうしてと細かく決めるよりもうまく合うような気がします。
ジャズのようなやり取りとは全然違う規模なのでしょうが、相手のオカリナの音を互いが聴きあって、微妙にその影響を受けあっているからなのかなって感じています。
多分上の写真のオカリナたちが本番でも活躍するはずですが、千葉さんのオカリナ「Thousand Leaves」と僕の持つ色んなオカリナとの組み合わせも、それぞれお楽しみ頂けるかと思います。

皆さんに音を聞いて頂けるのが本当に楽しみです。
皆様のご予約・ご来場お待ちしております。

明日は千葉さん主催の「さや堂ライブ」にゲストで演奏します。
千葉さんとのデュオ演奏も予定しています。
どうぞ宜しくお願い致します。

道中はまだまだ続きます。
posted by えんじろう at 21:34| Diary | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

啄木舎は夢の箱

大阪でオカリナ公演の告知から始まった旅は、翌日は奈良で天河神社、そのまま京都に移動しました。

IMG_20181008_124156.jpg

IMG_20181008_124052.jpg

こちらが来月演奏させていただく「啄木舎」さんです。
到着したのは夕方(というよりも夜)でした。初めてご挨拶したオーナーさんは、人間味あふれるとても素敵な方でした。
そんなオーナーの谷口さんが自作されたチェンバロがこちらです。

IMG_20181007_205521.jpg

IMG_20181007_205549.jpg

木工の仕事で磨かれた技術を中心に、あらゆる人の協力を経て完成にこぎつけたという本当に思い入れの強いチェンバロ。

IMG_20181007_210040.jpg

IMG_20181007_205750.jpg

この弦から奏でられる音色は、繊細ですが中心に芯が通っている上品な音色でした。
弦の音色もそうですが、それが共鳴箱に響く天然のエフェクトが実に心地よいのです。箱の大きさもあるでしょうし、木の材質とか色々あるのでしょうね。僕にはそんな難しいことはわかりませんが、とにかくずっと聴いていたくなるような、優しく温かい癒やしの音色でした。

IMG_20181007_205843.jpg

そしてこの鍵盤の打鍵感も心地よく、鍵盤を押したときの「クッ」という感覚と音色とのLinkがたまりません。
いつしかずっと僕が触ってしまっていました(あんたオカリナでしょうが?)

IMG_20181007_201125.jpg

そうそう、オカリナもあったのですよ。啄木舎さんに。オーナーがちょっと興味を持たれて購入されたものだとか。
紫のきれいなPopoloさんでした。下から上まで割としっかり音も出て、こうして行く先でオカリナに出会える喜びに感謝しました。

IMG_20181007_201200.jpg

IMG_20181007_215110.jpg

IMG_20181007_215139.jpg

こちらはなんと、子供用の足踏みオルガン。
語ってしまったのですが、今の子供はこれをみてどう思うだろうかって思いました。
「これどうやって音がなるの?」「電池はないの?」
とか言うんじゃないかなって。
今どき電気がいらなくて動くおもちゃというのも少ないと思います。

子供には新鮮で、とても良いのではって思いましたが・・・。
実はこれ、結構足漕ぎの力がいります。力というか速度かな?
そりゃもうプールのバタ足の勢いでした。なんだかどんどん楽しくなってきます。

IMG_20181007_215243.jpg

IMG_20181007_215302.jpg

いよいよ出ました大御所の本物の足踏みオルガンです。
こちらは空気をちょっと優しく送ると太くて重厚感ある厳かな音がして、これまた「おーっ」と感動しました。
啄木舎さんは色んな人がくつろげる「癒やしの空間」を目指しておられるそうです。
見事にそれを感じました。音楽の癒やしという以上に、音色による癒やしというものを意識させられるような感じ。

IMG_20181008_111115.jpg

もちろんピアノもしっかり弾かせていただき、オーナーにも我々の音色を生で聴いていただきました(えっ写真が夜から昼になってるって?)きにしないきにしない・・・。

IMG_20181008_123941.jpg

IMG_20181008_111317.jpg

11月4日はこの「啄木舎」さんで音心京都初のコンサートを致します。ピアノとオカリナはもちろんですが、チェンバロも使わせていただこうと思っております。
地元の方、また京都に足を運ぶ予定のある方は、ぜひお立ち寄り下さい。

IMG_20181008_124355.jpg

IMG_20181008_124327.jpg

こんな景色とともに、お待ちしています。

IMG_20181008_125536.jpg

IMG_20181008_125853.jpg

その後は、土地の神様にご挨拶という気持ちで、啄木舎さん近くの神社にお参りしました。

IMG_20181008_130026.jpg

IMG_20181008_130527.jpg

IMG_20181008_130536.jpg

敷地内でお蕎麦屋さんとお茶屋さんがあり、そこでちょっと休憩。
よもぎ団子とよもぎのお茶、どちらも非常に美味しかった。

IMG_20181008_130430.jpg

IMG_20181008_130433.jpg

IMG_20181008_130443.jpg

こんな景色を見ながら美味しいものを食べられる。幸せなことだと思います。

IMG_20181008_132852.jpg

IMG_20181008_132914.jpg

IMG_20181008_132953.jpg

手を洗おうと思ったら・・・。
見られていました。

IMG_20181008_134013.jpg

素敵なピンクの花、下から見るとなんかすごいものが撮れました。

IMG_20181008_134025.jpg

IMG_20181008_134022.jpg

なんだかたくさんのパワーを頂いて、帰路につきました。

IMG_20181008_143713.jpg

IMG_20181008_143640.jpg

IMG_20181008_145336.jpg

途中で食べた野菜炒め定食が、非常に辛かった。
そして食券番号を読み上げる定員さんの声がものすごい迫力でどすが聞きすぎていて怖かったです。

IMG_20181008_193353.jpg

IMG_20181008_222158.jpg

そして浜松に戻ってきたときにはもう夜。
お腹もそれほど空いていなかったこともあり、締めは何故かこうなりました(笑)

いろいろな体験をしてきた今回の大阪→奈良→京都遠征。
来月に実ると良いなあと思っております。というわけで、旅の報告はここまでです。
posted by えんじろう at 20:19| Diary | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

天河大辨財天社にて恥じる

大阪での「オカリナなかまのつどい」の後も、えんじろうはまだ大阪にとどまっておりました。
実はりょうこさんの目的となっていた神社のお参りと、啄木舎さんへの打合せ訪問が翌日の日程でした。
まずは最初の目的のお話から、ご報告までに。

IMG_20181007_095325.jpg

この日もお天気は好調、快適な出発でした。

IMG_20181007_095448.jpg

IMG_20181007_095456.jpg

IMG_20181007_095816.jpg

個性的な建物がたくさん並ぶ大阪の街中を進んでゆきます。

IMG_20181007_111011.jpg

途中でこんなものを買って飲んでゆきました。ちょっとコーヒーの感じが強めな、でも割と普通なコーヒー牛乳でした。

IMG_20181007_111810.jpg

途中に不思議な建物が。これは慰霊塔だと友だちが教えてくれました。
こういうのは、SNSの便利なところですね。僕のようなものにも教えてくださって、ありがとうございます。

IMG_20181007_113845.jpg

IMG_20181007_114004.jpg

風景がどんどんと変化してゆきます。

IMG_20181007_124627.jpg

IMG_20181007_122647.jpg

途中でこんにゃくのお店に立ち寄り、湯がりたてこんにゃくときつねうどんをいただきました。

IMG_20181007_130537.jpg

長いトンネルをいくつも抜けて・・・。

IMG_20181007_132607.jpg

IMG_20181007_132559.jpg

やってまいりました。こちらが天河神社(天河大辨財天社)です。
りょうこさんはしっかりとお参り。でも僕は着いてゆく感じでした。お辞儀をしたり手を合わせたりと、ちゃんとやることはやっているのですが、心が「着いてゆく」という感覚・・・。
だからまともに前を見られない感じがしていました。ここは芸能の神様で、芸能人の間ではかなり有名なところなのだそうです。そんな話を事前にりょうこさんから聞いていました。

どうしてこんなに「後ろめたさ」を感じてしまうんだろうか?
この感覚の理由は、自分にもわかりませんでした。音楽に関して手を抜いているとでも言うのだろうか?それともちょっとでも不信心な気持ちがあることが罪悪感になっているのだろうか?

IMG_20181007_140143.jpg

そんな僕にも、救いがありました。

IMG_20181007_140135.jpg

神社の裏面にいらっしゃる行者様のお社。
ここにはなぜか[居場所]を感じられたのです。この聖域の中で唯一自分がいても許されているような気分になっていました。
本当にどうしれなんだかわかりませんが、すがるような気持ちで「居場所を作って下さりありがとうございます」と祈りました。

IMG_20181007_142446.jpg

神社に来る途中で本当に美しい水を見ました。だから帰りには良さそうな場所を見つけて、車を降りました。
川辺まで歩くと・・・。

IMG_20181007_142443.jpg

IMG_20181007_142620.jpg

IMG_20181007_142637.jpg

そこには心からため息が出るような景色。
本当に癒やされました。何かファンタジーな世界を冒険したくらいに感じました。
青い水、そこが透けて見える美しい水。
水しぶきの音が、耳のすべてを埋めてくれる。
風が心地よくなでてゆく。

IMG_20181007_143112.jpg

IMG_20181007_143151.jpg

この野の花も、いつもこの景色を見ているのですね。それは癒やされていることだろうな。

IMG_20181007_143256.jpg

IMG_20181007_143503.jpg

この景色と水しぶきの音に紛れるようにして、オカリナをしばらく吹きました。
曲を作るわけでもなくただ、自然の中にフレーズを流す。僕もそこにいていい?景色のひとつに入れて下さい。
自然はそれを黙って、見えないほどの大きな器で受け入れてくれる。
オカリナを吹くと、自然と人との境界を薄くしてくれるように思うんです。

IMG_20181007_171315.jpg

いつの間にやら
「むっつとせえ、ひもおちて」えんじろうのかぞえうたより!

IMG_20181007_174440.jpg

IMG_20181007_175838.jpg

道は次の目的地、来月4日の音心コンサート会場である「啄木舎」さんへとつながってゆきます。
posted by えんじろう at 16:23| Diary | 更新情報をチェックする

2018年10月06日

報告 オカリナなかまのつどい

本日音心は、早朝からの出発で大阪を目指していました。
来月のFifty-Fifsの会場でもあります「ココプラザ」で行われる「オカリナなかまのつどい」に参加するためです。

IMG_20181006_050719.jpg

IMG_20181006_052931.jpg

朝5時に出発し、徐々に明るくなっていく車窓の外。

IMG_20181006_065009.jpg

IMG_20181006_065142.jpg

IMG_20181006_065333.jpg

途中何度も虹の姿を目にしました。
虹を見るたびに晴れ→虹→雨→虹→晴れ→虹→雨と切り替わり、なかなか面白い。最終的には4つの虹をくぐり抜け、晴れで針が止まって、喜んでおりました。

IMG_20181006_072018.jpg

IMG_20181006_073319.jpg

朝食は途中で立ち寄ったサービスエリアで「オリエンタルカレー」というものをいただきました。
オリエンタルってなんだろう・・・などと思いつつ食べてみると、見かけによらず辛口。そうか、辛いことなのか?

IMG_20181006_081622.jpg

IMG_20181006_084735.jpg

会場にたどり着いた頃には、気持ちの良いお天気になっていました。

IMG_20181006_101541.jpg

会場に到着すると、既にオカリナの試奏の音でブースが賑わっています。
受付を済ませ、ブースに向かうとThousand Leavesの千葉さんや、ひぐらしオカリナ研究所の鈴木さんもお店を広げております。
音心も開店(写真撮り忘れていました)ここからは演奏までずっと待機と物販です。

僕と千葉さんと鈴木さんの中では、僕が最初の演奏でした。
この日の演奏は「タタンタンのタン」一曲入魂!レベルの高い演奏が本当にたくさん続いていましたので、そんな中で僕の役立てることはと言えば、オカリナの癒やしの力を最大限アピールして、お客様にも出演者さん方にも「気楽な演奏する人もいるんだなあ」と力を抜いてもらえたらいいなあという選曲でした。

最初にしゃべってFifty-Fifsの告知を念入りに。それから自分の曲紹介もしてゆったり演奏。
とにかく「幸せだなあ」という加山さん的気持ちを持って吹くことに勤めました。

受け取ってくださった方もいらっしゃったようで、演奏から戻ってからブースに声をかけてくださる方も。
こちらもますます嬉しくなる。そんな暖かな瞬間もありました。

そして夜は懇親会。
大阪の皆様のパワー圧倒されつつも、千葉さんとFifty-Fifsで1曲披露させていただきました。
それからはまた、大阪の皆様のパワーに圧倒され続けていました(笑)

IMG_20181006_225745.jpg

この日のオカリナはこの2本。どちらもばっちり活躍してくれました。
このオカリナたちがいてくれるから、僕にも意味が生まれて大阪にもご縁がつながることができる。
本当にすごい楽器だなあと思うのです。

明日は11月4日の啄木舎さんに、打合せにゆく予定です。
今日聞いてくださった方に感謝。11月のFifty-Fifsにご予約くださった方にも大いに感謝致します。ありがとうございます。
posted by えんじろう at 23:10| Diary | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

百円に悩まされ

いよいよ明日は大阪という今日金曜日。
えんじろうは愛知県豊橋市の方にレッスンに出かけておりました。
9時前の出発で、いつも通りにバス・電車と乗り継いでいたのです。

そんな電車内で、ちょっと財布の整理をしようとしたときです。
百円玉がツルッとゾーンから抜け出して、落ちる音も立てずにどこかに消え去ってしまったのです。

IMG_20181005_200001.jpg

足元を一生懸命探し指したが、全く見つかりません。
ちょっと騒いで周りの人に見てもらおうかと思ってみたり・・・。
でも僕にははずかしさの方が先立ち、結局誰の手も借りずもう少し探してみることに。
それでもやっぱり見つかりません。そして僕がとった行動は・・・。

自分でも驚きましたが「諦める」でした。
騒いで人に尋ねることを恥ずかしく思い、自分の尊厳を守った気になる方向を選んだのでした。
ずっとそこから後悔したり開き直ったりの時間を送りましたが、降りる駅。

僕は百円玉を見捨てて逃げてしまった・・・。
そんな罪悪感じみた感覚でホームに降り立つと、右の足がなにか変。
靴底が剥がれてしまったときのような違和感があります。

気になるのでたまらず、靴を脱いで確かめてみると。
な~んと、消えたと思っていた百円玉が靴の中からあ~ら不思議!

電車の椅子に座って、その上で財布から落とした百円玉。
それが音もなく自分のズボンをたどって履いたままの靴の中にスポって。
考えられない奇跡のマジックでも見たような気分でした。

明日はいいことあるかも。

フライヤー表.jpg

大阪の皆様、こんなやつですがどうぞ宜しくお願いします。おやすみなさい。
ラベル:百円
posted by えんじろう at 22:27| Diary | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

台風と停電

台風24号の影響、皆様は大事なかったでしょうか?
ガイアトーン事務所は、庭のハーブが一部なぎ倒されたのと人工芝がめくれていた程度で大事に至らずに住みました。
しかし30日夜は雨戸も閉めて徹底していたにも関わらず、ものすごい轟音で雨戸ごとバタバタと鳴り響く状態。この場所に来てまだ2年半程度ですが、その小さな歴史の中では最強の台風の音でした。

そして、その夜電気が止まりました。
未だに静岡県西部の広い地域に停電の場所が残っているようです。復旧作業は懸命に行われていることと思いますが、県内全域がいつものように通電するよう祈っております。現在の状況はこちらで確認できます。

僕がいる浜松市北区も、30日夜23時から2日2時まで続いておりました。こういうときだからこそわかること、たくさんあるなって思い知らされました。

まず電気がつかないことなどは、大事のように見えて大したことではない気がしました。
後ほどご紹介しようと思いますが、普段は階段で仕事をしてもらっていたセンサーライトが大変重宝しました。

IMG_20181001_210510.jpg

IMG_20181001_172625.jpg

でもお風呂に入ろうと思ったら、温水器が入りません。考えたらガス温水器であっても火種を作っているのは電気だった。

洗濯は手洗いでもできるけど、面倒だからやってない。

そして一番困るのは冷蔵庫と冷凍庫。6時間を超えるともう冷蔵庫は涼しさの余韻もない。
冷凍庫に入れてあった保冷剤のおかげで、冷凍庫が弱った冷蔵庫くらいの働きはしている・・・と信じている。結局冷蔵庫のものは1日夜に全部火を通して、スープに入れました。

インターネット環境も当然ボツ。我が家はネット環境の切り替え途中で、それが整うまではモバイルルータを借りています。「WiMAX2+」というやつですが、これなら充電式だし大丈夫と思いきや、電波がないといわれました。そうか、電波の発信装置は電気で動いているんだろうから、そっちが停電なら当然だった。

頼みの携帯電波は、通じている。
しかしかかってきた電話に出ると「わ・れわ・・れ・・わ」のような宇宙人言葉で、何言っているのかわからない。こっちの声が伝わっているかすら確かめられない。
メッセンジャーもメールも、いつもならすぐ送れるのが「送信中」からなかなか先に進まない。

IMG_20181001_081701.jpg

しかたがないから、庭の草取りしましたよ。
しばらく夢中になっていると、いかんくらくらしてくる前に家に戻ってシャワー(あっお湯でない)

何はともあれ、水とガスが別経路であることがどれだけ大切なことなのかがわかりました。そしてエネルギー源が電気でなくても、電気がないと使い物にならない品物もたくさんあることを知りました。
我々は知らないうちに電気依存生活になっていたのです。

IMG_20181001_174030.jpg

実はガスコンロも、電池が切れたら火がつかなくなる。昔のひねるやつなら、そんなの必要なかったことなのに、なぜそうなった?
この記事は電気が復旧するか携帯の通信がまともにできるようにならないとアップできませんね。

そんなわけで、停電10月ですが、虫の声はまだまだ力強く停電でもびくともしません。なんか改めて、彼らの個体の強さを思い知ったりもしたのでした。
まだ停電で大変なところにいらっしゃる皆様、早く復旧しますように祈っております。
ラベル:停電 台風
posted by えんじろう at 19:27| Diary | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

明日はB-flat

おはようございます。

ここのところすっかり秋らしくなりました。
昨晩はちょっと遅めの「演奏案内メール」を配信させていただきました。

明日はいよいよ「B-flat」さんでの音心コンサートです。

A4 Flier_Template.jpg

新たな試みで実施する今回の「音語り」を、是非ご覧いただけたらうれしいです。
昨日ご予約して下さった方々、本当に感謝しております。ありがとうございます。
まだまだご予約が厳しい状況です。ぜひ今回初の「音語り」の雰囲気をご覧いただけたらと思います。

新曲もどうぞお楽しみに。本日もご予約、どしどしお待ちしております。
お店に直接はもちろんですが、我々にご連絡いただいても結構です。

明日、B-flatでお会いしましょう。
posted by えんじろう at 09:35| Diary | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

B-flat 音語り が危機的状況

いよいよ明後日29日に迫りました「Jazz in B-flat」さんでの音心コンサート「音語り ~忘れていたものを探す旅~」ですが、ただいまのご予約人数がここにきて2名という危機的状況です。

A4 Flier_Template.jpg

今回のコンサートは語りと共に進めてゆく内容で、静かな秋の夜にオカリナとピアノのをお楽しみいただければと企画しました。
B-flatさんのおいしいお食事と共に、ちょっと懐かしいような気持ちになって頂けるコンサートに致しますので、是非お越し願えれば幸いです。

今回のコンサートでは新曲も披露致します。
是非お友達と共に足をお運びいただけますと幸いです。
posted by えんじろう at 13:09| Diary | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

千葉さんご来訪

昨日午後に、Fifty-Fifsの「千葉 稔」さんが打合せと音合わせのために、ガイアトーン事務所にご来訪下さいました。

千葉からはるばるいらしてお疲れにも関わらず、話したいことがたくさんな我々。
まずはちょっとおやつをつまみながら、募る話をしました。

それから練習開始。
2時間半ほどでしょうか?かねてから連絡を取り合っていた多数の新曲を音合せしてゆきました。
千葉さんとできる練習の機会は今回と来月半ばの2回のみ。事前にやり取りをしていたためとてもスムーズに事が進んでゆきました。
終始楽しい空気感の中進めて行けるから、Fifty-Fifsはいつも前向きでいられます。
これならきっと、本番もオカリナが吹ける幸せ、快く合わせられる仲間がいる幸せをちゃんとお伝えできるかなって思います。

夜は家の近くのお店でと思っていたのですが、出発直前にお休みだったことにりょうこさんが気が付きました。
そして向かった先は・・・。

IMG_20180918_182350.jpg

IMG_20180918_182400.jpg

IMG_20180918_182404.jpg

ラーメン屋さんでした。
ここは「替え玉」が頼めるんです。今回はじめて「替え玉 大」というのを頼んでみました。

IMG_20180918_183206.jpg

これを入れるとラーメンが初期化される感じがたまらなくいいんです。
オカリナはもちろんそんな話でも盛り上がったりと、終始楽しい時間でした。

IMG_20180918_184505.jpg

そしてやっぱり食べきりました。・・・が、結構苦しかった。

それから曲順や流れ、本番に向けての必要な打合せに入ってゆきました。
そのまま千葉さんには事務所にお泊り頂き、本日も練習。
たくさんの話題と美しい音色、それから楽しいひと時を千葉さんからいただきました。

IMG_20180919_120221.jpg

今年で3回目となる「Fifty-Fifs Ocarina Concert」ですが、今回はこれまでのように単独演奏とFifty-Fifsの演奏という構成ではありません。
基本的にFifty-Fifsの構成で進んでゆきますので、これまで以上に聴きごたえもあると思いますよ。本当におすすめです。

皆様のチケットご予約お待ちしております(ってなんでラーメンの報告記事みたいな写真になってるんだ?)
posted by えんじろう at 22:53| Diary | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

季節を感じる幸せ

食欲の秋、皆様はいかがでしょうか?

僕は普段から1日2食で生きているのですが、その食の量が増えています。

IMG_20180916_200523.jpg

僕が大好きなお米は、先日から幻のお米と言われる豊田市のミネアサヒになりました。
こちらは新米なのでとにかくふっくらしていてすごく命を感じます。正に「命・三千十」の心境です。

IMG_20180916_200833.jpg

カツオのお刺身と、ガイアトーンで取れたシソをちょっと・・・。
見て下さいこの生き生きしたお米の姿。見ているだけでもつばが出ます。

IMG_20180916_200911.jpg

それから昨年初めて食べて感動したりんごの「秋映え」という種類のも、今日購入しました。
こちらはただ甘いりんごと違い、酸味があるのが特徴。実をいただいといるという実感がありとても美味しい。

IMG_20180917_123635.jpg

こうやって季節の食べ物を感じ、それを楽しみにできること、すごく幸せなことだなあと思いました。
何よりもそれをちゃんと「美味しいな」と思って食べられることは、生き物として大切なことのように思えるから。
極端な話、品種も種類もそんな知識は気にしすぎなくても良いのだけれど、それを食べるときにちゃんと味を感じようとしながら食べているかどうか、それが健康的にも結構キーなんじゃないかなって思いました。

IMG_20180917_180203.jpg

季節に、食べ物に「ありがとう」です。
posted by えんじろう at 23:20| Diary | 更新情報をチェックする