2018年10月02日

心強い電池式ライト

はい。皆様大変ご無沙汰になっておりますが、快適なライトライフをお過ごしでしょうか?
今回は台風から起こった停電の際に大活躍してくれた灯りをご紹介いたします。いざというときばかりか、普段から頼りになって遊び心も刺激してくれるすぐれものです。でも嫌味もないところがまた良い。

IMG_20181002_193508.jpg

こちらはだいぶ前に購入した商品でしたが、今でも販売されているようです。
商品は「アイリスオーヤマ 屋内 LED センサーライト 昼白色 乾電池式 ウォールタイプ BSL40WN-W」というもの。
僕はAmazonからこちらを購入しました。2個セットですが楽天ではこちらがありますよ。

IMG_20181002_193604.jpg

短めの蛍光灯のような形で、その灯りも昼白色なんて言いながら割と優しい色合いです。
特徴は多彩な点灯モード。左から「OFF」「常時最大点灯」「オート節約点灯」「オート最大点灯」と並んでいます。
スイッチ切り替えなので突然の暗闇でも問題なく選択できますね。モード名は勝手に僕が命名しています。

IMG_20181002_193517.jpg

裏面の左右にある銀色のはマグネット(しかも結構強力)
これで100グラムある自身をしっかり保持できる磁力を持っています。

IMG_20181002_193524.jpg

中央に電池ボックスがあり、単3形電池を3本入れます。僕はエネループで充電できるようにしてあります。

IMG_20181002_193627.jpg

そしてすごいのが両面テープ付きのホルダーが付属すること。これをこんな感じに階段にセットして、そのホルダーは磁石になっているのでしっかり支えられます。

IMG_20181002_193427.jpg

ちょっとカメラの明るさ感度上げて盛ってます(おいっ)が、暗い中ではこんな感じに頼もしく見えますよ。

IMG_20181001_210554.jpg

磁力は本当に設置の範囲を広げてくれます。
こんな風に余ったマイクスタンドが電気スタンドに早変わり。
冷蔵庫や洗濯機の壁、電子レンジの壁など平面があって磁気で着くところならバッチリくっつけられます。

IMG_20181001_210510.jpg

実際の明るさはこんな感じかな?停電でこの明るさは意味があります。
でもそれ以上に、結構広い範囲に灯りを届けてくれるところが素晴らしいのです。

IMG_20181001_210641.jpg

洗面所もひとつつけるだけでこの様子。まあ壁が白いこともかなり影響しています。

IMG_20181001_174021.jpg

外は真っ暗ですが僕の目でも、この明るさで十分調理できました。

IMG_20181001_172625.jpg

なんと調理台の銀色のところも磁力でぺったんできたので、本機を総動員してみました。

IMG_20181001_210834.jpg

テーブルの4つの柱にセットしてみると、これまた幻想的(上は暗いけど)

とにかくちょっと遊びも入っていますが、このセンサーライトとエネループのコンボがあれば、停電が来ても心のゆとりがかなりあると確信しています。「オート節約点灯」では、暗めの発光ですがかなり長持ちしますよ。最後に

IMG_20181001_210451.jpg

こちらはズボンのベルトで本機を縛り付けて、装備状態で移動しているときの写真です。
これならライト1本で自分が見ているところだけを効率よく照らしてくれて、手も空く最高装備です。
何気に普段はいつも使う階段の保安に努めてくれているので、電池交換を忘れることもありません。いざとなったらありかを忘れることもないですし、目につくところにあっても存在感が強烈ではないのでとても自然に見えます。本当に頼もしいライトです。ぜひお勧めします。

というわけで、皆様快適なライトライフをお過ごしくださいね。
posted by えんじろう at 20:13| Archive | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

A3が印刷できるプリンター

さて皆様、素敵な印刷ライフをお過ごしでしょうか?実は去年の年末に購入したものなのですが、今回はブラザーのプリンター(しかもA3印刷対応インクジェットプリンタ)の「Brother MFC-J6995CDW」をご紹介いたします。

IMG_20171126_142229.jpg

ってどうしていきなり逆さまの箱の画像なんだ?

IMG_20171126_142347.jpg

IMG_20171126_152143.jpg

はい。ようやく正しい向きに置いた状態になります。
僕は今回は電気屋さんで直接購入したので、通販ではありません。
ただ当時よりも安い値段で通販にも発見しました。
Amazonではこちらです。
楽天ではこちらになります。送料無料でショップ評価も良い感じでした。

IMG_20171128_124457.jpg

付属品はこんな感じです。説明書も割とすっきりで、それでもインストール用のディスクなども含んでいました。

IMG_20171128_184933.jpg

このプリンターを買った動機は、兎にも角にもA3の印刷ができるから。それだけです。
CDのレーベル印刷もできないけど、家の玄関横に設置しているコンサートのポスターや、現在販売しているオカリナ楽譜の新シリーズなどは、このプリンターのおかげで新婦が気軽に作れるようになったのでした。

気に入っているところはインクのもちが良いこと。そしてスキャナーもA3サイズまで対応しているので、コピー機みたいに拡大縮小印刷なども気軽にできます。また無線ランルータとつなげることで、そのルータとつながっているすべてのパソコンから印刷命令が発信できます(まあこういうのは今では常識なのかな)更にインターネットのクラウドサービス(ドライブとかそういうの)を経由してスキャンした画像を保存したりということもできて、その設定も(昔よりは)楽になっています。
よく使う機能はショートカットのボタンに割り当てたりして、その辺りまで設定ができてしまうと後は快適です。

IMG_20171128_185005.jpg

インクは右手の取っ手を開けるだけ。印刷速度もなかなかのものです。
でも品質というと、ちょっと荒っぽいようにも思えたりします。なので僕は常に「高画質」に設定して使っています。少し遅くなるけど丁寧です。

ちょっと不満なのは、普通にサイズの一覧に入っている封筒だと、封が上になる形で入れると正しく印刷されるのですが、サイズをカスタマイズして封筒設定すると、なぜか逆向きに印刷されます。これさえ設定でなんとかなれば最高なのですが。
それから自働紙送りでスキャンをした場合、スキャン結果が傾いて仕方ないという意見がたくさんあり、例外なく自分の買ったものもそうでした。どうやら仕様の範囲内というサポートの話は、本当らしいです。

インクコストも抑えつつ、A3の印刷とスキャンもできる。取り込んだ画像をクラウド経由でやりとりできたりというところに魅力を感じる方は、ぜひお勧めしたいです。無線ランルータへの接続は、WPSという方式に対応していて、パスワードを打たなくても繋げられるので結構便利です。
でも自動紙送りは諦めてください。

というわけで、皆様素敵な印刷ライフをお過ごしください。
posted by えんじろう at 20:00| Archive | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

ブラウザの拡大縮小

皆様快適な閲覧ライフをお過ごしでしょうか?今回はブラウザ(ネットを見るためのソフト)で画面の拡大縮小をする方法についてお話です。
実は先日このブログの読者様からこんなご意見をいただきました。

最近になって以前よりブログの文字が小さくなり、読みたいのに読みづらくなってしまいました。

実は先日記事を書いたブログのデザイン変更の際に、全体の文字サイズをブログの仕様と同じ標準のものに直しました。
自分が視覚障害者であることを踏まえ、同じ方にも読んでいただけるようにと行なっていた工夫の一つなのですが、最近ではそんな方々でも自由に様々なページを読んでもらえるようなソフト(アプリ)側の工夫が進んできています。
そこで今回は、どんなページでも使える(まあたまに使えないページもありますが)タッチパネルでもパソコンでも使える技をお伝えしたいと思います。

まずタッチパネルの方なのですが、使っている方にとってはおなじみのことだと思います。
地図を見る時の要領で、2本の指を画面にタッチして、指の間隔を広げてゆくピンチインという方法を使います。

そしてパソコンの場合は、キーボードの左下にたいていあるコントロール「Ctrl」と書かれたキーを押しながらマウスの中ボタンをグリグリと上か下に回してみてください。
たいていのソフトではこの動作で画面が大きくなったり小さくなったりするはずです。
Chromeだと倍率を変える度に上の右の方に今が本来の大きさに対して何パーセントということを表示して教えてくれます。

この方法でしたら僕のブログに限らずお気に入りのページを拡大できます。
是非あなたのパソコンライフを快適にして、このブログを含めてこれからも楽しんでいただけたら幸いです。
posted by えんじろう at 10:19| Archive | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

ネット販売開始

皆様快適な音楽配信ライフをお過ごしでしょうか?

今回はアーティスト「オカリナの虜 えんじろう」としての朗報になります。
えんじろうは数日前から、音楽配信サイトでの楽曲ダウンロード販売を開始いたしました。非常にたくさんの配信ストアからダウンロード販売しておりますので、ぜひ皆さんの良く使うサイトから探してダウンロードしてみてください。

配信第1号はつい先日B-flatさんで初公開いたしました「フラスコの中のバラ」というオリジナル曲です。

無題 1.jpg

説明:オカリナの虜 えんじろう初のデータ配信曲。 楽器を一切加工せず購入した個体そのものの意思を尊重しながら演奏するえんじろうならではの楽曲「フラスコの中のバラ」は、加工品に囲まれた化学実験室にたたずむバラの花の姿を描く。

上の画像が目印です。配信ストアは以下の通りです。
iTunes Store
Amazon Music Store
music.jp STORE
oricon ME!
mora
レコチョク
Google Play Music
OTOTOY
mysound
着信★うた♪by KONAMI

こんな具合にダウンロード配信可能なサイトには片っ端から登録してみました。
これから1年間はダウンロード可能です。価格は200円となっております。

個人的には「Amazon」もそうですが、見慣れた「Google Play」から音楽検索してそのままダウンロード購入できるところが観劇でした。昔お世話になったヤマハのサイト「mysound」も入っているのが懐かしいてす。

そしてぜひ、レビュー書いていただけるとそこから更に広がりが出てくれるのではないかと思っています。反応が多く意味を感じれば、これから更に配信曲を充実させることも考えようと思っています。
皆さんのお気に入りダウンロードサイトはどれですか?ぜひ「えんじろう」を検索してみてください。まだ1曲のみですが、CDにはなっていない最新曲をゲットしていただけます。

というわけで、皆様どうぞ快適な音楽配信ライフをお過ごしくださいね。
レビューやシェアもどしどしお待ちしております。
posted by えんじろう at 12:00| Comment(0) | Archive | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

包丁3代目

皆様快適な切断ライフをお過ごしでしょうか(ってなんだそりゃ!)

今回ご紹介するのはセラミック包丁。実は以前にもご紹介している我が家の主役でございます。使っていたものが破損してしまい、新たに跡継ぎを購入することとなりました。以前の買い替えの時の記事はこちらです。

IMG_20180305_175816.jpg
IMG_20180305_175830.jpg
刃渡り14cmのセラミック包丁、フォーエバー CY-14WBという商品。購入したのは楽天からこちらを、Amazonではこちらがございます。

こちらはセラミックでできています。カボチャなどの固いものは切ってはいけないそうですが、柔らかめのものには抜群の切れ味だそうです。
何はともあれセラミックですから、オカリナの遠い親戚。ということで、約5年以上働いてくれたものは予備軍として、これからは新しい包丁に生活を助けてもらうこととなりました。

長く使うものだから。そしておいしい生きる力をいただくために必要なものだから・・・。感謝してこれからお世話になります。

というわけで、今回もご覧いただきありがとうございます。それではいつもの(今回過激ですが)皆様快適な切断ライフをお過ごしください。
posted by えんじろう at 18:25| Comment(0) | Archive | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

オカリナにゆたんぽ

皆様快適なオカリナライフをお過ごしでしょうか?(今回はまともにはまってますね)
今日も非常に寒い朝を迎えました。事務所は水道が凍り、お昼になってもトイレ以外は断水状態です。

そしてこの寒さで困ってくるのがオカリナの音程。温度が低いと音程まで低くなってしまうオカリナは、息でもある程度までは音程を調整することは可能です。とはいっても強く吹けば「強く吹いた時の音色」というやつに変化してしまい、オカリナに抱く暖かくつやが適度にあってうっとりするような音色というのはなかなか出てくれません。

今回ご紹介するのはそんな時に「鳴かせてみせようホトトギス」な一品なわけです。すなわちオカリナが心地よくなる環境を作ってあげるグッズ。ゆたんぽです。
これまでカイロとかやりましたが、いまいちゆとりがない感じでした。ご紹介するのはこちら。

IMG_20180124_121347.jpg
ゆたんぽの「ゆたぽん」だそうです。記事書くまで不通にゆたんぽと読んでました(笑)
僕は今回は薬局で購入したのですが、通販でも売っていました。
Amazonではこちらが、楽天は送料無料を歌うところを探すと3個セットのこちらがありました。でも今回は珍しく、薬局(実店舗)の購入が通販より安かったです。

IMG_20180124_121429.jpg
箱を開けると中はこんな感じ。本体とそれを入れれ使うためのフワフワした袋が出てきました。

IMG_20180124_121756.jpg
知らないとえらいことになる。ビニール袋は包装ではないという事実。うっかり開けたらゲル状のものが出てくるのでしょうね。

IMG_20180124_122224.jpg
二つの部屋に分かれている袋を折りたたんだままの状態でレンジへ。所定の時間温めたら裏返して再び温めます。
うちのはレンジが500ワットだったので、3分30秒でした。
計7分でぬくもり状態へ。袋に入れます。

IMG_20180124_123420.jpg
人肌のような感じが7時間もつそうですが、もちませんでした(笑)
布団の中で人の体に当ててなら、相乗効果で持ちしそうですが、相手が冷たい場合はそこまで長持ちはしないみたいですね。

IMG_20180124_123701.jpg
はじめはこんな風に使うことが目的。

IMG_20180124_123746.jpg
ぬくぬくとオカリナも暖かそうです。

でもその後、オカリナたちの下に配置することが良さそうだということが判り、その使い方で固定しそうです。
この上にオカリナならば天井との間の高さが稼げるので、蓋を閉めてぶら下げたとしても、中でソプラノ管が飛び出る心配となく、ゲルにクッション性もあるので安心。

心配事は耐久性だけですね。またも後日談がなくて済むことを祈りますが、熱湯よりもオカリナ向きの温度を維持時て、良い感じがしました。
というわけで、オカリナをたしなまれる方々のお役に立てれば幸いです。素敵なオカリナライフをお過ごしください。
posted by えんじろう at 11:58| Comment(0) | Archive | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

小型パワフルなスピーカ

皆様快適な音楽ライフをお過ごしでしょうか?さて以前お風呂場対応スピーカの記事を書いたのを覚えていらっしゃる方はいますでしょうか?
小さいのに結構なパワーで驚かされたスピーカを作ったメーカーが、その上のスピーカも出しています。今回はそちらをご紹介いたします。

IMG_20171103_123118.jpg
購入したのはモバイルバッテリーをたくさん出しているメーカーAnkerの「Anker SoundCore Boost A3145011」というものです。
僕はAmazonからこちらを購入しました。
楽天ではこちらがみつかりました。

IMG_20171103_123134.jpg
いつものようにむさぼる感じで開けてゆきますとですね。箱の中身はこんな感じでした。

IMG_20171103_123436.jpg
ワクワクする瞬間ですね。中身をとりなしながら確認してゆきます。
本体と説明の類と、USBケーブル。

IMG_20171103_123512.jpg
スピーカは手のひらにバランスをとって載せられるという感じの大きさ。ペットボトルよりは小さいのかな?でも重さはあります。独特な表面のさわり心地が結構好きかも。

IMG_20171103_124515.jpg
上になる部分に左から電源・ボリュームダウン・再生コントロール・ボリュームアップ・バスブーストのプッシュボタンが並んでいます。
流行りのパカパカボタンなので手の感覚では素早くアクセスしにくい・・・。

IMG_20171103_124448.jpg
このスピーカは基本がBluetooth接続になります。そしてNFC対応です。
Bluetoothは無線で音声をやり取りできるということ。そしてこのNFCは機械と機械を乾杯させるとアクションを起こす(この機器ではBluetooth接続を開始する)という技術だそうです。
ようするに再生したい機器が対応していれば、再生装置をこのスピーカの右上に当てるだけでペアリング(接続作業)が完了するというものだそうです。これは楽。

でも僕は充てる場所を探しながらだったので、ちょっと手間取りました。どちらにしても一度つながったら次回は互いにBluetoothになっていれば自動でつながってくれます。

IMG_20171103_123527.jpg
そして僕がうれしかったのはこちら。横に蓋がついています。それを開けると・・・。

IMG_20171103_123549.jpg
中にはUSBの電源入力端子。中央にはステレオミニジャックが着いています。ここに普通にステレオミニケーブルをつないでの音楽再生もできるんです。イヤホン端子ではなく入力端子なのです。Bluetoothがついていなくてもこれなら再生できますね。
更にもうひとつ、USBの標準の大きさの端子があります。こちらはなんとスマホなどの充電に使える給電ポートです。さすがはモバイルバッテリーメーカーです。

それでは、気になる音質についてです・・・。

IMG_20171121_081035.jpg
一言でいうと大きさ相応の音質という感じです。ただし音量は大きさからは想像つかないほど出せます。スピーカの正面では音の定位がよく感じ取れます。
パッとしない感想なのは、やはり以前のお風呂場用スピーカでの感動が強すぎたせいではないかと思います。大きさから想像つかない音質だったことで、今回のものにも過剰なまでの期待感を持ってしまう自分がいます。

上部のバスブーストをオンにすると、更に低音部を強調した音になります。すごいのは音割れや目いっぱいな感じのある音にはならないことです。

IMG_20171121_081022.jpg
僕の場合は基本的にバスブーストは使わなくてもよさそうだと感じています。使うとバスは増強されますが、比較でそれ以外の音域が奥にこもるような音になる気がします。
更にメインのスピーカを上に向けると、高音が聴こえやすく少しつやのある音になる気がしています。

実は先日演奏の際に伴奏を流すために使ってみました。20名くらいのよく響く部屋だったら、これで事足りる場合も多そうですね。電源もケーブルもいらず、いざとなれば有線からの音声入力にも対応ななかなか優れたものだと思いました。
音質には少しだけ残念な気持ちもしていますが、音量はしっかり安定して出し続けられます。
お勧めです。

というわけで、早速・・・。それでは皆様、どうぞ快適な音楽ライフをお過ごしください。
posted by えんじろう at 07:21| Comment(2) | Archive | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

良い感じのスマホ三脚

皆様快適な三脚ライフをお過ごしでしょうか?今回はスマートフォンを挟んで使う三脚でございます。

IMG_20170920_163512.jpg
今回購入したのはCirclecomというところの「SR-917」という軽量スマホ用三脚。
僕はAmazonからこちらを購入しました。残念ながら楽天では発見できませんでした。

IMG_20170920_163532.jpg
あまりにも軽い入れ物で、ちょっと不安になりました。

IMG_20170920_163640.jpg
運ぶときにありがたいケースがついて来ました。中を開けると・・・。

IMG_20170920_163721.jpg
出てきました。ちゃんと入っていました。そう心配になるほど軽いんですよ。

IMG_20170920_165806.jpg
先っぽをくっつける土台を雲台と呼ぶというのは、ビデオ三脚を購入した際に初めて学びました。台には水準器が付いています。僕には見えません(笑)
ここのつなぎは普通のカメラスタンドと同じですので、他の三脚とトレードして使ってみたりというのもできて可能性を感じられますね。

IMG_20170920_165735.jpg
なるほどスマートフォンをカパッと挟んで固定するということなのですね。
サイドにあるキーなどに注意して、早速セットしてみました。

IMG_20170920_165627.jpg
うーんなかなか良い雰囲気です。

IMG_20170920_165349.jpg
今度は縦向きでの取り付けも試してみました。それにしてもバネガ固い。固くないと落ちてしまうと困るからというのはわかりますけど、やっぱり固い・・・。
縦向きの場合はハンドルが下に向いてしまうのが、ちょっとなれないと変な感じがしました。それからコストが非常に安いから仕方ないとは思いますが、ちょっと各ジョイントのぎこちなさが目立ってしまいます。ちょっと変えたいときにグランと変わるのが悩みですが、しっかり設置して後は同じ姿勢のままでということなら問題ないかと思います。

IMG_20170920_165325.jpg
三脚自体の軽さは移動の際には本当に良いと思います。旅行先に持っていくのも苦にならないですね。利点は欠点の裏返し、またその逆もあり・・・。というわけで撮影の時には軽さは欠点になります。重りでもあれば安定しますので、ここに乗せる形でモバイルバッテリーを重りにするというのも一石二鳥ではないでしょうか?
使っていないスマートフォンをビデオカメラのサブカメラとして会場全体の撮影に使う・・・なんていう使い方もありかもしれませんね。夜間の長時間シャッターを開くような撮影も、三脚があればぶれずにできますね。

とても便利なものではないかと思いました。ぜひ皆様も快適な三脚ライフ(この場合はカメラライフでしょ)をお過ごしください。

余談ですが、スマホカメラのandroidアプリでとってもお勧めなのがあります。それは「Open Camera」というアプリで、かなり自由に設定を変更したり固定したりすることが可能です。英語のままの部分もありますが、何とか覚えるとループを使って設定する僕でも、撮影が楽しくなる気がします。このアプリの好きなところは、設定を終了した後もちゃんと覚えていてくれるところです。意外とないんですよね。
良かったらこちらからお試しくださいね。それでは、おまけ付きで失礼しました。
posted by えんじろう at 12:30| Comment(0) | Archive | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

9口の電源タップ

皆様快適な電源ライフをお過ごしでしょうか?というわけで今回ご紹介するのはコンセントでございます。
延長ケーブル2mでその先に9口の電源を確保できるという優れもの。こちらにはある工夫が仕込まれています。

IMG_20170920_162255.jpg
購入したのはサンワサプライの「TAP-B40W」という商品になります。
僕はAmazonからこちらを購入しました。
楽天からは送料無料を発見できませんてしたが、現在一番お得なのはこちらがございます。

こんな感じで届き、開けてみると・・・。

IMG_20170920_163423.jpg
一見何の変哲もない電源タップに見えますが、実は・・・なんの変哲もない電源タップなのです(おいっ)

IMG_20170920_163436.jpg
ところが各差込口の位置取りが良い。すべてが90度に近い形で違う方向を向いて差し込むようにできているのです。
最近はでかくてごっついあのいかにもなアダプターは減ってきたかもしれませんが、USBの小さめのアダプターハ結構増えてきていますよね。
ああいうのって、数が多いとお互いの体が邪魔で空いているのに差し込めないなんてこともありました。そういうときの悔しいこと悔しいこと。この電源タップはそんな悔しさから解放してくれます。

そして電源ケーブル側の3口は常時電源供給型、それより先の6口は中央にある電源スイッチがオンの時だけ給電するという仕組みになっていました。
USBで給電するような充電式のものはスイッチの方になんて風にしたら、安全だし使い勝手もよさそうです。

IMG_20170920_171135.jpg
コンセントの差し込みの部分は自由に角度を変えられるようになっていて、これまた使い勝手がよいししっかり刺さって取れにくいと思います。

こちらあなたならどんな風に使いますか?考える楽しさもくれる電源タップ。お勧めします。
というわけで、今回はこの辺で・・・。皆様快適な電源ライフをお楽しみください。
posted by えんじろう at 12:08| Comment(0) | Archive | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

体重計はシンプルに

皆様快適な計量ライフ(また意味不明な)をお過ごしでしょうか?今回は先日の飛行機に乗る際にも活躍してくれたデジタル体重計をご紹介させていただきます。

どうにも体重計に乗る機会が少なく、自分の中でのイメージが乗るとバネの音がして先の方の針・・・ではなく、針の下の重さが書いている紙の方がくるっと回って数値を示すあれが浮かんでくるんです。意味伝わったでしょうか?
あれ弱視には見えないんですよね。見ようと思って顔を近づけるとバランス崩れて体重計の上にとどまっていられなくなっちゃうし・・・。

というわけで今回飛行機に乗るにあたって、何としても事前に荷物重量を確認しておく必要に見舞われ、買うこととなったのです。僕でもひとりで確認できるようにと見つけたのが、こちらになります。

IMG_20170920_162334.jpg
僕はAmazonからタニタ 体重計 ホワイト HD-661-WHを購入しました。
楽天ではタニタ 体重計 「デジタルヘルスメーター」 HD-661-WH ホワイト[HD661]がありましたが、こちらだと送料がかかります。

IMG_20170920_162534.jpg
梱包をとくと中はこんな感じになっていました。

IMG_20170920_162545.jpg
IMG_20170920_162551.jpg
IMG_20170920_162600.jpg
なかなかしっかりしている感じです。裏返すと、その下の方に電池ブタがあります。単三を3本で動作します。取り出すときに柱がある方を引っ張り上げようとしてもつっかえて持ち上がりませんから、注意です。

IMG_20170920_163056.jpg
とりあえず乗ると、電源が入ります。画面が8888みたいに表示されたらいったん降りて0キロの状態にするみたいです。この辺は説明書をちゃんと読みましょう。最初の設定だけは、ちゃんとやった方がよさそうですから。

IMG_20170920_163111.jpg
うまく準備が完了したら、ちゃんと計れるようになります。

しゃべるわけでもないこの体重計が気に入ったのは、経費節約ができたからというのに加えて、体重表示をしてから15秒間その数値を点滅表示するのですが、その状態になってからは降りても表示が続くからなんです。
近くで見ないと見えない僕でも、数秒待ってから降りて点滅している数字をじっくり見ることができるから、それが決め手でした。

IMG_20170920_163249.jpg
ほらこの通り、4キロの重りを乗せたらちゃんと4キロって言ってます。

これでもう飛行機の重量制限もばっちりだ(といいつつ先日総統苦戦しました)ついでに自分の体重も知りたいときにわかるようになりました。めでたしめでたし。

というわけで、今回は割と普通な体重計のご紹介でした。それでは皆様、恒例となりましたがどうぞ快適な計量ライフをお過ごしください。
ラベル:デジタル 体重計
posted by えんじろう at 10:06| Comment(0) | Archive | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

マッサージクッション

皆様快適な健康ライフをお過ごしでしょうか?今回ご紹介するのは皆様の健康をサポートする・・・かも知れないマッサージクッションでございます。

首や肩に背中、腰など・・・。皆様は身軽に自由に動かせておりますでしょうか?
数か月前に愛用していたマッサージ器が壊れ、そこからずっとマッサージ器なしの状態が続いていました。それまで使っていたものはAmazonで購入したルルドマッサージクッションブラウン AX-HL148brというものでした。楽天では【送料無料!】ルルド マッサージクッション ブラウンになります。

IMG_20170924_073520.jpg
IMG_20170924_073544.jpg
こちらがマッサージの揉み玉がある上面です。

IMG_20170924_073607.jpg
強さを弱らげることに寄与しているカバーの下は、こんな感じです。

なかなか大型のものですが、効率的に揉んでほしいところに力が集中して快適な揉み心地だったのです。背面は中央が出っ張っていてそれの意味が今ひとつわかりませんでしたが、どうもそれのおかげで布団の上などに突き刺さる形になり、思ってもない方向に勝手に移動してしまわないようになっている感じがします。
そんな機械がある日突然に電源を入れても動かないようになり、単なるクッションになってしまっていたのでした。

そして今回手に入れたのはそれより一回り小さくて平たい形のもの。Amazonではオムロン マッサージクッション ブラウン HM-341-BW、楽天ではオムロン 公式 クッションマッサージャ ブラウン HM-341-BW ふわふわ生地カバー 送料無料がございます。

IMG_20170924_073818.jpg
今までのとそっくりです。ただカラーバリエーションには限りがあり、在庫の関係でこちらのピンク色のになっちゃいました。まあ人に見せるものでもないし(見せてるじゃん!)これでいっか・・・という感じです。

IMG_20170924_073837.jpg
上部は揉み玉を和らげるカバーはあるものの、固定するものがなくて使うとすぐにめくれてしまいます。

IMG_20170924_073853.jpg
仲はこんな感じ(って会社が違うのにもうそっくりじゃないか?)部品が同じなのかな?モーターの音までそっくり・・・というか同じでした。

IMG_20170924_073933.jpg
側面の電源コードが通っている付近からぐるっとチャックで、それを開けるとカバーは丸ごと洗濯機にかけることができます。この辺も前のと全く同じ仕様です。

これまでのものと比べると、本体がちょっと小さくなったこと。そして底部が平たくなったことが特徴化と思います。
僕はどちらにしても自分が寝た状態で下に機械を置いてマッサージという使い方をしています。が、どちらの機械も体の真下に置くと体重をもろに受けてしまうため、かなり痛いマッサージになります。揉み玉への負担もかなりのものになります。

元マッサージ師てして言わせていただきますと、強いマッサージは揉まれることにマヒするだけでなく筋肉を硬く質の悪いものへと変貌させてしまうと考えています。必要最小限の刺激で本人の治す力を誘導し、ほぐすというのが本当にマッサージ(実演はできていませんでしたが)だと思っています。
なので体の下から来る直接の力をどの程度抑えるかが大切かなって思います。

僕の場合は枕を上手に使ってクッションの上のところ辺りに置いて高さを調整し、下から来る圧力が必要最小限になるようにしています。
15分で自動停止するので、付けたまま眠ってしまっても大丈夫。操作は電源ボタンを1回押してスタート。更に押すとヒーターが作動します。僕はヒーターはほとんど使いません。

前のものは底面の中央が出っ張っていたのですが、今度のものは底面が平らなので安定感があります。でも畳の上だと滑って行ってしまうこともあります・・・。

実は前のものが壊れてから数か月間マッサージ器なしでいましたが、ちょっと肩こりで悩んでいたりしたのです。自分で自分をマッサージすることはなかなかできないもの。ようやく新たなものに出会えて本当にほっとしました。当て方と力の方向を色々試して上手に利用すると、本当にこの機械でも割と体をほぐす効果があります。
なお振動でマッサージするタイプのものはお勧めしません。あれは質の悪い筋肉を作る方の手助けになると(僕は)感じます。

ではそんなわけで、皆様どうぞ快適な健康ライフをお過ごしください。快適な健康状態で演奏を続けられるように・・・。

そして本当に辛い時には、ぜひ「按摩・マッサージ・指圧師」の元に足をお運びくださいね。お大事に・・・。
posted by えんじろう at 08:39| Comment(0) | Archive | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

実家に自転車が来た

皆様快適な運動生活をお送りでしょうか(なんだかまとも)今回は室内運動用の道具をひとつ、ご紹介させていただきます。

実家の全盲の父が家で生活をしている中、悩みの種は運動が十分にできないことです。盲導犬がいたころには、それはもう欠かさず朝の散歩を(結構な距離)歩いていました。
それが今は家の中を歩くことしかできない。でも色々と運動を工夫してやっていたのです。

そんな中、こちらの商品に出会い、試してみようということになりました。

IMG_20170911_184941.jpg
購入したのはこれ、僕はAmazonからこちら、ALINCO(アルインコ) クロスバイク AFB4417 折りたたみ機能付きを購入しました。楽天ではこちら、アルインコ(ALINCO) クロスバイク AFB4417 エクササイズバイク フィットネスバイクがございます。
1万円ちょっとで手に入る継続的で経済的な運動器具です。 組み立てるところからご紹介したいところだったのですが、今回は僕が組み立てたわけではなかったため省略させていただきます。

IMG_20170911_185128.jpg
サドルの下にネジがあり、それを外すとサドルの高さが数段階調節できます。自分の足の長さに合わせて調節。僕は自分で使うなら足を回して下に来た時に膝が伸びるくらいにすればよさそうかなって印象でした。

IMG_20170911_185031.jpg
腰かけた状態で乗った人視点での撮影。ピンクっていうのがなあ・・・。
膝の前くらいのところに丸いつまみがあります。大きくていいですねえ。こういうアナログ感たっぷりなの、良いです。

IMG_20170911_185100.jpg
IMG_20170911_185208.jpg
これを回すことで、ペダルの負荷を8段階でコントロールできます。
6段階目まで来るとなんか上っているような感じになり、8段階目では漕ぎ出すのに勢いがいるかなって具合です。
自転車乗り慣れている人なら大したことないのかもしれませんけど、僕には長く持たないかもっていう8段階目でした。

IMG_20170911_185109.jpg
こちらはハンドルの中心にあるカウンター的なもの。あくまで「的」だと思います。情報を簡単に表示していますが、これは電池を入れて稼働しています。負荷などの本体の動作には全くの無関係なものなので、なくても問題なく運動できるというところは非常に好印象。

これで父親も歩数計の歩数も増えたと喜んでくれていました。そしてこういうものを見るとつい・・・
続きを読む
posted by えんじろう at 16:01| Comment(0) | Archive | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

効率的玄関呼鈴

久しぶりの台詞です。皆様快適な玄関ライフをお過ごしでしょうか?で、玄関ライフって何だって話ですね。

IMG_20170529_102517.jpg
事務所の玄関なのですが、この借家は築30年以上の昭和のベテランです。そこかしこに昔の心と雰囲気を残すこの家の玄関には、超アナログ方式の呼鈴があります。そう、玄関チャイムじゃないです!呼鈴です(笑)

少々力を込めてこれを押すと、中で糸か何かでつながっているのでしょうか?(滑車とかあったりして・・・)ずっと先にあるお勝手の本体へと力が伝わります。そこにある本物の金に当たって(しかも2つある)「ピンポーン」と生演奏が聴こえてくるわけですよ。

これは実家でも見たことがなかったので、結構な感動ものでした。電気いらずでしかもかなり美しい音です。
気持ちよくお客様をお出迎えできそうな気分ですが、時代はそれを許しません。
外の車の音やモーターなど、当時想定していた以上の騒音が増えてきて、これではお勝手にいない限りチャイムが鳴ったことに気が付かない。
配達などの際に何度か天然居留守になってしまったケースがあったので、こんなものを買いました。

IMG_20170801_135647.jpg
すみません思い切り逆さに撮っていたのですね。
僕はAmazonから「呼び出しチャイムセット X810」を購入しました。楽天では「リーベックス(REVEX) [X810] 呼び出しチャイムセット X-810」がございます。

IMG_20170801_140017.jpg
裏面には用途の説明書きが、割とわかりやすくなっていました。

IMG_20170801_140942.jpg
まずはパッケージの左にあった送信機の方から・・・。
本体と壁に取り付ける際に使う固定器具で構成されていました。送信機はボタン電池2個で動作します。

IMG_20170801_140935.jpg
僕の手と比べるとこんなサイズでした。

IMG_20170801_141644.jpg
ひっくり返してネジを開けてゆきます。

IMG_20170801_141709.jpg
わー基盤が出ました。なんか目鼻口で顔に見えてきますね。口の部分にボタン電池を食べさせてあげましょう。
目の部分ですが、実は電波のチャンネル設定になっています。マイナスドライバーで・・・こうやって。

IMG_20170801_142147.jpg
お好きなチャンネルの組み合わせを決めます。これで準備完了。

IMG_20170801_142215.jpg
続いてこちらが受信機側です。これはネジいらずで簡単に開けられます。

IMG_20170801_142249.jpg
単三電池が3本。僕はeneloopにしています。
そしてここにも目玉が付いていますから、それを先ほどの受信機と同じチャンネルにしてあげます。

IMG_20170801_142816.jpg
IMG_20170907_093922.jpg
受信機の電源は、実は別売のコンセントからとることも可能です。
電源スイッチには受信時に音と光で知らせるか、それぞれのみで知らせるかが選べます。もちろん音量も選択できます。僕は音楽でヘッドフォンに身を固めていることが多いので、電池で近くに気軽に持ち運べるのは結構便利です。

送信機の赤いボタンを押すと、設定されている音で受信機側からチャイムが鳴るはずです。赤いボタンを押すたびに、チャイム(もはや着メロ?)は切り替わってゆきます。

IMG_20170801_143245.jpg
大したものはないと思っていたのですが、この着メロの数がなかなか豊富です。中にはサイレンや妙にリズミカルな犬の声等の効果音も、ハッピーバースデーなんて年に一度しか使えないでしょうが・・・。突っ込みどころ満載です。
お客様がボタンを押した際に送信機側も赤く光るため、ちゃんと押したことが確認できるのは地味に優れもの。

IMG_20170802_125501.jpg
ふたを閉めて表のボタンで動作することも確認したら、送信機を玄関に設置しました。受信可能距離はなんと100mだそうです。我が家は十分にフォロー。電波は315MHz帯を使うのだそうですが、その辺は詳しくありません。FMより周波数高いですね。
だからこそ近隣の方々もこれを使いだすと電波干渉するので、チャンネル設定が必須ですね。送信パワーを選択できると電池も節約できてよさそうなのに・・・。

受信機は持ち歩けるし、音量設定もかなりの音量にできますから、もうこういう商品が届いたときにもちゃんと受け取れます。
生徒さんが訪ねてきても大丈夫。
以前の呼鈴の上に着けちゃったので、申し訳ないけどあの上品なチャイムさんにはお会いできなくなっちゃいましたが、現代にあったなかなかのチャイムでした。何よりも結構アナログ感があり好きです。

ところでこの製品にはバリエーションもあり、それらがシリーズとして売られているようなのでとても効率的みたいです。
例えば人感センサーとして作動する送信機はAmazonではこちら、楽天ではこちら。窓や扉の開閉に感応する送信機はAmazonではこちら、楽天ではこちら

送信機のみの販売もされているようで、確か受信機ひとつで各送信機ごとのチャイムに対応できるという感想があったような(あいまいですみません)非常に効率的で良いものだなあと感じました。

というわけでちょっと長くなってしまいましたが皆様、どうぞ快適な玄関ライフをお過ごしください。
posted by えんじろう at 09:37| Comment(0) | Archive | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

お風呂場対応スピーカ

皆様快適なお風呂ライフ(バスライフ)をお過ごしでしょうか?

本日は、久しぶりに商品ご紹介のコーナーでございます。
ずーっと昔の出来事じゃ・・・。あるところに音楽をFM電波で飛ばしてお風呂場で聞ける防水スピーカで受信するという面白い製品があったそうな。

実は実家の父がずっと昔に買ったものなのですが「風呂ボーズ」というネーミングが印象的な商品でした。
でもスピーカが本当に音が鳴るという程度のものなので、今の携帯以下の音。いつの間にやら忘れ去られ、送信機と受信機も離れ離れになっていたそうな・・・。

IMG_20170222_142625.jpg

そんな思い出のある僕の前に飛び込んできた製品がこちら。アンカーというモバイルバッテリーで有名なメーカーが作った完全防水のスピーカです。今どきらしく受け取る電波はBluetoothの電波。送信機は付属せず、スマホやタブレット、パソコンなどから飛ばすことになりますね。もちろんBluetooth送信機を買えば、どんな機器からでも飛ばせます。
僕はAmazonからAnker SoundCore Sport 防水Bluetoothスピーカー 【IPX7 防水&防塵認証 / 10時間連続再生 / 内蔵マイク搭載 】
楽天ではAnker SoundCore Sport 防水Bluetoothスピーカー 【IPX7 防水&防塵認証 / 10時間連続再生 / 内蔵マイク搭載 】がございました。

IMG_20170222_142848.jpg

IMG_20170222_142906.jpg

中身を空けるとこんな感じでした。綺麗に詰められた中身は、本体に加えて付属品一式。アダプターにUSBケーブルにストラップも付いてきました。

IMG_20170222_143426.jpg

ワンサイドにジャック類がまとめられています。そこには強力そうな防水キャップが付いています。防水にするため結構固めにはめ込むようになっていますが、開けるきっかけとなる手の部分が少し盛り上がっているので、爪をうまくひっかけて開ける感じになります。
別サイドには操作パネルがあります。ボリュームの+と-にBluetoothのペアリングとハンズフリー通話の開始ボタン、そして電源ボタンです。というわけで、スマホにつないである場合はハンズフリー通話もできる・・・らしいのですね。

IMG_20170222_144346.jpg

全容はこんな感じ。コンパクトな手のひらサイズです。でも普通の部屋で聞くとしっかりと低音が出ていて聞きごたえがあります。3000円台とは思えない感じ。
続きを読む
posted by えんじろう at 23:21| Comment(0) | Archive | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

HDDをUSBで使う

皆様どうも、快適なハードディスクライフをお過ごしでしょうか?
パソコンを買い替えたりすると、以前のパソコンが壊れていても中に入っているものでまだ使えるものがたくさんあったりしますよね。中古に売ってしまう前に、必要なものを取り出して確保するというのも、大切だなって思います。
中でもハードディスクは個人情報も入ってますし、使える状態のままであることも多いと思います。今回はそんなハードディスクを生かすアイテムです。

こちらはハードディスクケース。勿論ただ記念品で入れておく箱というわけじゃありません。電源をつないでパソコンとつなぐと、外付けハードディスクとして使うことができるというものです。

僕はAmazonでORICO 3.5インチ hddケース SATA3.0対応 高速USB3.0 UASP高速データ転送モード対応 8TB 外付ハードディスケース リムーバブルケース ツール不要簡単着脱 ブラック 3588US3-V1を購入しました。
楽天では【日本正規代理店】 ORICO 3.5インチ HDD SSD 外付け ドライブケース 高速 SATA3.0 USB3.0 8TB 対応 ハードディスク 簡単 バックアップ 3588US3 (ブラック)がありましたが、Amazonの方が圧倒的に安かったですね。せめて送料無料というのを見つけておきました。

IMG_3053.jpg

IMG_3054.jpg

到着した商品は白い箱に小ぢんまりと収まっておりました。開けると本体が堂々とお目見え。

IMG_3055.jpg

セットはこのような感じです。真ん中にある灰色の四角いのは、ハードディスクを収めた時に隙間があるようなときに挟んでおけるもののようです。僕は簡単に抜けないようにという気持ちで端子と反対側に挟み込みました。

この製品の良いところは、ドライバなどの小道具なしでケースの開け閉めができるところ。
悪く言えばうっかりで外れる可能性もあるというわけですが、使ってないハードディスクが複数あって入れ替えて使うなんてときには、気楽でいい気がします。電池のふたのような感覚で、スライドするだけで開け閉めできますよ。
それから電源がパソコンと連動してスタンバイでもちゃんと停止してくれることも、好感が持てました。それがうまく機能しなくても、パワーボタンを備えていますので、押せばこちらの意思で停止させられるのもグッド。しばらく使わないでいれば、自動で待機状態になるなど、省電力のことも考えられています。

ちょっと残念な部分としては、電源回りでしょうか。できればこのアダプターは本体側に内臓にしてほしかったなと思いました。どうせこの大きさと重さですから、そうそう動かすものでもないですし、だったら何かと混雑するコンセントをアダプターで圧迫しないようにしてくれると、さらに良かったと思いました。
それと本体が長時間使うとかなり厚くなります。連続して使いすぎないよう、多少気を付けてあげた方がいいのかも。
続きを読む
posted by えんじろう at 07:05| Comment(0) | Archive | 更新情報をチェックする