2019年10月03日

幸せのりんご

細江に来てから安心して美味しくいただけるものに出会う機会が増えました。
一昨年出会った秋映えというりんごも、そんな中のひとつです。

IMG_20191001_131526.jpg

初めてであった秋映えはこれよりさらに「黒?」と思うほど濃い色をしていて、
第一印象が強烈だったことを覚えています。

IMG_20191001_131543.jpg

食べるとすごくシャキッとしており、出てくる味は結構酸味も含んだ「濃い」と感じる味です。
いかにも「りんご食べたぞー」という感じになるのが幸せで、僕には好みでした。

これを3つ買っても250円程度。
りんご農家の方のご苦労を考えてしまいます。

甘けりゃいいとか、綺麗ならいいとか、そんな風潮にちょっと疑問を感じるあなた!
ぜひ「秋映え」食べてみてください。おすすめします。
ラベル:りんご 秋映え
posted by えんじろう at 15:21| Episode | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

彼岸花も間違える

この季節の花といえば彼岸花(曼珠沙華)ですが、僕にとってはとてもご縁を感じる花でございます。
今日は早起きして買い物をしつつ散歩して、この彼岸花を探し歩きました。

IMG_20191001_054530.jpg

電信柱の上で鳩が様子を見ている中、歩きました。

IMG_20191001_054640.jpg

IMG_20191001_054710.jpg

オシロイバナにタマスダレ(朝は閉じていたらしい)知っている花が増えてゆくのが嬉しいです。

IMG_20191001_055400.jpg

そして面会!
本来お彼岸の頃に咲く花なのに、今年はすっかり時期を逃してしまったらしく、今が満開のご様子です。時期を逃したと思ってちょっと残念がっていた僕としては、非常に嬉しいのですが・・・。
これまでほとんどずれることなく咲いていた花まで、時期を見誤るとは・・・。それだけ季節感がおかしくなってきているということなのかな。

IMG_20191001_055728.jpg

IMG_20191001_055719.jpg

この花はどうやらヘクソカズラというとても可愛そうな名前をつけられている花のようです。臭いということからこれでもかというくらいに付けられたこの名前、個性を引き合いに出してひどいことを言うのはまさにいじめそのものじゃないですか?
よく言われる花言葉ってやつを調べると「人嫌い・誤解を解きたい・意外性のある」などだそうですよ。誤解を解きたいなんて悲しすぎますね。

IMG_20191001_055841.jpg

そうこうしているうちに、陽が昇ってきました。

続きを読む
posted by えんじろう at 18:45| Episode | 更新情報をチェックする

2019年09月30日

後援会会報誌 秋号発行

皆さまこんばんは。

暑い暑いと言っていた夏が少し遠のいたと思ったら、もう10月がすぐそこにやってきました。
今年の10月は「消費税10%に増税」というビッグイベントがあり、何だかうなだれそうな気持ちになります。
軽減税率とかややこしくわかりにくくして何でもあやふやにする風潮を感じますが、そんなことよりも使いみちをはっきりさせた上で堂々と10%を全てからとるようにしてくれたほうが良いと僕は感じてます。
いちばん大切なのは、国民が「取られる」でなく気持ちよく払えるようになってほしいということですよね。

でも皆様ご安心ください!
音心のCDと楽譜は、これまでどおりの税込くっきり価格に踏みとどまります。

後援会ロゴ-001.png

そして「音心 後援会員」の皆様お待たせしました。
明日発行の会報誌2019年秋号を、皆様のお手元に届ける準備が整ったようです。
会報誌制作に携わっている皆様、本当にお疲れさまです。

今回も色んな出来事を凝縮した内容となっているようです。
来年にはなんと「後援会主催の懇親会」というものを計画されているそうです。
会員の方には別途お知らせがゆくとかなんとか・・・。

懇親会は今からでも間に合いますので、ご興味ある方はぜひ会員にお申し込み下さい。
ご連絡はO9O-4198-7814〔会長 鈴木)宛にどうぞ。
posted by えんじろう at 21:27| Information | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

初めての嬉しいこと

この頃の虫の声は、最初の頃に比べるとだいぶ穏やかな雰囲気になってきました。
若いときにはやんちゃでとにかく元気と力強さをアピールしていた虫たちが、年を経てベテランの音色に自ら進んで酔いしれながら奏でる。
毎晩の虫の宴も、時間とともにその時その時の場面が切り替わってゆくのだなあと感じるのです。

IMG_20190927_123644.jpg

ただし人間のそれとはスパンが違う。虫たちは1年が一生なのかな?そしてこの花は1日が一生なのでしょうか?
この世界には色々な波が存在しているのだと考えると、宇宙にいるような無限の空気を感じます。
秋って色んな事思いますね。

さて、そんな中とっても素敵なことがありました。
なんと音心初の「ライナーノート」というものを、書いて下さる方が現れたのです。
北海道でお目にかかり、その後も仲良くしていただいている「松尾 洋」さんという方。
カメラマンでもあり、音響のお仕事もされている方でございます。音楽評論家みたいな方から言葉を頂くことも光栄と思いますが、僕は「表現する側」の方の言葉というのは、読むにも面白くありがたいことだと思いました。
ようするにとにかく嬉しいわけですよ。

我々の音を北海道での告知演奏の際にちょっとだけ聴いて下さり、そのままCDご予約下さったのです。
それから早速ご自宅で聴いて下さり、ありがたい感想など色々語ってくださいました。
僕も宗次郎さんのCDを聴くときには隅々まで聴いて、感動できる種をたくさん見つけては幸せを感じていました。
でも僕にはそれを人に上手に伝えるすべがない。

だから自分たちのCDも上手に宣伝しきれていないのを感じていました。
だからこそ読んでいただきたい。そしてまず「松尾 洋」さんの言葉から興味を持っていただきたいです。

ジャケット写真

書いてくださったのは音心のオリジナルアルバム「空の調べ」について。オリジナルについて書いていただけるなんて、演奏家としても作曲者としても本当に光栄なことと思います。
ぜひこちらから御覧ください。ライナーノートは下の方にございます。
興味の湧いた方はぜひ、そのままご購入いただけたら幸いです。
そしてすでにお持ちの方々も多いことと思いますが、そんな方にこそぜひご覧頂きたい気分です。

突如やってくるこういった出会いに、本当に感謝でございます。松尾様ありがとうございます。
posted by えんじろう at 14:53| Episode | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

新カメラスマホを購入

昨日は実家に帰っておりました。

IMG_20190925_184424.jpg

父と北海道で手に入れた「侍」という原酒を少しいただきました。
因みにお土産で買ってきたもの(じゃあなんで飲んでいるんだ?)

IMG_20190926_092306.jpg

こちらは実家のある千頭駅。
トーマスで賑わう駅のホームに、実は父の経営する「遠藤鍼灸マッサージ治療院」の看板があるんですよ。
お越しの際には看板のみならず、治療院も探してみてくださいね。

さて、今回の話題はカメラです。
続きを読む
posted by えんじろう at 08:16| Episode | 更新情報をチェックする