2018年03月22日

フィールドレコーディング

ご存知ですか?

春のヒヨドリの声は「ひーよいーよいーよ」とよく鳴いているようです。
特に目覚めたばかりの頃の6時前後がこの声でした。思い出してみると、最初の僕のアルバム「こころのすみか」を作った際に入れた小鳥の声に、この鳴き声も入っていたのです。
同じ季節になると、同じ鳴き声をするのかな?みんな季節の中でそれぞれの生き方をしているんだなあと感じます。

えんじろうの音楽CDには、多数のフィールドレコーディング音源が含まれています。
・川のせせらぎの音
・小鳥の鳴き声
・電車の音
などなど・・・。

IMG_20180322_072730.jpg
これらの音は、えんじろうが自らフィールドレコーディングで採取してきた音声です。

自然が自ら共存しあってできている音は究極の癒しだと考えています。だってわれわれ人間も元々はその自然の世界の中で生きてきているのだから。故郷の音が不愉快になるわけもないのですよね。
土から生まれるオカリナの音色も、そんな自然の一部から生まれた音。でもやっぱり整えられた音楽を奏でているわけです。だから自然の音色とはまたちょっと違った癒しになる。

自然の癒し効果と、人間の心が生み出した癒し効果を兼ね備えたディスクでございます。
えんじろうのどちらのCDにも、フィールドレコーディングの音声は入っております。ご興味ある方はぜひ聴いてみてくださいね。

詳しいご案内はこちらです。演奏の際にもぜひお声掛けください。
posted by えんじろう at 07:37| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

Audio いじり

えんじろうは、全盲の父の手伝いのために毎月実家に帰っています。
父親はオーディオ製品が好きで、昔でいうところの「ステレオ」機器をたくさん所有しています。

そんな中、つい先日僕にとっては贅沢だと思うほどのCDプレイヤーがついに故障。
何か良さそうなのはないか聞かれたのですが、僕のところにあるCDプレイヤーが使わないままずっとい続けているので、それを使ってもらうように勧めました。

IMG_20180320_100240.jpg
こちらはPioneerのCD-Rライティング対応のプレイヤーは、僕にとって初めてのオーディオCDが作れる夢のマシーンでした。

IMG_20180320_100204.jpg
今でこそパソコンで焼けるCDですが、当時は完成プレビューもできぬまま、リアルタイムで録音をしたものです。もうちょっとっていうところで番号付けのタイミングが一瞬ずれて「ギャーッ」なんてこともありました。アナログとデジタルの融合というやつですね(中途半端ともいう)

思い出深い機器なのに、触れずにいると操作すら薄れてしまうもの。自分の愛着はこの程度なのかと、ちょっと恥ずかしくなったりしながら、父に使い方を伝えました。

そう結局僕も、父の血を引いてオーディオ大好き人間なのですね。だからこそ今の活動には大いに役立ち、ストレスも感じずに音響の準備ができます。きっとすべては今の活動のためにあったのでしょう。
再び活躍の場ができて、なんだかうれしいです。そして父に預けるときのわくわくした空気感。それは僕が昔父からお古のオーディオをもらってステレオを並べるときのワクワク感と同じだってことも、うれしい感覚でした。

親子は親子。アプローチは違っても、やりたいことは結局一緒・・・なのかも。
ラベル:audio 父親 趣味
posted by えんじろう at 10:20| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

視覚障害者に朗報

皆様快適な文字入力ライフをお過ごしでしょうか?本日は六点点字入力を使用されている視覚障害者の皆様に向け、大変朗報となる情報をお届けさせていただきます。誰がって一番喜んでいるのが僕なのですが・・・。

IMG_20180316_220730.jpg
僕の手です(ごめんなさい)
普通にホームポジションに手を当てている写真です。フルキーでの入力の際にも、六点入力のパーキンス方式の場合でも、これが標準の構えです。
六点点字入力を行う場合、キーボード6つの同時押しによって「め」の文字を入力する形になります。ところがパソコンによってはこの6つのキーを同時に押すということが想定外扱いで対応していないケースもあります。

実は僕がそういうパソコンに出会ってしまい、偶然成功した時だけ入力できる状態で点字入力を無理やり続けていました。
しかし今日何気なく検索していたら、あったんです!

非対応のキーボードでも点字入力を可能にしてしまうすごいソフトが・・・。興味ある方は、続きをご覧ください。
続きを読む
posted by えんじろう at 22:52| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

久し振りに庭いじり

日に日に空気が暖かくなって来ているのを感じます。
先日の雨で、庭の土が緩んでいるので、今だということで庭に出ました。もちろんマスクしっかり着用して。

IMG_20180309_161025.jpg
IMG_20180309_161039.jpg
そしたら庭にツクシが顔を出していました。まだちっちゃくてりょうこさんが見つけるまでに僕が踏んでいたかも・・・。

IMG_20180309_150450.jpg
IMG_20180309_161427.jpg
そして色んな草が生えてきていたバジルの区画を、りょうこさんが綺麗にしてくださいました。
それにしても、バジル区画に突如現れたスイセンがとても目立ちます。

IMG_20180309_150511.jpg
IMG_20180309_161336.jpg
そのころえんじろうは、奥地で怪しげなサークルを描いていました。続報はまた・・・書くかも。

ところで庭に出て土に触れていると、なんだか意味もなく元気が出てくる気がしました。もともとは自然の一部だったはずの人間。やっぱり触れていると落ち着くのかな?逆に体が身構えてシャキッとなるのかな?

結局は大地から離れられないのだろうって思いました。オカリナだってそんな大地の楽器です。
吹けることに感謝しています。そんなえんじろうが奏でるオカリナ。ご興味ある方はぜひこちらのお寺での生音コンサートにご予約下さい。
posted by えんじろう at 22:21| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2018年03月02日

5W1Hの謎

うーん、悩んでいました。
「今日 自宅で えんじろうは ブログの記事を 皆さんに尋ねてみるために 書くことにした」
これがいわゆる5W1Hという書き方・・・で正しいのかどうか?それが判らんのです。一応調べてみたら5W1Hは
「いつ どこで だれが なにを なぜ どのように」
という流れだそうです。

これに従って単純に当てはめてみたものの、特に「なにを」と「どのように」がこれで合っているのかわかりません。
例えば今月末の楽運寺さんでのコンサート(詳細はこちら)をこの書き方で伝えようとした場合・・・

「3月31日に 名古屋市の楽運寺さんで 音心が オカリナとピアノを 皆様と喜びを共感し合うために 心を込めて演奏します」
こんな風にすれば良いのでしょうか?

「3月31日に 名古屋市の楽運寺さんで 音心が コンサートを 皆様と喜びを共感し合うために 生音にこだわって行います」
これもありなような気がして・・・。

IMG_20180302_232005.jpg
笑っちゃいます。これだけ長く活動を続けているのに、きっと伝達方法として本当に初歩の初歩っぽい5W1Hの表現方法が自信持てないんです。オカリナ吹くことよりも難しいです。

これを読んでくださった皆様がもしも音心だったら、5W1Hをどのように表現されるのでしょうか?
何か浮かばれた方は、ぜひコメント欄でご教授ください。
しばらくは色んなことを5W1Hに当てはめる時間が続きそうだ・・・。おやすみなさい。
posted by えんじろう at 23:27| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

朝の空気の引き締まり

徐々に朝の空気が緩んできているのが判ります。春がいよいよ迫ってきているのですね。

IMG_20180227_080754.jpg
IMG_20180227_080725.jpg

みんな揃って向いている先にあるのは・・・もちろん太陽。お日様を求めて並んでいる様子が、なんとも愛らしいです。

でも花粉症の人には辛い季節。でも花粉は「花たちの愛の言葉」ともいえるのですよね。僕はこの時期は平気・・・だと感じていますが、ため込まないためにもマスクはするように心がけています。しかし4月半ばになれば、自分の番。ヒノキの影響は多分に受けますから、厳戒態勢です。

IMG_20180227_080600.jpg
IMG_20180227_080634.jpg

あらゆる隙間から姿を現しているのは仏の座。あなたはどこから来たの?と言いたくなるほどいつの間にやらです。
でもこの複雑怪奇な葉っぱの雰囲気が、どうにも「万物を知る者」と言いたくなってしまう。緑の深さも不思議で、その模様に至っては神々しく感じたりもします。

植物もこの姿を最適と信じて、ここまで生きてきているのですよね。自身のしてきたことを信じる。当たり前だけどすごく苦手だったことです。
春の草花に感謝です。
posted by えんじろう at 08:25| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

布団の上から

眠る前のひととき、布団の上に待機しているその時間がとても幸せだ。

この幸せが「当たり前」と思うようにならないよう努力することが、自分のテーマのようにも思える。
人はそれぞれに生まれながらに持ったテーマがあるのだろう?そのテーマに早いうちに気がつくことができたのなら、その人の人生は幸せなものになるのではないだろうか。

「当たり前」のことであっても、それは繰り返されているからそう感じているだけのこと。本当はその「一つ一つが奇跡の結果」であることを、僕達は忘れてはいけないと感じるのだ。

僕は最愛の楽器に出会った。それは普段感じているこの思いを、音楽を介して人に伝えるためではないかと思うのだ。
「当たり前に感謝できる」生き方。そんな歩み方を模索し続けて行きたい。唯一自分にできる手段である音楽を通じて・・・。 

何となくそんな言葉が浮かんだ、布団の上でのひと時なのでした。
ラベル:ポエム
posted by えんじろう at 23:47| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

昨日は豆まき

昨日は節分でしたね。「これからはもう春」と言われてもしっくりこないわけですが、それでも庭にはホノケノザが花を咲かせる準備をしといたり、待ちきれずに咲いているのがあったり・・・。好き勝手しています(笑)

IMG_20180118_092001.jpg
開花準備中・・・。

IMG_20180118_092345.jpg
春?そんなの待っていられない。

昨夜は事務所の玄関と窓からとってもライトな「豆まき」をしました。

IMG_20180203_193220.jpg
少し心配しましたが、無事に歳の数以上の豆が残っていたので数えました。年齢プラス1個(数え年)で38粒。・・・その奥にいらっしゃる方々は「健康に良いし」という理由の元、少し間を置き(10秒くらい)しっかりいただきました。
仕分け意味ないじゃん!という適切な突込みはなしで、行事は正確さより思いが大切・・・ということで。

音楽も思いを込めて、今まで以上にひとつずつの音色を大切に愛おしく吹いてゆきますからね。まずは9日のもとカフェさんでお待ちしております。
そのもとカフェさんですが、ありがたいことに「満員御礼」となりました。皆様本当にありがとうございます。影響されているようでは一流ではない・・・というお叱りもあるかもしれませんけど、やっぱり事前に満員なんてテンション上がります。コンサートはお客様がいて成り立つものですし、僕だって人間だもの。

正直にマイペースに、何よりも気持ちよい音を届けられるように生きます。今年も!
ラベル:豆まき 日本
posted by えんじろう at 08:14| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

師匠の音色

僕の唯一の音楽の師匠はお筝の先生。とてもユーモアがあってお話も素敵(というか本気で楽しそうな心があふれにいる)な人でした。
今朝は何でか、その師匠のことが頭をよぎっています。

fudePen.png

先生はお筝の中でも山田流の演奏をしていました。山田流といいつつも生田流の爪も持っており、ご本人曰く「私はめちゃくちゃ流です」だそうです。
それは双方の良さと弱点をご存じだからなのではないだろうか?って思うんです。小2から先生の音をずっと聴かせてもらっていた僕。先生の清くまっすぐな音色は本当に「心地よい」以外の言葉では言い表せないものでした。そしてその中に「この音色を愛している」という強い気持ちが込められているように思うんです。
暖かくて太く純真で、それでいて安心感を覚えるほど力強い音色。先生はそんな音色を生まれる時から消え去る瞬間まで丁寧に接し続けることも印象的でした。短音はもちろん複音の場合はその最後に来る音が消えるまでじっくり相対する。
こんなに繊細で真剣に、それなのにそれを忘れちゃうくらいに楽しそうに演奏される人を、僕は他に知りません。先生は出す音のすべてに「意味を感じにおられた」と思うんです。

素敵な音をずっと聴かせてもらってきたえんじろうです。この貴重な体験を、ほっと自分の音にも生かせるようにしたい・・・。
今は亡き先生のことを突然思い出したりすると、最後はそんな風に誓って終わるのでした。

今日はそれを文章につづってみました。僕に可能性を与えて下さった師匠に、今でもずっと感謝しております。
ラベル: 音色
posted by えんじろう at 09:25| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

バレンタインライブ

今日は少し暖かい日になっていますね。庭の「ホトケノザ」の花が咲いていました。ここのところだけ暖かいといっても、それまではかなりの冷え込みだったというのに、生き物の営みはすごいなあと感じます。

IMG_20180118_092001.jpg
IMG_20180118_092345.jpg
昨年見た者たちが、また同じような時期に姿を見せてくれること。同じ土地にいたからこそ感じられる喜びではないでしょうか?

さて、来月に迫ってまいりました音心のバレンタインコンサート。
チラシはほとんどまいてしまったのですが、まだご予約の方にゆとりがございます。

フライヤー.jpg

オカリナの生の音色で、恋や愛をテーマとした曲をぜひお楽しみください。この日のためにご用意した曲などございますので、ぜひ大切な方と共にご予約いただけたらと思います。
ご予約の方は、もとカフェさんの方にお気軽にお問合せ願います。お待ちしております。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
posted by えんじろう at 14:57| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

二胡の演奏を堪能

とても良いお天気に恵まれた本日、音心は静岡に出向いておりました。

IMG_20180114_120743.jpg
IMG_20180114_125907.jpg
こちらの駿河という会場で、昨年お知り合いになった二胡奏者の「劉 揚(リュウヤン)」さんの演奏を聴きに伺ってきました。
出会った日こそ昨年ではありますが、共通の知人とのつながりはかなりある方で、このタイミングでちゃんと面識を持てたことも何かのご縁ではないかと感じました。

20180114_132926935.jpg
20180114_133622409.jpg
この日は劉さんの二胡と「有美」さんのエレクトーンという組み合わせで、よく知られている曲から中国の曲に至るまで様々な音楽を堪能させていただきました。

様々な音色とリズムを一手に表現できるエレクトーンと、ひとつの旋律にすべてを託す二胡。素敵な組み合わせだなと感じました。それぞれソロ演奏の時間があり、これもまた魅力的でした。

20180114_145247805.jpg
20180114_133039770.jpg
20180114_132941207.jpg
劉さんの二胡はまさに歌・・・・そんな印象でした。時に激しく時に悲しげに、本当に表情が様々変化していく様子は、ソロ楽器ならではの楽器と心のつながりを感じずにはいられませんでした。
それに何よりも素敵なのは、やっぱりとても気持ちよさそうな演奏姿ではないでしょうか?楽器に惚れ込みその魅力を誰よりも知っている・・・。そんな心意気が伝わる演奏、僕もそれを目指しています。

実は僕も前半の終了後にちょっとだけ演奏させていただきました。お客様のお耳のリセットをさせていただき、また後半の劉さん方のステージも新鮮な心地で楽しんでいただけたのではないかと思っています。

やっぱり気持ちの良い音楽を聴かせていただくと、自分の演奏にも良い影響や憧れを抱くことができます。
素敵なひと時に感謝でした。

IMG_20180114_162409.jpg
IMG_20180114_172530.jpg
その後はせっかく静岡まで来たのだからと日本平ホテルへ。富士山の雄大な景色にまた気持ちがすがすがしくなりました。

IMG_20180114_103637.jpg
IMG_20180114_191320.jpg
この日はなんと、行きも帰りも食事は「道の駅 掛川」の食事処。もう無理ってくらいに食べても700円を超えにくいというありがたーい食堂があるんです。
朝から豪華なおかずでいただいて、夜は無性に食べたくなったカレーライスを大盛で・・・。でもここのご飯が余りにもおいしくて、気が付いたら追加でライスを注文してすごい量に・・・。

音楽の幸せ、食の幸せ。たくさんの幸せを感じることができた1日でした。感謝。

劉さんの出されているCDに収められている「瓢揺(ひょうよう)」という曲。本当に美しく素敵な曲です。機会がありましたら是非多くの方に知っていただきたい曲だと感じました。心の琴線に触れるというのは、こういうものだなあと感じる曲です。
posted by えんじろう at 22:49| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

本年の抱負

あっという間に3カ日も過ぎ去り、今日明日から平常という方もいらっしゃることと思います。

CM180103-205352001.jpg
明日に控えていたレッスン、そしてその先に検討していた父との旅行も取りやめ。お恥ずかしいことにいまだにこんな状態のえんじろうですが、せめて豊富くらいは書かせていただこうと思います。

昨年の「巻き込み合い」という目標は、自分が感じていた以上に積極的に取り組めていたということをまとめ記事を書きながら感じることができました。やっぱり目標を掲げることって良いことなのですね。

そして今年は「やり遂げる」をテーマにしてゆきたいと考えました。
思いつくことはたくさんあります。思い付きを実現するべく動き出すこともたくさんあります。でほそれを実際に実現して、当初想像していた結果に限りなく近づく結果を出せることって本当にわずかな確率だと思うんです。少なくとも僕は、ちょっと空回り感覚になったり、やり残している感覚に見舞われたりすることが割とありました。
そこを何とかもっと充実した状態にしてゆきたい。

これからは「巻き込み合い」でつながった種からもご縁の実が成ってゆくことも多くなると思うんです。他人も巻き込むからこそ、後から互いに「やってよかったですね」の言い合えるようにしてゆきたい。
当然お客様にも同じように関してもらって、今日の演奏は来てよかったとか、記憶に残ったとか言っていただけるようになりたい。

計画からしっかりと見通しを立てて、計画的に準備を進めて行けること。色々と今まで以上に力を注ぐ部分もありそうですが、
一歩ずつまた前に進んでゆくようにしたい。

26540962_1679086578833955_2061458579_o.jpg

音心もえんじろうも、まだまだがんまります!どうかどうか、今年も皆様に見守っていただけますと幸いです。最後にそんな見守ってくださる暖かなカメラマンのH氏が送ってくださった写真を添付させていただきます。

本年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。・・・というか、早く風邪治します。
ラベル:抱負 活動
posted by えんじろう at 14:59| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

旧年中を振返る

皆様お正月はいかがお過ごしでしょうか?風邪ひきえんじろうは、寝正月・・・まさにほんま物の寝正月となっております。一挙に治してまたレッスンに演奏に備えてゆきたいです。

さて、恒例となっております「旧年中を振返る記事」ですが、今回もやります!やらせていただきます。

まずは旧年の抱負から・・・。
旧年の目標は「巻き込み合い」不思議な言葉ですが、様々な人と共にできることを模索し合って新たなものができるきっかけをたくさん作ってゆきたい・・・。そんな願いからできた言葉でした。

さてここから先は、また長い文章となりますので、続きの方にたたませていただきます。
続きを読む
posted by えんじろう at 17:21| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

星が見えた日

冬の空は本当に空気が澄んでいて、引き締まっていると共にとても綺麗な印象がありますね。青空も他の季節に比べてなお一層青が濃いように感じられます。

ところでそんな中、えんじろうは先日生れて始めて星空を目にすることに成功しました。これは本当にうれしかった。実は見たこともないのに「星への旅路」を作ったのです。だってあれは心の中の星でもありますからね。

IMG_20171214_001151.jpg
これ、スマートフォンで撮影したものなのですよ。三脚を立てて約30秒ほどシャッターを開きっぱなしになるように設定して撮影しました。

IMG_20171214_001415.jpg
上のは撮影感度を上げすぎてノイズという星まで映っているように思いますが、こちらのは無駄なく映せたのではないでしょうか?
肉眼で見られなくても、技術の力でもって間接的に半分自力で星を見られることに、とても喜びを感じた瞬間でした。

そう、誰かが撮ってくれたものではやっぱり駄目なんです。自分であてずっぽでもいいから取れた喜びがうれしいから・・・。
これから「星への旅路」の音色も、また変わるかもしれませんよー。
ラベル: 夜空 撮影 携帯
posted by えんじろう at 18:39| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

そんなひとコマ

演奏に向けて歌ってもらうオカリナをどれにするか選ぶ時があります。僕がどれにしようか決めかねているとき・・・。

IMG_20171214_183329.jpg
最初は右奥の加藤オカリナさんにアプローチ。
でもどうもご機嫌絶好調という感じではないみたい。「別に歌えっていうんなら歌えないわけじゃないんだけど・・・。」なんだか歯切れが悪い答え。

それじゃあと手前のThousand Leavesさんに尋ねてみます。
こちらは先ほど以上にあからさまに「やりたくありません」と言われました。この曲と自分とではノリが違うんだそうです。

そしてちょっと気は進まなかったのですが、試しにという気持ちで森の音さんを吹いてみると・・・。
非常に予想外なことに絶好調な明るい声で言うんです。「私この曲やりたい!やるよ絶対にがんばれるよ。」

IMG_20171214_183259.jpg
大きなオカリナが手前で「まっおいらには関係ない話なんだけどさ・・・。」とか言ってますが(実はカメラ目線だし)

オカリナ選びでちょっと迷うことがあると、オカリナに尋ねてみることがあるんです。
オカリナにも好みはあります。必ず答えは見つかります。だからやっぱり、この楽器には必ず九十九神が宿るのだと思うんです。もう宿りかけているんでしょうね。

そんな僕の体験した、本当にあった素敵な物語でした。きっとこれが、僕の音楽の基本であり僕の音楽の全部なんだろうな。
これからの演奏も、どうぞお楽しみに。
posted by えんじろう at 18:51| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする