2016年03月17日

お鍋の吹きこぼし防止に

どうもどうも、便利アイテムのご紹介記事でございます。

今回は先日買って重宝しているおなべの吹きこぼれ防止グッズをご紹介いたします。製品はこんなの。

IMG_2214.jpg

ステンなべぞこくんというふざけた名前ですが、安心の日本製でしかも実用的です。

僕はAmazonからパール金属 便利小物 ステンなべぞこくん 【日本製】 C-3776を購入しました。楽天からは便利小物 ステンなべぞこくん C-3776(1コ入)[キッチン用品]がありました。

使い方は簡単でした。ただ鍋の底に入れるだけ。もちろん最初に入れておきます。後はもう、それだけです。それだけで沸騰すると中でカタカタ言って沸いたことを知らせてくれます。いやそうでなくて、小さい消えにくい泡を大きい泡に変換するんだったかな?
理由はともかく、すぐに吹きこぼれると言うことはなくなりました。説明にも書いてありますが、絶対吹きこぼれなくなるわけじゃないです。たくさん入れたり火の勢いがすごければ、押さえきれずに吹きこぼれます。ただないときよりは確実に吹きこぼれまで行ってしまう前で踏ん張ってくれるようになりました。

これで安心ですね。お勧めです。実はこの製品、ずっと前にみつけて父親に勧めた物なのです。で、自分は買わずにいたのですが、先日父から猛烈に勧められて、ついに観念して買ったというわけです。
買って良かったと思う物でした。
というわけで、皆様快適な吹きこぼれライフ〈違った、吹きこぼれ防止ライフ〉をお過ごし下さい。
posted by えんじろう at 17:24| Comment(0) | Archive | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

設置型センサーライト

皆様いかがお過ごしでしょうか?前回に引き続き、今回も人感センサー付きLEDライトをご紹介させていただきます。
今回のは本格的!天井の引掛シーリング対応のセンサーライトでございます。
天井に設置するタイプの照明器具を取り付ける仕組みが「引掛シーリング」です。天井の引掛シーリングの溝に照明器具のでっぱりを合わせ、くるっと回すと設置できる便利な仕組みです。

IMG_1551.jpg

まずはあんパンくらいの大きさでしっかり明るい60W相当のこのライトです。昼白色で普通の部屋と似た色合いになります。
僕はAmazonからアイリスオーヤマ LEDシーリングライト 小型 人感センサー付き 60W相当 450lm 昼白色 SCL4N-MSを購入。
楽天ではアイリスオーヤマ LED小型人感センサー付ライト 昼白色60W相当リモコン付 SCL4N-MS【お取り寄...(リモコンはありませんよ)があります。

同じくちょっと赤みを帯びた白色タイプもご紹介させていただきますね。
Amazonではアイリスオーヤマ LEDシーリングライト 小型 人感センサー付き 60W相当 400lm 白色 SCL4W-MSになります。
楽天は一部商品ポイント20倍★さらにエントリーで最大ポイント38倍!2,500円以上送料無料!11/7(土)9...です。

さらに電球色です。
Amazonはアイリスオーヤマ LEDシーリングライト 小型 人感センサー付き 60W相当 400lm 電球色 SCL4L-MSです。
楽天は冬物家電ぞくぞく入荷中!!【税抜5000円以上送料無料】【センサー付】小型シーリングライト 45...

これらは60W相当で、トイレなどなら十分だと思います。

IMG_1553.jpg

IMG_1554.jpg

パッケージの中身は説明書と本体、それから左のは取り付け部分を覆い隠せる目隠し用ソケットです。必要に応じて利用するようですが、我が家の場合は隙間がないので使う必要なしでした。

普通のシーリングライト同様に、下から押し当てて回すだけで設置完了です。事前に引掛けシーリングかどうかチェックさえしておけば、あっという間に設置できますね。

IMG_1560.jpg

天上には輝くあんパンが・・・。

IMG_1562.jpg

さてこのあんパンの(定着させる気か?)中央にはちっちゃく光る動作ライトがあります。これが緑点灯で待機状態を示しているようです。
そして壁スイッチを消してつけてと3回連続で行うと、常時点灯モードになります。要するに単なるシーリングライトになるって事です。センサーの働きが気に入らなくても、常時点灯にしてしまえば問題なしですね。常時点灯の際には、壁スイッチで消灯する瞬間に赤いランプが一瞬点灯してモードを知らせてくれます。
でもちょっと一瞬過ぎて判らない。こういうのは色ではなく音で知らせてくれた方が良いように感じました。

90秒間点灯と書かれているのに、実際は30秒も点灯していないように感じます。一定時間後ボワーッと暗くなってゆき消灯します。手を上げたりしてやると、再び明るく輝き出します。

IMG_1573.jpg

そしてAmazonのレビューを見ると、どうも明るい環境では点灯時間が短くなる仕組みらしく、それを決定しているセンサーがモードを知らせるライトとセンサー挟んでちょうど反対側にあるようです。写真は設置しなおしたときに逆向きになっちゃいましたね。あくまでお知らせランプじゃない方が光センサーです。ここをガムテープでふさいじゃうと、ちゃんと90秒点灯するようになりました。

でもトイレは扉を閉めてあるし、普段は真っ暗です。・・・ということは何か?自分の光で「ここは明るいから短く仕事すればいっか」と判断したってわけですな。普通は自分がついている間は明るさセンサーは無視するとかさ、あくまで環境の明るさを判断するためのものなんだからさ。その工夫足らずなところがなんだか愛くるしいですね。

IMG_1615.jpg

IMG_1616.jpg

続いて後から玄関などに使えるように購入した大きなあんパンで、更に明るい100W相当のご紹介です。まずは昼白色から。
Amazonからアイリスオーヤマ LEDシーリングライト 小型 人感センサー付き 100W相当 750lm 昼白色 SCL7N-MSを購入。
楽天では★11/7am9:59迄ポイント3倍/エントリーP3倍★【Joshinは平成20/22/24年度製品安全対策優良企業...があります。

今度は白色です。
Amazonではアイリスオーヤマ LEDシーリングライト 小型 人感センサー付き 100W相当 700lm 白色 SCL7W-MSです。
楽天の場合は一部商品ポイント20倍★さらにエントリーで最大ポイント38倍!2,500円以上送料無料!11/7(土)9...となります。

でもって電球色がお望みならこちらです。
Amazonだとアイリスオーヤマ LEDシーリングライト 小型 人感センサー付き 100W相当 700lm 電球色 SCL7L-MSでございます。
楽天ではアイリスオーヤマ LED小型人感センサー付ライト 電球色100W相当リモコン付 SCL7L-MS【お取り...(リモコンなんてありませんからね)です。

こちらの製品はちょっと注意が必要でした。パッケージの中身が上記の60W相当のものと若干違います。目隠し用のパーツがありません。

IMG_1619.jpg

それから引掛シーリングのタイプの中で耳という固定器具が付いていて、かつ出っ張りが薄い「埋込ローゼット耳付き」というタイプの器具には対応できません。傘が突っかかって器具が引っかかるところまで押し上がらないのです。
なんでこんな仕様になってるんだろうなって思います。というかそもそも、どうして引掛シーリングにこんなにバリエーション作っちゃったんだよって言いたいですけど。
とにかくこれだけはご注意くださいね。

とまぁそんなわけで、これでとっても実用的になりました。
購入したものの癖を知り、どう関わっていくかというのもオカリナとの関わりから得た楽しみ方のひとつ。気にくわないからってすぐに「お前はだめなやつ」と言っちゃうのは寂しいかなって思います。

点灯時間の件も光センサーを隠すか隠さないかで2種類の長さから選べるようになったと考えれば、逆にすばらしいことです。

というわけで、皆様消し忘れ防止と言うよりも、ライトと会話したくなるような楽しいセンサーライトライフをお楽しみ下さい(おいっ!)
ちょっと引っかかったこと
posted by えんじろう at 08:47| Comment(2) | Archive | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

小型センサーライト生活

我が家では最近、2期目のLEDブームがやってきております。そして流行っているのは人感センサー付きライトです。
まずはコンパクトタイプのセンサー付きライトを2種類、ご紹介させていただきます。

IMG_1294.jpg

左の方からですが、設置場所を選ばない電池式小型LEDライトです。
僕はAmazonにてムサシ RITEX LEDセンサーmini 「マグネットやフックでポンとお手軽設置! 」 乾電池式 ASL-015を注文しました。
楽天だと「特価」UT・廊下・内玄関 インテリアLEDセンサーライトmini ライテックス ASL-015 「asl015」...になります。

IMG_1295.jpg

IMG_1296.jpg

パッケージを開けると、中にはこんなものが格納されています。電池は付属していませんね。

IMG_1297.jpg

前面にセンサーとライトがこれ見よがしに大きく付いています。上部には電源兼モードスイッチ。スライド式なので判りやすいです。これでオフ・常時点灯モード(懐中電灯になりますね)・もしてセンサーモードを切り替えます。

IMG_1299.jpg

同梱のソケットには、両面テープと磁石が取り付けられるようになっており、着けるとこんな感じで設置できるようになります。
・・・でも磁気の威力が弱く、電池の入った自分を支えきれずに落ちましたけど(笑)というわけで、何かに引っかけて使うのが安全そうです。

感度はなかなかなもので、センサーの近くにゆけばちゃんと光ります。そして賢いことに明るい場所ではセンサーは反応しません。
明るさはそれほどでもないですが、結構広い範囲を照らしています。試しにこれをトイレに2個設置したらちゃんと実用的な感じになりました。4個設置するとすごいことになります。

IMG_1627.jpg

ほらね(笑)きっとクローゼットとか押し入れとか、そういうところに設置すると、とても幸せになれると思います。野外で機材ケースの中に仕込んでおいたら、これまた楽しかったりして・・・。

電池にeneloopなどの充電池を使えば、繰り返し使えて経済的ですね。電池は単4が3本です。

IMG_1300.jpg

続いてもうひとつ。今度は野外向けの製品の常夜灯。パッケージの中身はこんな感じです。
僕はAmazonでLEPOWER 第三世代 ソーラーLEDライト センサー搭載 アウトドアライトを注文しました。
楽天では発送まで1~3日となります!★10,000円以上お買い上げで送料無料★LEPOWER 第三世代 ソーラー...になります。

IMG_1301.jpg

IMG_1302.jpg

これまたこれ見よがしにシンプルな背中。そして一目でわかる上面のソーラーパネルが付いています。ソーラーパネルはセロファンをはがす前に撮影しちゃいました。
・・・そうこちらは太陽電池で稼働する完全自給型常夜灯でございます。

IMG_1628.jpg

玄関前に設置しておけば、昼間に勝手に充電して夜暗くなると常夜灯モードで点灯。そして近くに人が入ると人感センサーで一定時間フル点灯します。

IMG_1629.jpg

このフル点灯の明るさはかなりのもので、とてもソーラーで自給しているとは思えないレベルです。色はちょっと青が強い感じです。そして野外用なので防水機能も持っています。

IMG_1626.jpg

IMG_1625.jpg

常夜灯とフル点灯の比較写真です。

IMG_1303.jpg

IMG_1304.jpg

電源は勝手にいじられないように付属のピンで奥まったスイッチを押す仕組み。設置用のネジなども一通りパッケージングされていますぞ。バッテリーがタフでこの明るさと常夜灯としてずっとついているにも関わらず、充電時間4~5時間で常夜灯8~10時間の動作ができるそうです。
実際はちゃんと直射日光が当たる状況でないと、しっかりとした充電にはならない感じです。南向きに玄関があれば完璧ですが、設置場所を選びます。

電池が少なくなってくると、フル点灯の明るさがかなり弱まっていきます。そして最後はフル点灯と弱点灯を繰り返し、それが電池残量なしのサインのようです。
このフル点灯と弱点灯の繰り返しが「もーーっ、だめだぁ」と訴えているように思えるのは、自分だけでしょうか?訴えながらも最後の最後まで絞り出す姿に、けなげさを感じます。そんなときは「ありがとうね」と言って、ピンで電源を落としてあげましょう。電源を切った状態でも充電はしていますので、ほとぼり冷めた頃に電源を入れると元気いっぱいに復活です。

というわけで、今回は割とコンパクトでしかも電源を気にする必要のない製品を2種類あげさせていただきました。エコの観点からもきっと役に立つだろう製品。是非あなたなりのつきあい方を見つけてみてはいかがでしょうか?というわけで、例のごとく楽しいセンサーライトライフをお楽しみ下さい。
posted by えんじろう at 17:22| Comment(0) | Archive | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

おしゃれな外付けHDD

続きましての商品は、パソコンのバックアップやデータ置き場として最適なコンパクトHDD(ハードディスク)のご紹介です。

IMG_0765.jpg

音心のりょうこさんがパソコンのバックアップのために購入した商品がこれです。ガイアトーン社員として(笑)商品選定係をさせて頂きました。

僕が購入したのはAmazonからでI-O DATA USB 3.0/2.0対応コンパクトサイズポータブルハードディスク EC-PHU3W1という商品。
楽天ではI・O DATA/アイ・オー・データ USB3.0対応ポータブルハードディスク 1TB EC-PHU3W1が一番安かったです。

箱から取り出すと最初の写真のようななっています。容量は1TB(約1000GB)ありますので、データ格納にもバックアップにもしっかり使えます。
もちろんUSBケーブルも同梱されており、すぐに使える状態です。そうこれは、USBケーブルを接続するだけで、電源供給もUSBを介して行われる優れもの。ハードドライバもWindows側から勝手に準備され、本当にもうつなぐだけですべての準備が整います。

IMG_0767.jpg

結構おしゃれな雰囲気に感じました。出先にも持ち歩いてさっと出して大容量データをパソコンで閲覧管理、スタイリッシュな気分になれそう。

IMG_0771.jpg

USBケーブルが本体と一体化されていないので、ケーブルが壊れたら入れ替えられる。そんなところも良い点だと感じます。

IMG_0772.jpg

つないで認識が終わると、ランプが点灯します。このランプの色、青だとUSB3.0として、緑だと2.0として認識してますよって言う合図になっているそうです。まだまだ3.0と2.0が混在するパソコンを使っている人も多いはず。ケーブルだって混在していますので、一目でわかるのは考えてあるなって思います。
そして振動も小さく静かでした。

これだけコンパクトで音も静かだと、存在感が薄く感じます。存在感が薄いと危ないのが、取り扱いが乱暴になりやすいと言うこと。HDDはあくまで精密機器ですので、動作中は固定した場所に置いてコードの接触も途中で抜けそうになったりしないように気をつけないといけません。

この小さな箱の中で、すごい速度で回る円盤の上すれすれを磁気をコントロールする読み取り書き込みヘッドがぶんぶんと行ったり来たりしているんです。見えない功労者をたたえてあげて下さいね。

というわけで、本当はデリケートなハードディスクのご紹介でした。皆様どうぞ安全なHDDライフをお過ごし下さい。
posted by えんじろう at 10:31| Comment(2) | Archive | 更新情報をチェックする

新しいキャリーカート

普段移動の際に使っているキャリーカート。これで3台目になります。だいぶいろんな音がするようになってきたので、そろそろ新たなキャリーを新調する必要があるかなと考え初めていました。

元々は軽い段差に影響を受けず静かに移動できることが条件で探していたのですが、今回はそれに加えてオカリナケースに使っているアルミケース2個を納められるものというのが、条件に加わっていました。オカリナはもちろん、背中に背負ってゆきますが、それ以外に2つ移動できると言うことです。物販含めて完全にひとりで行動するときには、必要になってくるのです。

IMG_1206.jpg

そしてりょうこさんとホームセンターに寄って頂き、そこで発見!DCMカーマブランドの大型キャリーカート。とても細身なのにこれで耐荷重40kgなのだそうですよ。

IMG_1207.jpg

早速家に帰って組んでみると、見事にアルミケースが2個並べて積めました。もう一度・・・。

IMG_1208.jpg

感動的でした。後からネット上で探しましたが、さすがに同じ型番L-P111はみつかりませんでした。
代わりにAmazonのキャリーカート L-P051 L
と、楽天のDCMブランド キャリーカート L-P051 Lを載せておきますね。
耐荷重40kgだし、ブランド名は同じでLも付いていますから、スペック的に同じではないかなぁと思います。

さてこのキャリーが、とっても軽いんです。でも細身の体からは想像付かない頑丈さを持っていて、最大の感動はちょっとやそっとじゃびくともしない大型車輪です。車輪の大きさは安定度と段差からものを守るのに大切。そして前の静かだと思っていたキャリーよりももっと静かです。
駅では自分の白状の音の方がよっぽど大きく、コロコロのスーツケースを運ぶ人の隣にいると、存在が消えてしまうくらいです。
そしてラッキーだったのはJRのボックス椅子を進行方向に並べた状態なら、なんとか自分の足の前方に納めることができるという点。もちろんアルミケース2個積みなら無理でしょうけど。隣に誰も座れない状況を作らずにすむのは、精神的にとても楽なのです。

ただ大型の弱点もあります。エスカレーターの1段に収まらなくなってしまいました。なので乗った後もずっと前方向に引き続けていないといけません。大荷物で下りエスカレーターは、少々危険かもしれません。

何はともあれ、これでまた移動が楽になります。がんばってあちこち移動しなければならないほど忙しくならなくては(笑)
それでは皆様、心地よいキャリーライフをお過ごし下さい(謎)
posted by えんじろう at 09:07| Comment(0) | Archive | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

手軽に高音質録音

皆様こんにちは。久しぶりの買い物ご紹介記事でございます。

今回ご紹介するのはこれ!

IMG_8635.jpg

ZOOMから販売されているハンディーレコーダーのH1という商品です。手軽に高音質な録音が採れる便利な機材です。
練習やデモ音源のレコーディングから、演奏の反省のための録音まで幅広く役立ってくれています。ZOOMはCDやYouTubeの音源作りの際にも活躍してもらっているメーカーなので、その辺りの安心感もあって先日購入しました。

今回僕はAmazonから【アクセサリ・パッケージ付】ZOOM H1 Ver.2.0というセット販売品を購入しました。本体に加えて役立つものが数点セットになっています。
本体だけが必要な場合はZOOM ハンディーレコーダー H1 リニアPCMレコーダーからどうぞ。
楽天ではなんとZOOM ズーム / H1 MB マットブラック ハンディレコーダー (H1/MB)というものがお安い価格で売られていました。悔しい・・・。

IMG_0707.jpg

さて、箱の中身はこんな感じです。

IMG_0708.jpg

なかなか格好良い感じです。X/Y方式というマイクの配置をとっている本機は、マイクを普通に2本並べるAB方式より立体的でリアルな録音が出来ることが特徴なのだそうです。それには音源から出た音がマイクに到達するまでの時間差が影響するのだそうで・・・一度勉強したけど忘れちゃった!

IMG_0713.jpg

IMG_0712.jpg

まぁ僕が惚れ込んだところは、このレコーダーがタッチパネルなどでないこと。電池が持つことと本当に録音以外の機能がろくにないことです。
堅牢さまで犠牲になってそうなほど録音以外のことを極力そぎ落とし、録ることに妥協せずこの価格を実現しているという所でしょうか?

正面に向かって右サイドに録音関連を中心に操作ボタンが並んでいます。早送りボタンが音質設定と掛け持ち以外はだいたい1ボタン1役になっています。先の方にマイク入力端子があります(なぜ?)、端子の横には肝心な録音レベル調節ボタン。もうちょっとわかりやすいと良かったな。ずっと手前にはUSBの端子(昔からあるミニB端子でスマホとかのやつじゃありません)があります。パソコンとのデータのやりとりはもちろんですが、つなぐだけでUSBオーディオとして作動させることもでき、パソコンの外部マイクとして動きます。もちろんこの端子を電源端子として使うことも出来ますので、長時間の録音をUSB電源で行うことも問題ありません。
正面向かって左サイドは再生関連のものが並んでいます。イヤホンジャックと再生ボリュームコントロールです。実は本体の手前部分に、そりゃもうかわいいスピーカが付いています。無事に録音出来たかの確認が本体だけでも出来る安心設計です。

IMG_0714.jpg

本体裏側には電池のふた、なんと単三1本で長時間の録音が出来ます。

三脚のねじ穴もあります。ただどうにも普通のカメラの三脚ネジとちょっと違うらしくて、カメラの三脚でははまりませんでした。そして何故か一緒に付いてきた三脚もカメラと同じでだめ。・・・内緒ですけど、ちょっとがんばったらねじ穴が空いた感じです。そういう所はプラスチックだから出来ちゃうんですよね。

そして裏側前方には3つのスイッチがあります。
無駄に低い音を最初から除去するローカットフィルターのスイッチ。
録音形式をMP3とPCM(WAV)のどちらで録るかの切り替え。
録音レベルを自動にするか手動にするかの切り替えです。
これらをメニューからちまちまでなく、物理スイッチで一瞬に切り替える潔さが大好き!この商品を買った決め手だったりします。欲を言えば操作の全てがこの物理感覚であったら、視覚障害者もシニアの方々もすごく気楽に飛びつけると思います。

IMG_0716.jpg

というわけで、いろいろな場面で活躍してくれる強力アイテムとなっております。
数値的にはCDと同じ44.1khz/16bitから96khz/24bitの録音まで対応しています。僕は結局CD音質で扱うことが多いのですが、編集するのでまずは最高音質で録って音量を調節してからCD音質にして保存しています。

どこに行くにも手軽に持ち運べる軽さとサイズです。結構おすすめですよ。というわけで皆様、いつもの通り・・・気持ちの良い録音ライフをお過ごし下さい。
ZOOMのサポートなかなかやります
posted by えんじろう at 22:11| Comment(4) | Archive | 更新情報をチェックする

2015年03月25日

何かと入り用なUSB電源に

皆様こんにちは。本日は大変便利なUSB充電タップをご紹介いたします。最近はスマホにタブレットにルータ機器やスピーカなどでも、電源として大容量USB電源を使う者が非常に増えてきていますね。

たいていは商品を購入すると付属でコンセントからつなぐためのアダプターは同梱されている者と思います。
しかし困るのは、USBひとつでコンセントひとつを占有してしまうこと。しかもコンセントに直接アダプターを刺すタイプが多いため、そいつのために他のコンセントの口をふさがれちゃったりして、結構やっかいです。
パソコンには普通に何ポートもUSB端子があるのに、こういう電源はとても効率が悪いように感じてしまいます。

そこで今回は、ひとつのコンセントから他の差し口を妨害することなく6個ものUSB電源がとれるアダプターをご紹介!なんかテレビショッピングみたい・・・。

IMG_8026.jpg

僕は楽天から【送料無料】USB充電器(急速充電・高出力10A・50W・小型・複数充電・6ポート・出力自動判別) [700-AC011]【サンワダイレクト限定】を購入しました。
Amazonからは【Amazon.co.jp限定】 サンワダイレクト 50W 6ポート USB充電器 急速充電 高出力10A 出力自動判別 ホワイト 700-AC011WAZ 【20ヶ月保証】

IMG_8027.jpg

簡素なパッケージを開けると、中にはこんな感じで入っていました。

IMG_8029.jpg

コンセントが本体から離れて伸びているところがポイント。これがあるから電源のお隣さんをじゃましたりしませんし、知らないうちに抜けかかったコンセントから埃にショート!みたいなことも避けられます。

それほど重くないし形がコンパクトなので、外出先での充電のために持ち運ぶこともできます。
もうひとつこれの優れているところは、刺された機器を自動判別して通電する容量を選択するとか。ようするにこれは急速充電用の端子じゃないから、タブレットを刺すのはこっちだったかな?とかそんなこと考えなくて良いこと。
どこに刺しても必要に応じて容量を配分してくれるのだそうです。

IMG_8085.jpg

実際に5ポート使っている写真です。前の電源は4ポートで、3つくらい使うと断続的に供給が途切れるような感じになってしまったのですが、さすがこちらは全く問題なしです。

そんなわけで、これで安心して好きなときに好きなポートでUSB充電できますね。今回はこの辺で。それでは皆様、恒例素敵なUSBライフをお過ごしくださいね。
posted by えんじろう at 14:50| Comment(0) | Archive | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

快適なBluetoothマウス

さて皆様、今回ご紹介するものはマウスです。ワイヤレスマウス。最近はやりのBluetoothを利用したマウスになります。

IMG_7759.jpg

僕はAmazonからiBUFFALO Bluetooth 3.0対応 BlueLEDマウス 5ボタンタイプ/横スクロールタイプ ブラック BSMBB17BK
を購入しました。
楽天からはバッファロー ワイヤレスBlueLEDマウス[Bluetooth] BSMBB17BK <ブラック>です。
最近のマウスはUSB接続が主流で、ポートをひとつ占拠してしまうのが普通です。タブレットなどの携帯機器などではUSBポートは数が少なく貴重なので、そういうときにはこのBluetooth接続が重宝します。線がないと言うことも純粋に取り回しが楽になります。

IMG_7761.jpg

弱点と言えば単三2本の電池が必要と言うことと、たまにしばらく放っておくと電池温存でお休みになり一瞬遅れが出ることがあるというところでしょうか?と言っても本当に一瞬なので違和感くらいなものですけど。電池は、半端でなく長持ちするようなので問題なさそうです。それに今はエネループなどの充電池を使えば全然問題ないです。逆にその重さでマウスは安定しています。

IMG_7760.jpg

すばらしいのは電源ボタン・・・ではなくスイッチが据えられているところ。緑の部分です。今時珍しいですが、手でわかることとすぐオンオフできるところは長押しタイプのボタンよりよっぽど実用的。水色の部分はペアリングするときに使います。これもポン通すだけで長押しの必要はありません。

IMG_7762.jpg

それからこのマウス用のドライバーをインストールすると、ボタンの動作を好きなように割り当てることが可能になります。入手はこちらから行えます。僕は主力マウス同様に左親指が当たる前側に「コピー」を、後ろ側に「貼り付け」を割り当てています。快適ですよ。ただこのツールが若干融通が利かず、右下のタスクトレイに常駐するアイコンをオンオフできなかったり、他のマウスドライバーと共存する仕組みが配慮されていないなどあります。

それでもこの値段でこれだけの機能を備えて、手の当たりもなかなかなマウスは貴重だなと感じています。BluetoothとしてUSB受信機を伴わないマウスって、意外と少ないみたいでそんなところも貴重です。
そんなわけで、Bluetooth機能を持ったノートパソコンやタブレットでマウスがほしい方は、是非チェックしてみて下さいね。

それでは、素敵なマウス(ねずみ?)ライフをお過ごし下さい。
posted by えんじろう at 09:12| Comment(0) | Archive | 更新情報をチェックする

2015年02月06日

便利で抜群の多様性バッグ

皆様こんにちは。やや久しぶりの良いものご紹介コーナーです。今回ご紹介するのはビジネスバッグです。今回全く同じものを2代目として購入したので、これを機に皆様にもご紹介してみようということで・・・。

IMG_7683.jpg

いかがですか?まるで双子のようでしょう?(って同じものなんだから)

IMG_7684.jpg

普通の手持ちバッグ、肩掛けバッグ、そしてリュックにもなってしまうという優れもの。
僕は楽天から【送料無料】3WAYビジネスバッグ 16.4型まで対応[200-BAG048]を購入しました。Amazonではサンワダイレクト 3WAYビジネスバッグ マチ拡張機能・鍵付き 16.4 型ワイドまで対応 200-BAG048となっています。

結構頑丈で3種類の持ち方を選べるというのも魅力。ですが背面にちょうどキャリーの手が通せる部分があり、そこで固定するとキャリーバッグにもなるので僕にとっては4パターンの使い道を提供してくれます。
背面側の空間は町の広さを切り替える仕組みがあり、少ない荷物の時にはスリムにすることができます。

IMG_7685.jpg

ところでこのバッグ、簡易ながらロック機構も備えています。ふたを閉めたチャックを動かせなくする仕組みです。
ただこれは、ロック部分にチャックを合わせるのが若干面倒で、自分の用途では手軽に開け閉めできる方が優先となるので、僕には不要なものでした。

IMG_7687.jpg

IMG_7689.jpg

そんなときにはプラスドライバーで裏側から固定ねじを取り外せば、ロック機構を取り除くことができます。これで以前と同じ状態になりました。

と言うわけで、パソコンも入れられる便利グッズ。皆様のご参考になれば幸いです。以前ご紹介したキャリーカートとの相性もなかなかなもの。初代カートとは抜群の相性でした。
では定番の・・・皆様すてきなバッグライフをお過ごしください。
posted by えんじろう at 00:08| Comment(0) | Archive | 更新情報をチェックする

2014年11月06日

爪切りライフを快適に

皆様こんにちは。今回ご紹介するものはこちら・・・。

IMG_6217.jpg

爪切りです。いつの間にやら伸びてしまう爪。何をするにも指の補強としてとても大切な役割をしてくれている爪ですが、使えば摩耗する消耗品でもありますね。だからこそ爪は常に作られせり上がり、使って削られた分を補う仕組みが備わっているのですね。
ありがたいことなので、また爪が伸びて面倒くさいって思っちゃいけないんですね。

1度買えばなかなか次を買うと言うことのない爪切りかと思いますが、僕はここ数年結構爪切りを買ってはがっかりしてを繰り返していました。切ってもぐにゃっと言う感触でむしり取られるような印象の爪切りばかりに出会ってしまうんです。大きいものならそんなことないだろうと思ってみても、やはり一緒。
そしてようやく納得いく爪切りに出会うことができました。っちゅうわけでうれしかったので皆様にもご紹介というわけです。

IMG_6218.jpg

パラダというところの爪切りで、自分に合った大きさに合わせて3つのバリエーションがあります。

僕が買ったのはAmazonでした。
パラダ 爪切り L
パラダ 爪切り M
パラダ 爪切り S

そして楽天ではこんな感じ。
PARADA爪切り(L)
PARADA爪切り(M)
PARADA爪切り(S)

IMG_6219.jpg

まぁ普通に爪切りなのですが、パッケージングから妙に格好いいんです。そして切った爪が収まる一時ゴミ箱の部分も金属でできていて高級感を感じます。
そして何よりも価値があるのは、爪を切ったときにパチンと言う爽快な音がすること。

IMG_6220.jpg

刃の部分はこんな感じです。何でも上と下の刃がちょっと前後にずれていて、それが大切なんだとか・・・。もちろんやすりも付いてます。
そして切るときに力がいらないような仕組みが備わっているらしく、とても簡単に切れます。逆に言えば切る前にしっかり位置を感じ取らないと怖いですが。

というわけで、憂鬱だった爪切りがこれからはちょっと気持ちの良い時間になるかもって思っています。皆様もどうぞ、快適な爪切りライフをお過ごし下さい。
posted by えんじろう at 10:59| Comment(0) | Archive | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

オーケー洗浄の秋

皆様、洗濯機はお使いですか(だいたいあるでしょうが!)長い間洗濯機を使い続けていると、洗濯機自体だってやっぱり汚れてきますよね。糸くずフィルターは常に綺麗にしないといけませんが、他のところってあまりメンテナンスのようなことはしていません。

そしてそのまま放っておくと・・・。洗濯をしたら洗濯物が汚れるという現象が起こるようになってきます。洗濯物に茶色っぽいものが付着するようになり、実はそれはカビなのだそうです。
そんなときこそ・・・というわけで、今回は自分が使っているナショナルの洗濯機のみ共通の商品になっちゃいますが、ご紹介させていただきます。もう今はパナソニックで名称統一なんですよね。

桶を洗浄するためのクリーニング液、僕はAmazonから洗濯槽クリーナー N-W1を購入しました。
楽天ではパナソニック洗濯槽クリーナー N-W1 [NW1]がありました。現在は送料込めれば値段は似たような物でしょうか?

洗濯機を桶洗浄コースに設定して、給水の後回り出すところまで待ってから洗浄液を投入。ケース1個の洗浄液をすべて1度に使うのには、最初驚かされました。後は行程が終わるまでの役11時間は洗濯機にお任せ。すべて終わったら、桶を綺麗に拭き取って完了です。
とても綺麗になりますし、購入した頃に戻ったような新鮮みを感じます。混ぜるな危険の強力液なので、扱う際は注意です。そして洗浄中は換気できないと部屋中塩素臭付けになります。

これでまた、安心して洗濯機を回せます。というわけで、皆様どうぞ素敵な洗濯機ライフをお過ごしください(どんな日々だ?)
posted by えんじろう at 09:09| Comment(0) | Archive | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

ノートのメモリー増設

消費電力の問題と、夏場の冷却ファンの騒音に耐えきれないことから、僕はメインPCをデスクトップからノートに移行しました。
持ち運びもできて電力も少なくて静かなのは最高です。ただ画面が小さいこととパワーが弱いことがネックになっています。

そんなわけで、今回はノートパソコンの強化に踏み切りました。
すでにSSD導入で動作速度は非常に速くなっています。ただ動画などを扱う際にメモリ不足に陥ることが割とあります。このため今回導入に踏み切ったのはメモリーです。

メモリーはいろいろな仕事をする際に使われる机のようなもの。机が広々していれば、その日使うものを一挙に並べて置けます。小さいと作業が切りよくなるたびに机の上を片付けて次の準備をしてと、無駄な入れ替え時間がたくさんいります。メモリー増設は、作業机を広くすると言うようなことです。

IMG_4262.jpg

今回はポイントの関係で楽天から【送料無料】Transcend 4GB ノートPC用増設メモリ JetRam/PC3-12800(DDR3-1600) JM1600KSN-4Gを入手。
AmazonからはTranscend JetRam ノートPC用増設メモリ PC3-12800(DDR3-1600) 4GB 永久保証 JM1600KSN-4Gで入手可能です。

メモリーにはノートパソコンとデスクトップパソコン用のサイズがあるようで、僕はノートパソコン用メモリーを購入したのは初めてでした。
メインで使うならいずれは買うことになるとわかっていたのですが、最初に購入する際にメモリーをアップグレードすると値段が高い。なので別で購入した方がお得という訳なのです。

IMG_4263.jpg

パソコンパーツの中でもメモリー増設は最も易しい方だと思います。

IMG_4264.jpg

静電気が発生すればたちまちおじゃんと言うことから、ちゃんと防音室のドアノブで放電してから作業開始。もちろんバッテリーも取り外しました。

IMG_4266.jpg

ドライバーで2カ所のネジを取り外し、マイナスのドライバーで縁を引っかけて持ち上げる。

IMG_4267.jpg

ここにメモリーがあります。スロットは2つあり、下の方には最初から入っている4GBのメモリーが座っています。

IMG_4268.jpg

上の段に購入したメモリーを差し込み、導入完了これだけです。

20140801-123549.png

パソコンの画面上でも確認。4GB追加したので合計8GBで表示されています。パソコンの動きもなんか変なところでもたつくことがなくなりました。

20140801-120439.png

Windowsのパフォーマンス評価で観てみると、メモリーはとっても優秀な7点越えしています。最も足を引っ張っているのはビデオ関係。でもこればっかりは、ノートパソコンなのだから仕方ないと思ってます。
動画編集などはデスクトップに任せて、こまめな作業はノートが行う。これからはそんな役割分担で事務仕事もがんばろうと思うのでありました。

というわけでメモリー増設をしようかなという人にとってこの記事が役に立つのか、よくわかりませんが・・・。報告させていただきました。
どうぞ快適なパソコンライフをお過ごしください。
posted by えんじろう at 14:27| Comment(0) | Archive | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

超コンパクトなUSBメモリー

どうも。すっかりSSDの超速度の恩恵に慣れてきてしまっているえんじろうです。
最近音声ソフトととことん仲の悪いデスクトップは動画編集などの作業をさせて、ブログ記事や事務仕事はノートパソコンでやることがすっかり多くなりました。もちろんノートパソコンもいろいろパワーアップして、SSDも入っています。

SSDはとても早いのですが、容量が小さいのも特徴です。大容量のを買おうとするととっても高いのです。
そこで自分は128GBを購入してWindowsの安定した起動に必要な分だけSSDの恩恵を受けています。
作ったデータなどのファイルは、SDカードを入れて使っていました。そしてこのたびSDカードでやっていたデータ保存の役割を、USBメモリーのとってもちっちゃいやつでやることにしました。

IMG_4249.jpg

僕が買ったのはこちら。Amazonで1500円くらいで売っていたサンディスク Sandisk USB フラッシュメモリ Cruzer Fit CZ33 32GB 海外パッケージ品というもの。
楽天では◇ 【32GB】 SanDisk/サンディスク USB Flash Drive Cruzer Fit USBメモリー 海外リテール品 SDCZ33-032G-B35がありました。

IMG_4248.jpg

外しにくいって思うほどコンパクトにUSB端子に収まりました。僕はこれをいつもパソコンの付属部品のようにくっつけたままにして使うことにしました。
作った資料や記録データをここに保存しておけば、バックアップやデスクトップパソコンとのやりとりもUSBメモリーで簡単にできます。
SSDに読み書きする機会が少しは減るので、書き換え回数制限から来る寿命も延びるかもと思っています。

ちょっと難点なのは、このUSBメモリーは記録するときに時間がかかります。その代わり読み取りはすごく早いです。写真とか文書ファイルとか、そういう資料のたぐいを扱うにはとっても安いしいいと思いますよ。
ただしUSBメモリーにも寿命はあると言うことをどこか片隅において、バックアップも大切にしておかないと行けませんね。なんでも過信しすぎずに・・・諸行無常の精神で使っていくのであります。

というわけで、皆様快適なデータライフをお過ごしください(なんだそりゃ?)
posted by えんじろう at 12:57| Comment(0) | Archive | 更新情報をチェックする

2014年07月17日

ブルーライトは出さない

皆様こんにちは。本日の情報はパソコンから目を守る方法についてです。

だいぶ前にはやっていた言葉がありましたね。ブルーライトという言葉。目に悪い目に悪いと言われ続けていました。
ブルーライトを防ぐ眼鏡というものも、あちこちから発売されていましたね。その頃から、僕はブルーライトという用語に対して疑問を感じていました。そもそもパソコンでカラーを表現するためには、絶対に光の三原色である赤青緑の光が必要になるはずです。学校でも習いましたし・・・。それを今更悪者扱いして遠ざけるのは、意味がわかりません。

つまり元々出ている光を、眼鏡で軽減することにとても矛盾を感じるのです。思いませんか?出したものを防ぐなら、はじめから出さなきゃいいじゃんって・・・。
そうなるとしまいにゃあその風潮がはやると喜ぶ人たちは誰かなぁ・・・とかひねたことを思ったりするわけですよ。

今回お伝えするのは、Windowsからディスプレイの色のバランスを調整する手段でございます。
モニタ別売のパソコンの場合はモニタ側で調整できますので、この手段ではなくそちらでやりましょう。今回の方法はノートパソコンなどで、画面を調整するような専用ソフトが入っていない場合の手段になります。

20140717-094035.jpg

これは相変わらずWindows7での操作方法になります。スタートメニューから下の入力欄に「ディスプレイの」と何とも中途半端な文字を打ってみましょう。
そうすると上に候補一覧が出て、そこに「ディスプレイの色の調整」という項目が現れます。

これを選ぶと、設定画面が現れます。上で書いたことと同じ注意書きが、表示されていると思います。
画面の指示に従いながら、調整してゆきましょう。

20140717-094932.jpg

コントラストの調整は少々難しい。僕のパソコンの場合とりあえず付いている程度のディスプレイなので、つまみをどう調整しても割とはっきりした点が見えてしまう。画面を見る縦の角度でも結構変化してしまうので、あまりいじらずに進めました。

20140717-095012.jpg

ここが肝心な色調整です。目標は上の真ん中に表示されているように自分が灰色だなって思うところにいかに持って行くかです。

20140717-095409.jpg

実際の調整画面になると、こうなります。ブルーライトがいやだと感じる人は、ここでブルーの度合いを弱めてあげましょう。

目に優しい色合いを目指すもよし、プリンターの印刷イメージに近い色合いを目指すもよし、制約の中でいろいろと好みに合わせて研究してみましょう。設定画面を最小化できますので、下に隠れている画面からいつも見るサイトで確認しながら調整なんてこともできますね。
僕の場合はさんざんかかりましたが、上記のようなバランスになりました。

この作業を繰り返しているうちに、また僕がいつも感じている人の感覚の原点の話を感じてしまいました。人の感覚は変化によって初めてものを感じることができる・・・というもの。
まぶしい外の光も、やがて普通になる。でもそこから部屋に入ると暗くなる。しかしやがてその暗さの中でしっかりとものが見えるようになっていく。暑さも寒さも痛みも、そして何かに触っている感覚すらもずっと変化がなければ「ない」のと同じ事になってしまうのです。冷蔵庫の音も、動き出した瞬間にしか感じませんよね?

ここからは余談と実験です。
青を3段階下げると、バランスで赤緑が強まって白い部分は黄色っぽく見えます。これじゃあ黄色くて見づらいよなぁと思うのは、それまでこれが普通と思い込んできた色合いがあるから・・・。
ここでいったん青を一番左まで下げてみてください。まさに世界は黄色です。
しばらくそれを眺めたら、最初に合わせた右から3段階下げた地点に持って行ってみましょう。十分白が白で表現されていると感じませんか?
人間の感覚なんて、こんなものなのです。ものを絶対値で見ているわけじゃないのです。このことに注意しつつ、第一印象ばかりに振り回されずに本当にあなたにとって必要な設定を探してみてくださいね。

この話って、いろんな事にいえる気がしますね。この世界は実は本当はものすごく単純な公式ですべてが成り立っているのではないかって思ったりすることがあります。僕はオカリナとそういう感覚でつきあっています。

というわけで、皆様快適なディスプレイライフをお過ごしくださいね。
・・・でっ(続きです)
posted by えんじろう at 11:39| Comment(0) | Archive | 更新情報をチェックする

2014年07月09日

節電の夏の便利アイテム

毎日暑い暑い日々が続いております。ついつい冷房に頼ってしまう季節到来です。デスクワークの際もパソコンに対して以前紹介したCPUの稼働率を抑えているにも関わらず、ファンがうなり続けて必死の状態になっています。
節電しなきゃと思いつつもなかなか暑さに勝てず・・・。そんな中、なかなかおもしろいアイテムを見つけました。

IMG_3848.jpg

電力を手軽に確認できるワットチェッカーです。僕はAmazonからSANWA SUPPLY ワットモニター TAP-TST8を購入。
楽天では【あす楽】サンワサプライ ワットモニター 5種類測定 検電器 ワットチェッカー [TAP-TST8]です。

コンセントに中継する形で1500ワットまでの消費電力を測定できます。また消費電力の時間的な動きから1日分の電気力金の目安なども表示してくれる優れもの。
パソコンと連携とか大がかりで金額の高いものが多い中、こういう手頃なものは変に身構えすぎずに導入できるのでいいなと思いました。

IMG_3849.jpg

上記の写真はここにかませてみたときの表示。防音室内のすべての機器の電源待機状態の総和になります。待機中だとのに、5ワット近くも常時消費していることがわかります。ここから計算しつつ原因を追求できます。
僕の場合は室内のコンセントをひとつずつ抜き、待機電力の下がり具合を見ていきました。練習用に導入した以前このブログでも紹介した2.1チャンネルスピーカが、待機電力を3ワットくらい使用していました。これは使わないときに抜いておこう。

IMG_3970.jpg

次にパソコン周りの機器を一括してとっている電源タップに接続。すべて電源を切った状態で待機電力は・・・以外にも防音室の方が大きかった。パソコンのみでなくモニターやプリンターにスピーカに音源も含んでいるので、意外な少なさに驚いた。しかーし!

IMG_3967.jpg

IMG_3968.jpg

デスクトップパソコンの電源を入れた途端にこうだ!今までの小数点表示が消え、桁が一個上がっていたことに気がついたのは、撮影した画像を確認したとき。これでも稼働率を下げている状態なのに・・・。
こんなものを場合によってはずっと付けていたこともあったのですね。

IMG_3971.jpg

それならこれはということで、ノートパソコンもチェック。さすが!こちらはデスクトップの1割から2割の間で稼働しています。
そんなわけで、動画編集や楽曲編集など以外は、なるべくノートパソコンで夏を送ろうかなぁと思っています。当然この記事もノートで書いてます。画面が小さいことが弱点ですが、音声ソフトをうまく使ってがんばろう。

音心の自前音響機器についても、またチェックしてみたいなぁと思ってます。

こうして電力を視覚化できるだけで、いろいろ考えることができるのだなぁと改めて感じました。測定の最小値も優秀だとレビューされているのを見ました。良い商品だと思いますので、是非皆様の節電ライフにお役立てください。ではでは、失礼します。
posted by えんじろう at 11:42| Comment(0) | Archive | 更新情報をチェックする